[CML 004829] Re: ドキュメンタリー映画 『ヒロシマ・ピョンヤン』、公開始まる!

NOMURA; Osami peace-st at jca.apc.org
2010年 7月 5日 (月) 05:57:05 JST


野村修身です。

元の投稿に【転載歓迎】と示されていますので、いくつかのメーリングリスト
に投稿します。ダブって見ている方には、申しわけありません。

『ヒロシマ・ピョンヤン』を公開の日(7/3)に拝見して、監督の伊藤孝司
さんと編集の土屋トカチさんと小林アツシさん、ご3人のトークを聞きました。
公開版に採用されたり削除されたりした部分の話や取材のエピソードなど、大
変に面白くて、作品を見るだけよりも、深い感銘を受けました。

特に、作品の最後に近くに、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」と省略
します)の海岸で、主人公が母親を思うシーンが、10分ほどもあります。作
品全体の1割にもなんなんとする、長時間のシーンがあるところに、この作品
の特徴があります。このシーンが取り入れられたことにより、この作品が単な
るドキュメンタリーに終わらず、人間としてのありかたはいかなるべきかを問
いかける、強いインパクトが盛込まれたと思います。伊藤孝司さんが言われて
いましたが、編集者を監督以外の人にしたことで、このような成功をもたらし
たものと思います。編集者のキャラクターにより、作品の価値が決まると言っ
ても、過言でないかもしれません。

北朝鮮の被爆者を対象にした作品は、私の知っているかぎりでは、初めてです。
30回以上も北朝鮮を訪問した伊藤孝司さん(何回訪問されたのでしょうか?
トークで示されたようですが、聞きそびれました。ご存知の方は訂正ください)
ならばこそ、作り上げることが出来たのであろうと思います。

北朝鮮にかぎらず、原爆被爆者の実際を知るためにも、ぜひとも見ていただき
たい秀作と思います。
                   ______________________________________________
                   NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st at jca.apc.org
                   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
On Sat, 03 Jul 2010 15:43:59 +0900
小林アツシ <uh5a-kbys at asahi-net.or.jp> wrote:
Subject: [CML 004811] ドキュメンタリー映画 『ヒロシマ・ピョンヤン』、公開始まる!
To: cml at list.jca.apc.org
---
> 【転載歓迎】
> 
> 本日より、東京・ポレポレ東中野でドキュメンタリー映画 『ヒロシマ・ピョンヤン』
> の公開が始まりました。
> 
> 『ヒロシマ・ピョンヤン』は、広島で被爆し帰還事業で北朝鮮(朝鮮民主主義人
> 民共和国)に帰った娘と、広島に住み続ける母のドキュメンタリーです。
> 
> 私は『フツーの仕事がしたい』の土屋トカチ君と一緒に、この作品の編集のお手
> 伝いをさせていただきました。
> この作品と、監督の伊藤孝司さんについて以下に書かせていただきました。
> http://atsukoba.seesaa.net/article/155306676.html
> 
> ドキュメンタリー映画 『ヒロシマ・ピョンヤン』、ぜひ、よろしくお願いいた
> します。
> 
> 以下が公式サイトその他です。
> 
> 『ヒロシマ・ピョンヤン』
> http://www.jca.apc.org/~earth/iinkai.html
> ポレポレ東中野
> http://www.mmjp.or.jp/pole2/
> 
> 以下などで紹介されています。
> http://www.cinematoday.jp/page/N0024898
> http://www.news24.jp/entertainment/news/1612427.html
> http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201006180324.html
> http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-164247-storytopic-137.html
> 
> -- 
> 小林アツシ
> 『どうするアンポ』
> http://anpo50.seesaa.net/



CML メーリングリストの案内