[CML 002809] Re: Fw: 日本在住米国人を中心に沖縄のためのアクション開始

motoei motoei at jcom.home.ne.jp
2010年 1月 29日 (金) 07:14:44 JST


東本さんみなさん
在日米国人のアクション素晴らしいですね。
 辺野古の移転先はいりません。閉鎖すれば良いのです。
基地がなくてもロシア・中国・北朝鮮は攻めてきません。
移転費用6090億円は必要ありません。
                                 石垣

Subject: [CML 002807] Fw: 日本在住米国人を中心に沖縄のためのアクション開始


> 以下、私の友人のさとうまきこさんが地元のMLに投稿されたメールの転送です。
>
> 「日本在住米国人を中心に沖縄のためのアクション開始」とは勇気づけられるニュースです。
>
> 東本高志@大分
> taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
>
> ………………………………………………………………………………
> From: "Makiko SATO"
> Sent: Thursday, January 28, 2010 8:51 PM
> Subject: 日本在住米国人を中心に沖縄のためのアクション開始
>
>
> 転送歓迎
> アメリカ人を中心に、日本にいる外国籍の人々が「沖縄(その他)を救おう」という運動が開始しました。
> 米軍基地が日本、特に沖縄に強いている多大な犠牲に関してこのままではいられない、という気持ちからのようです。
> 内側からの沖縄のための「ガイアツ」になりそうです。
> さとう
> 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
> http://tenthousandthingsfromkyoto.blogspot.com/2010/01/actions-scheduled-this-weekend-in-tokyo.html
> ブログ「テン・サウザンド・シングズ」より 2010年1月27日
>
> US for Okinawaーピースアクション・ネットワーク、東京と京都にて今週開始
> http://www.us-for-okinawa.blogspot.com/
> 草の根の平和グループのメンバーと関心ある市民が、
> 「US for Okinawa ピースアクション・ネットワーク―私たち(日本在住アメリカ人/国籍を問わない私たち市民)も米軍基地に反対している!!!」
> を結成するために集まった。
>
> NGOピースボートと緊密に連携し、さらにピース・ノット・ウォー・ジャパンのメンバーを集めたこのネットワークの主要目的は
> 沖縄(そしてその他の土地)にある米軍基地とその拡張計画に対する反対の声を、日本に住んでいる外国人で上げることだ。
> US・フォー・Okinawaは、日本に住む米国・日本・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア・ウェールズ・メキシコ、その他の出身者で
> 沖縄のことを懸念する人々より最近結成された、東京を拠点とする平和行動のための新しいネットワークである。USという文字は、
> U.S.(米軍基地のない沖縄を支援する、日本に住んでいるアメリカ人という、(本国にとり)挑発的な立場を反映するそれ)の意味だけでなく、
> 見方によっては‘私たち’(あなた、私、あらゆる人)の us という意味にも読める。
>
>
> US for Okinawaは米国の普天間空軍基地が沖縄の人々に与える危険性、そしてまた、沖縄の東部に位置し、環境破壊があれば
> すぐその環境が失われてしまう辺野古に普天間の代替施設を建設するよう、日本の新政権に米国がふるいつつある圧力に関し
> 共有する懸念が動機となって組織された。この建設が実行されれば、絶滅の危険があるジュゴン(フロリダ沖のマナティーの類)を本当に
> 絶滅をさせ、また普天間が抱える水質汚染、大気汚染、治安悪化と犯罪を、単に沖縄の他の場所に移すに過ぎないものとなろう。
>
> US for Okinawaは、沖縄と日本の平和運動のグループと協力体制を形づくることに専心し、沖縄の人々に課す困苦とその環境への破壊の理由のため
> これら米軍基地に強く反対して、彼らの運動に参加する。
>
> 沖縄はすでに多大な軍事的負担を負っており、そのため US for Okinawa は、辺野古における新基地建設に待ったをかけた鳩山首相の誠実さに拍手を送る。
> 米国の要求を受け入れなければ、日米関係を危うくするとのオバマ政権の求めは、平和と自治へ沖縄の人々の権利を完全に無視する、けんか腰の行為である。
> US for Okinawaは、日本と米国の友好関係の維持は、沖縄にさらなる基地を建設することに依存するべきではないと確信し、オバマ大統領に普天間を
> 沖縄の人々に返還し、望まれない軍拡をしゃにむに先に進めることを断念するように求める。
>
> 同ネットワークの最新の活動はそのブログで更新される。その結成理由への賛同を求め、それへの認識を高めるため、一連の行動を計画中である。
> 今週末にその最初のイベントが、東京(1月31日日曜日)で催される。京都(1月30日土曜日)を本拠とする京都アクションというグループは、
> 関西に住むUs for Okinawaのメンバーを定例の土曜日行動(1月30日土曜日)に迎え入れる。
> ..............................................
> Tokyo: 東京アクション
>
> 基地のない沖縄への認識を高め支援を集める、アートをテーマとする創造的イベントに参加しに来てください。一緒に、我々の
> メッセージを訴える、皆で作り上げるアート企画(ペインティング、デジタルアート、コラージュ、写真、リサイクルのアート作品、
> その他)を作り出しましょう。どなたも歓迎。平和な沖縄へのあなたの支援を示すため、青か緑の服を着用してください。
> 普天間にノーを、辺野古にノーを!
>
> 日程)1/31日(日曜日)
> 時間)13時~15時 (13:00集合。14:00行動開始)
> 場所)代々木公園(噴水の近く)
> Contact: (連絡先)Emilie McGlone (emilie at peaceboat.gr.jp) or Rose Welsch 
> (rose at peaceboat.gr.jp)
> .....................................
> Kyoto: 京都アクションfor 沖縄
> 沖縄のための京都アクション
> 日程)1月30日土曜日
> 時間)17時〜18時30分
> 場所)河原町ー三条通アーケード
> 京都アクションは, 普天間空軍基地を閉鎖させ辺野古における新たな米軍基地の建設を阻止するために運動している、京都に住む人々のグループです。
> このグループは毎週土曜日に、同じ場所、同じ時間に集い、沖縄における米国軍事基地への反対を示してます。1月30日は、
> USfor Okinawa「ピース・アクション・ネットワーク」に連帯して、同ネットワークの情報も配布します。
> Contact:(連絡先) Jen Teeter (teeter42 at gmail.com> 詳細は日・英両方で、今後上記ブログにてお伝えします。
> ………………………………………………………………………………
> 



CML メーリングリストの案内