[CML 002716] 1/21 (木)現代キューバ研究所第 2 回公開講演会「岐路に立つキューバ」のご案内

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 1月 20日 (水) 21:42:40 JST


紅林進と申します。
  明日1/21(木)に開催されます下記講演会のご案内を転載させていただきます。
   
   
  <現代キューバ研究所第2回公開講演会「岐路に立つキューバ」>
   
  『岐路に立つキューバ〜革命勝利50周年を経て 2009年の回顧と2010年の展望〜』
   
  無料の医療制度や教育制度の成果は世界的に注目を集め、ここ数年、日本でも
  ひそかなキューバブームが起こりました。しかし革命勝利50周年を経たキューバは、
  貿易収支の大幅な赤字、農業、製造業の低迷などで経済的に大きな岐路に立た
  されています。キューバは、そうした困難な中でも博愛の精神を維持し、新しい形の
  社会主義を模索し続けています。新藤通弘さんは、長年、ラテンアメリカ諸国を
  訪問し、研究し続けてきたキューバ研究の第一人者です。その新藤さんが、
  キューバの2009年を振り返り、新しい年の展望を語ります。キューバは、今後
  どこに向かうのか、改革はどう進むのか。非常に興味深いテーマです。
  ぜひ、ご参加ください。
   
  講師:新藤 通弘(しんどう・みちひろ)氏
   
      1944年生まれ。1970年より貿易業務に従事し、ラテンアメリカ諸国を訪問。
      通算12年間キューバに滞在。2008年、2009年はキューバで開催された
      グローバリゼーション国際会議に招待されパネラーとして発言、現在は
      東京国際大学商学部・城西大学経済学部非常勤講師を務める。アジア・
      アフリカ研究所幹事、アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会常任理事、
      現代キューバ研究所顧問。著書に『現代キューバ経済史』(大村書店)、
      『革命のベネズエラ紀行』(新日本出版社)など。他、キューバ、ベネズエラ
      などラテンアメリカに関する論文多数。
   
  日時:2010年1月21日(木)  19:00〜21:00 (受付 18:30〜)
   
  場所:明治大学お茶ノ水校舎リバティ・タワー10階 1075教室
      東京都千代田区神田駿河台1-1
     (最寄り駅:JR・御茶ノ水駅、東京メトロ・御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、神保町駅)
   会場までの地図:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
   キャンパスマップ:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
   
  資料代:1000円
   
  ※事前申し込みは不要です。どなたでも参加できます。直接、会場にお運びください。
   
  主催:現代キューバ研究所
   
  共催:明治大学軍縮平和研究所
   
  お問い合わせ:ワークショップ内「現代キューバ研究所」(担当:早川幸子)
           TEL:03-5226-7718
           E-mail:rq9y-hykw at asahi-net.or.jp
   
 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内