[CML 002783] 小倉利丸著『抵抗の主体とその思想』発売!

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2010年 1月 26日 (火) 15:44:24 JST


【転送・転載歓迎】

ピープルズ・プラン研究所の山口です。

「PPブックス」の最新刊として、小倉利丸『抵抗の主体とその思想』が発売にな
りました。ピープルズ・プラン研究所でも取り扱っていますので、ぜひご注文く
ださい。目次とご注文方法は以下にあります。

========================
PPブックス・第8巻
『抵抗の主体とその思想』
========================

 小倉利丸 著
 定価2,300円+税
 発行:インパクト出版会
 2010年1月

  /// 反グローバル資本主義の新たな闘争 ///

冷戦崩壊後の世界はグローバル資本主義をめぐる
新たな闘争のアリーナへと変貌した。
世界中で噴出するWTO・世界銀行・IMF体制・G8サミットに対抗する
声なき者たちの無数の知の結節点――
反グローバル化闘争の中からたち昇る〈抵抗の主体〉とその思想。

【目次】

第1章 グローバル資本主義への抵抗の〈主体〉
 ▼ポスト新自由主義の幻想―期待できることなんか何もない
 ▼反資本主義としての商品化批判
 ▼抵抗の主体とその思想

第2章 グローバル・ヘゲモニーと民衆の抵抗運動G8サミット・WTO体 制とはなにか
 ▼包囲されるWTO―2005年香港の闘争
 ▼先進国首脳会議(サミット)とは何か
 ▼グローバル化のなかのサミットと「テロ」問題
 ▼サミットの行き詰まりと多様な対抗運動

第3章 抵抗の主体とその構成
 ▼新しい下層と組織されざる階級闘争
 ▼不定型としての反グローバル化運動と追い詰められたグローバル資本主義
 ▼閉ざされた「自由な空間」から社会的空間のオルタナティブへ
 ▼歴史的主体の混迷をめぐって
 ▼「反資本主義」であるとはどのようなことか―マイケル・アルバー トの世界
社会フォーラムでの問題提起をめぐって

第4章 抵抗する主体を探して
 ▼グローバル資本主義に対抗するプロレタリアートの新たな構成― 〈帝国〉と
マルチチュードをめぐって
 ▼マルクス主義第四の危機の時代に『自由の新たな空間』を読む
 ▼非物資的労働と抵抗の主体―武藤一羊「非物質的労働とマルチチュ ードの不
思議」をめぐって

※関連書に、小倉利丸『多様性の全体主義、民主主義の残酷』(PPブックス第6
巻、2005年)もあります。その他のPPブックスについては以下を参照。
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd2/index.php?id=6

<お申込み方法>
お名前、送付先、ご購入の書名・冊数を、メールあるいはファックス/電話で下
記までお知らせください。

 E-mail:ppsg at jca.apc.org
 tel:03-6424-5748 fax:03-6424-5749

【代金】
 1冊あたり2,300円
 送料:1〜2冊の場合は160円。3冊以上は無料。ピープルズ・プラン研究所会員
の方は冊数に関わらず無料です。

【お支払い方法】
 書籍を送付する際に同封する郵便振込票をご利用ください。
 銀行振り込みをご希望の方は下記へお振込ください。

【振込先】
 ・郵便振込
   口座名: 有限責任中間法人 ピープルズ・プラン研究所
   口座番号 00190-1-373758

 ・みずほ銀行 江戸川橋支店
   普通口座 1078927
   有限責任中間法人 ピープルズ・プラン研究所

 ・朝日信用金庫 小石川支店
   普通口座 259650
   有限責任中間法人 ピープルズ・プラン研究所


CML メーリングリストの案内