[CML 002688] 【お薦め】半田滋さんの「軍備増強予算」批判

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2010年 1月 18日 (月) 20:32:18 JST


【お薦め】             [転送・転載歓迎/重複失礼]     

◆半田滋さん記事「防衛費で軍備増強のカラクリ」(週刊金曜日)

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。

発売中の『週刊金曜日』2010年1月15日号巻頭の「金曜アンテナ」欄に、
半田滋さん(東京新聞編集委員)が「防衛費で軍備増強のカラクリ」とい
う文章を書かれています。

半田さんは、新政権下で「防衛計画の大綱」改定が一年先送りされたにも
関わらず、「指針なき軍備増強」が行われたとして、ミサイル防衛(MD)
用の迎撃ミサイルPAC3の事実上の先取り配備、大型ヘリ空母などの予
算計上を厳しく批判。とりわけ、改修や更新を繰り返し「終わりがない」
MDを、米国への「自動現金支払機」に他ならないと指摘しています。

そして、予算案の決定過程において「政治家の登場はなかった」として、
「『官僚依存』の病は旧政権よりも重い」と憂えています。

防衛官僚の悪知恵の前にいかに政治家が無力だったのかが、とてもわかり
やすく解き明かされており、必読の内容だと思います。始まった通常国会
で軍備増強予算を削除させていくためにも、ぜひご一読をお薦めします。 




CML メーリングリストの案内