[CML 002662] ** いくつかの 集会 **** ご案内 ****

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2010年 1月 16日 (土) 15:33:48 JST


青柳です。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

下記の集会、ご参加よろしくお願いします。
 
 **** ご案内 ****

1)1月21日(木)ビルマ(ミャンマー)少数民族難民申請者裁判(福岡地裁)
2)2月11日(木)2・11反ヤスクニ福岡集会
3)2月13日(土)「前田朗さんを囲む集い」
4)2月14日(日)「軍事基地撤去!日米安保なくせ!
           沖縄を侵略の島にするな!2・14福岡集会」
5)3月22日(月)「2010年非核と平和のつどいin福岡」


----【転送転載歓迎】----

 ◆◇◆ ビルマ難民申請者の裁判支援のお願い ◆◇◆ 

 ビルマ(ミャンマー)軍事政権による弾圧・迫害で故郷を離れ、日本に庇護・
保護を求めている ビルマ難民申請者の裁判傍聴ご支援をお願い致します。

ビルマ・ロヒンギャ民族難民申請者 Mさん(福岡地裁303号法廷)
   1月21日(木曜)13:10(最終弁論・結審)
(公判後、裁判所敷地内の福岡県弁護士会館2階で報告会を致します。)

ビルマ難民申請者カチン民族 Aさん (判決)
   2月 22日(月曜)13:10〜(福岡地裁301号法廷)
(公判後、裁判所敷地内の福岡県弁護士会館2階で報告会を致します。)

ビルマ・ロヒンギャ民族難民申請者 Nさん、Lさん、Zーさん(判決)
  3月 23日(火曜)13:10〜(福岡地裁303号法廷)
(公判後、裁判所敷地内の福岡県弁護士会館2階で報告会を致します。)

 ビルマ連邦の成立以来、独立や自治を求めてたたかっている少数・先住民族が存在
しています。軍事政権は少数・先住民族の土地で住民に武器・弾薬を運ばせたり、
強制労働に狩り出したり、女性を性奴隷にするなどの人権侵害を引き起こしています。
 多くの人びとが難民となって国外に逃れ、日本にも多くのビルマ難民申請者が暮ら
しています。彼らがビルマに送還されればどんなことになるか、誰が考えても生命に
危険があることがわかります。  皆様の裁判ご支援をよろしくお願いします。

      [カンパ送り先]
        郵便振替口座名    難民を支える会・福岡
        郵便振替口座番号     01790 ー 9 − 53617
 
     ************************
         難 民 を 支 え る 会 ・ 福 岡 
                   共同代表:濱生正直・木村公一
           連絡先・事務局:青柳 行信
       〒812-0041 福岡市博多区吉塚5−7−23
                 電話 080-6420-6211 
                     Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
      ************************

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ________________________
       2・11反ヤスクニ福岡集会
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       靖国神社に祀らないで!
     
    ーーー大阪靖国神社合祀取消訴訟ーーー

■ 講師 康 由美さん
 【講師紹介 康 由美(かん・ゆみ)さん】
  弁護士。1965年生まれ。2004年大阪弁護士会登録。主な裁判に
  「靖国神社合祀取消訴訟」(大阪地裁)、「北海 道砂川私有
   地の神社違憲政教分離訴訟」(2009年12月最高裁弁論)、
   「大阪拘置所で朝日新聞を読めないのは憲法違反」
    (2009年6月大阪高裁判決)

■と き:2010年2月11日(木)午後2時
       デモ出発午後4時(福岡市警固公園まで)
■ところ:九州キリスト教会館 4階ホール
     福岡市中央区舞鶴2−7−7 092(712)6808
     地下鉄「赤坂駅」3番出口より徒歩10分      
■参加費: 500円
■主 催: 反ヤスクニ福岡連絡会 
カトリック福岡正義と平和協議会・日本キリスト教会九州中会ヤスクニ委員会・
日本基督教団九州教区福岡地区社会部・福岡地方バプテスト連合社会委員会・ 
仏教徒非戦の会・福岡・靖国法案に反対する福岡の会(以上6団体)
 連絡先 092(521)7122 澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ________________________
      ◆◇◆ 「前田朗さんを囲む集い」 ◆◇◆
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  多文化・共生社会をめざして!!

        日本社会の人種差別(レイシズム)と
                 憎悪犯罪(ヘイト・クライム)を克えて!

お話し:前田 朗(東京造形大学教授・朝鮮大学校法律学科講師) 

◆日 時: 2月13日(土)午後2時〜4時 
◆場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
    http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
    福岡市博多区下川端町3番1号
    博多リバレイン リバレインオフィス10階
   ・福岡市営地下鉄「中洲川端」駅下車 6番出口より1階へ
   ・西鉄バス 明治通り「川端町」下車、昭和通り「博多五町」下車
◆主 催: 「前田朗さんを囲む会」
◆連絡先:080−6420−6211(青柳行信)
 
     【 前田 朗(まえだ・あきら)さんプロフィール】
 1955年札幌生まれ。中央大学法学部、同大学院法学研究科を経て、東京造
大学教授(専攻:刑事人権論、戦争犯罪論)。
 日本民主法律家協会理事、在日朝鮮人・人権セミナー事務局長、アフガニスタ
国際戦犯民衆法廷ICTA共同代表、イラク国際戦犯民衆法廷ICTI共同代、
RAWAと連帯する会呼びかけ人、無防備地域宣言運動全国ネットワーク呼
かけ人、八王子憲法9条の会呼びかけ人、平和力フォーラム代表。
 
 主要著作
 新刊 『軍隊のない国家――27の国々と人びと』(日本評論社、2008年)

 『鏡の中の刑法』(水曜社、1992年)、『平和のための裁判』(水曜社、1994
、増補版2000年)、『戦争犯罪と人権』(明石書店 1998年)、
『人権ウオッチング』(凱風社、1998年)、『戦争犯罪論』(青木店、2000年)、
『ジェノサイド論』(青木書店、 2002、『刑事人権論』(水曜社、2002年)、
『民衆法廷の思想』(現代人文社、003年)、『侵略と抵抗――平和のための戦争犯罪
 論』(青木書店、2005年)、『市民の平和力を鍛える』(K.I.メディア、2006年)
『民衆法廷入門』(耕文社2007年)、『人道に対する罪ーグローバル市民社会が裁く』
(青木書店2009年)、『非国民がやってきたー戦争と差別に抗して』(耕文社2009年)
など多数
***********************************・・・*********************************** 

     「軍事基地撤去!日米安保なくせ!
   沖縄を侵略の島にするな!2・14福岡集会」

 講 演:知花昌一さん(沖縄・読谷村議会議員)
 日 時:2月14日(日)午後1時開場、1時30分開始
 会 場:福岡県農民会館・4階大ホール(福岡市中央区今泉1丁目。ビックカメラそば)
 入場カンパ:一般800円(学生500円、高校生以下無料)
   ※集会後、天神一周デモを行います。
 主 催: 2・14集会実行委員会(1月15日現在)
 連絡先:(電話&FAX 982−451−9076)
賛同団体:アフガン・イラク戦争を阻止する実行委員会/沖縄とむすぶ市民行動・福岡/
憲法=9条改悪に反対し、改悪教育基本法を許さない!実行委員会(福岡)/子どもを
戦場に送らない!9条の会・ふくおか/自立労働組合福岡/虹ヶ丘学園労働組合/反戦
共同行動・福岡/ふくおか自由学校運営委員会/ふみん福岡/「連合」路線に反対し、
闘う市教組をつくる会/労働者活動センター/2010年3・7国際婦人デー行動実行
委員会(1月16日現在)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

                 「2010年非核と平和のつどいin福岡」

 記念講演  
   [テーマ]  踏み出そう、核廃絶へ 
        〜NPT(核不拡散条約)再検討会議の意義と期待〜

   講師  安斎育郎氏(あんざい いくろう)氏  
 【プロフィール】
 東京大学工学部原子力工学科卒業後、大学院修士および博士課程で放射線健康管理
学を専攻。工学博士。1986年立命館大学経済学部教授などを経て、2005年名誉教授、
特命教授。担当科目は平和学など。1995年より国際平和ミュージアム館長。
現在、原水爆禁止世界大会議長など
  
  ●開催日  2010年3月22日(月)振り替え休日
          10:00〜16:30
  ●会 場   西南学院大学
        福岡市早良区西新6−2−92 
       (博多駅より地下鉄西新駅下車 徒歩5分)
       ※公共交通機関でおいで下さい。(*駐車場はございません)
  ●入場料  一般/1,000円 学生/ 500円
   ●主 催  2010年非核と平和のつどいin福岡実行委員会
  ●共 催  核戦争防止福岡県医師歯科医師の会
  ●連絡先  092−483ー0431(内藤)
  ●後 援  西南学院大学/朝日新聞/西日本新聞/読売新聞/毎日新聞
             テレビ西日本/九州朝日放送/FBS福岡放送/毎日放送
       自治体(24) 教育委員会(22)など
催しもの
<チャペル>
 午前
10:30 「知られざる劣化ウランの恐怖〜イラクの子どもたちは、今〜」23分
11:00  アニメ上映
11:20  「被爆ピアノ」と触れ合う(ステージ)
       (自由に触れて、ピアノの音色を感じて下さい)
  午後
12:45  オープニング 被爆ピアノ演奏
13:00  実行委員長挨拶
13:05  青年と被爆者との語り合い
13:50  矢川氏(調律師)より、被爆ピアノ紹介と演奏
14:20  休憩
14:30  記念講演  安斎育郎氏
16:00  活動交流
16:30  終了
     
<エントランスホール> 10:00〜16:00
      * 原爆パネル展示   *被爆者証言集 
   * 各種平和展示(ピースアート作成 絵手紙 タペストリーなど)

  【被爆ピアノ 紹介】
 昭和20年8月6日、8時15分、カズコさんは自宅の廊下を歩いていた時、突然オレン
ジの光とともにもの凄い爆風で家中のガラスとドアが吹き飛びました。私(ピアノ)
にも無数のガラスが突き刺さり壁に叩きつけられました。5分くらいもの凄い轟音と
共に地響きにあい、一体何が起こったのか全くわかりませんでした。カズコさんは傷
だらけの私(ピアノ)を心配そうに見つめていました。これが世界で初めて落とされ
た原資爆弾です。
 私(ピアノ)は、2009年5月13日、調律師さんに託されました。久しぶりに音楽を取
りもどしました。被爆から64年、私はたくさんの人の前で音楽を奏でました。私の元
気な音に、改めて平和の尊さを感じてくださいました。.
 原爆の熱線と放射線をたくさん浴びた私の体を見てください。もう誰も私のように
傷ついて欲しくない。私は平和を祈り続ける被爆ピアノ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内