[CML 002641] 【1/24】WSF首都圏分科会「ジェンダー視点からオルタナティブ社会を考える」

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2010年 1月 14日 (木) 19:12:10 JST


【転送・転載歓迎】

ピープルズ・プラン研究所の山口です。

PP研では、1月24日の「世界社会フォーラム(WSF)2010首都圏」において、ジェ
ンダーをテーマにした以下のような分科会を開きます。みなさま、ぜひおいでく
ださい。

<<分科会「ジェンダー視点からオルタナティブ社会を考える」>>

★内容

 国連女性差別撤廃条約採択いらい30年の歴史を振り返り、女性の低賃金、無償
労働、性と生殖の権利と健康の重要性など具体的な問題点をあげながら、日本に
おける女性差別解決のための課題と方策を提案。また、国内外を問わず、女性差
別が平和や持続可能な開発の阻害要因となっていることを検討し、平等・開発・
平和を統合した政策課題を探ります。そこでは、女性たちの分断が新自由主義や
新国際分業の結果引き起こされた歴史と、経済、社会文化的側面からこれらを支
えてきた婚姻制度の差別性と矛盾が明らかになるでしょう。このような構造を生
き抜き、同時に乗り越えるための個々の女性たちの術として、移住労働も紹介し
ます。彼女たちの移住は、ジェンダーだけでなく南北、階級、年齢などの複合差
別が生み出すものであり、ジェンダー差別の克服が他の差別の克服と切り離して
は語れないことの具体例なのです。

★パネラー
船橋邦子さん(和光大学)
鈴木ふみさん(すぺーすアライズ)
青山薫(ピープルズ・プラン研究所)

★日時:2010年1月24日(日)

★スケジュール(分科会の「午後1」と「午後2」の2枠を使います)
12:30〜13:30 ビデオ上映(女性運動の映像記録:くわしい内容は未定)
13:30〜15:00 パネラー発言(各30分)
15:00〜15:15 休憩
15:15〜15:45 パネル討論
15:45〜    会場との討論(たっぷり時間を取ります)

なお、WSF2010首都圏全体は、以下のようになっています。
 分科会:9:30〜17:45
 ライブ:17:30〜18:00
 全体会:18:00〜20:00
http://tokyo.socialforum.jp/

★会場:在日本韓国YMCA 東京都千代田区猿楽町2-5-5
 JR中央線・総武線 水道橋駅6分、御茶ノ水駅9分、
 都営地下鉄新宿線・三田線 神保町駅7分
 地図 http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm

★参加費(全分科会・ライブ・全体会共通):800円

★分科会の主催者
ピープルズ・プラン研究所
〒112-0014
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
電話: 03-6424-5748  FAX: 03-6424-5749
URL: http://www.peoples-plan.org/jp
E-mail: ppsg at jca.apc.org


CML メーリングリストの案内