[CML 004790] 劣化ウランの被害がますます明らかに

peace-st at jca.apc.org peace-st at jca.apc.org
2010年 7月 2日 (金) 06:07:45 JST


野村修身です。

このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。
転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

浪速のジャーナリスト・西谷文和さんが、今月の初めにアフガニスタンを訪問
された成果の一部が、6月29日のテレビ朝日「報道ステーション」にて放映
され、番組中で西谷さんが解説されていました。

最も目を引き付けられたのは、入院中の子どもを取材したシーンです。新生児
に、体が2つあると見間違うほど、大きな腫瘍が生まれつきに出来ているので
す。劣化ウランの被害の残虐性が、はっきりとわかる映像です。この新生児は
誕生後4日後には死ぬことになるだろうとには、言葉を失いました。

アメリカ軍が劣化ウラン弾を初めて使用した、湾岸戦争より20年ほど経ちま
すが、アメリカ政府は、劣化ウランによる甚大な被害を、明確に認めようとし
ません。しかし、上記の映像を見て、劣化ウランの影響であることがますます
明らかになったと思います。その理由は、イラクにおいても、アフガンにおい
ても、戦後に全く同じように、それまで見たことも無かった子どもの症状が多
発して、その症状が極めてよく似ているのです。しかも、両国とも、劣化ウラ
ン兵器を使った、アメリカ軍の戦闘以後に顕著となったのです。

オバマ大統領は核廃絶を明言しましたので、さらに、劣化ウラン廃絶にも言及
してしかるべきと思います。

市民運動として、劣化ウラン廃絶に活動しているグループはいくつかあり、国
際会議も行われています。数種の関連グループのウェブサイトを紹介しますの
でご覧下さい。

ウラン兵器禁止を求める国際連合(ICBUW)ヒロシマ・オフィス
http://www.nodu-hiroshima.org/

International Coalition to Ban Uranium Weapons
http://www.bandepleteduranium.org/

劣化ウランとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/劣化ウラン

劣化ウラン廃絶キャンペーン
http://www.cadu-jp.org/

劣化ウラン研究会
http://www.jca.apc.org/DUCJ/
                   ______________________________________________
                   NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st at jca.apc.org
                   劣化ウラン研究会・運営委員
                   http://www.jca.apc.org/DUCJ/
                    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
On Mon, 14 Jun 2010 11:11:22 +0900
西谷 wrote:
Subject: [イラクの子どもを救う会][00271] 帰国しました
---
> みなさんBCCで送信しています。重複ご容赦ください。
> 一昨日、土曜日の晩に、無事アフガンより帰国いたしました。
> 今回の取材で、もっとも驚いたのは、劣化ウラン弾の被害と思われる先天的奇形の子どもたちでした。
> 2003年のイラク、バグダッドで受けたショックとまったく同じものでした。
> 他にも貧困による、大やけど、病気の子どもが一杯いて、あらためて「30年も戦争するとこうなるんや」と感じました。
> 日本では菅総理になって、内閣支持率が急上昇しているようですが、沖縄の基地問題は何も解決していないし、その基地から米兵たちがアフガンに飛んでいくことは、報道されていません。
> 
(後略)



CML メーリングリストの案内