[CML 002651] 「蓮池透さんを囲むつどい」(大阪)のご案内

柏原 貴司 l.korisu-club.80.ion at ezweb.ne.jp
2010年 1月 15日 (金) 22:16:56 JST


大阪の柏原です。既報ですが、直前になりましたので再送させてください。複数のメーリングリストに投稿しています。重複の場合は申し訳ありません。
【転送、転載歓迎】
日朝間の対話と交渉で解決へ
蓮池透さんを囲むつどい
 
「経済制裁より、対話を」との立場で全国に出向いておられる蓮池透さんをお招きして講演会を開催します。
蓮池さんは近著「拉致対論」(太田出版)で太田昌国さんとの対談を通して次のように語っておられます。
「突然変化したわけではなく、除々に、時間が経つにつれていろいろなことを考えながら、現在に至っており結果として周りから見ると変わっている。・・・当時は朝鮮半島問題を歴史的に見るとか、政治や経済や文化を総合的に検証してみるとか、そういう態度はまったくありませんでした。そういう過去を振り返り、 現在は外務省は『制裁を行えば、北朝鮮は日本に助けを求めてすがりついてくる』と言っていますが、私はそんなことは不可能だと思います。・・・私はあくまでも平和的外交政策で話を打開してほしいという気持ちに変わりはありません。」
様々な体験をふまえた蓮池さんの講演をお聞きして、これからの日本と朝鮮民主主義人民共和国との関係改善をさぐるきっかけにしていきたいと思います。講演会にふるってご参加ください。


日時☆1月17日(日)午後2時〜5時

場所☆大阪市立中央会館(大阪市中央区島ノ内2-12-31)
☆最寄り駅→地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車徒歩5分


蓮池透(はすいけとおる)さんのプロフィール------------------------------------------------
「北朝鮮による拉致被害者家族会元事務局長」1978年に拉致された蓮池薫さんの実兄。雑誌『世界』08年7月号で「拉致問題は圧力だけでは、解決は不可能であり、対話を併用すべき。」との見解を掲載。著書『拉致―左右の垣根を超えた闘いへ』の中で「どこへでも講演会に出向く」との立場を表明。全国へ出向いておられる。
------------------------
参加協力費:1000円 

主催  1/17講演会実行委員会  

090‐7112‐7491
(富田)

090‐1132‐7535
(柏原)






CML メーリングリストの案内