[CML 002638] 半田滋講演会:安保50年の「日米同盟」〜普天間問題の行方

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2010年 1月 13日 (水) 23:57:20 JST


東京の杉原浩司です。半田滋さんに現場取材に基づくホットな
お話を伺います。ぜひご参加ください。

…………………… 転送・転載歓迎/重複失礼 ……………………

≪ 国連・憲法問題研究会講演会 ≫

安保50年の「日米同盟」を読み解く
〜普天間問題・米軍再編の行方〜

●講師 半田滋さん(東京新聞編集委員)

●日時 2月8日(月)  午後6時半〜

●会場 東京・文京区民センター 2階A会議室
(春日駅すぐ・後楽園駅3分・水道橋駅8分)
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

●参加費 800円(会員500円)

【主催】国連・憲法問題研究会
[連絡先]東京都千代田区富士見1-3-1 上田ビル210工人社気付
(TEL)03-3264-4195  (FAX)03-3239-4409 
(E-mail)kkmk at winterpalace.net
 ブログ   http://ameblo.jp/kkmk-blog
 URL      http://www.winterpalace.net/kkmk/

◆「60年安保」から50年の今年、「普天間基地」問題が大きな政治焦点と
なり、鳩山政権から「日米同盟の深化」が語られています。沖縄の名護市
辺野古に米軍基地を建設することが日米関係の前提であるかのような論調
が流され、鳩山政権は5月までに「普天間移設先」を決定するとして、「県
外は困難」という閣僚などの発言が相次いでいます。しかし、昨年の総選
挙で沖縄の民意は「県外移設」をはっきりと支持しました。民意を無視し
た「同盟関係」が持続できるでしょうか。
 また、米側がパッケージとしてきた「米軍再編」自体が一部変更されて
いますが、日本側からこのことを取り上げた気配はありません。鳩山政権
は、政権交代後、核密約問題の調査に着手しましたが、政府が長年市民を
欺いてきたことを問題にするのなら、軍事に偏った「日米同盟」のあり方
自体を問い直していく必要があるのではないでしょうか。
 前回、「米軍再編」について講演していただいた半田滋さん(東京新聞
編集委員)に、鳩山政権の安全保障政策、沖縄米軍基地問題、日米安保の
行方について現場取材に基づくお話をうかがいます。

【半田滋(はんだ・しげる)さん プロフィール】

 1955年栃木県生まれ。東京新聞編集委員。1993年、防衛庁防衛研究所特
別課程修了。1992年より防衛庁取材を担当し、現在まで異例の長期にわた
り、自衛隊の「表」と「裏」を見続けてきた。米国、ロシア、韓国、カン
ボジア、イラクなど自衛隊の活動にまつわる海外取材の経験豊富。新聞や
雑誌、専門誌に関連論考を多数発表している。
 著書に『自衛隊VS.北朝鮮』(新潮新書)、『闘えない軍隊〜肥大化す
る自衛隊の苦悶』(講談社+α新書)、「『戦地派遣』 変わる自衛隊」
(岩波新書)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

<国連・憲法問題研究会 報告第47集> 発行

裁判員制度は本当に必要か?
〜司法制度「改革」への疑問〜

宮本弘典

2009年10月発行

■09年5月、市民参加をうたった裁判員制度が開始され、8月から全国で裁
判員裁判が行われている。宮本弘典さん(関東学院大学教員)が裁判員制
度をはじめとする司法制度「改革」の背景・現状、「絶望的な」現在の刑
事司法の実態について講演。進められる司法制度「改革」は「密室司法・
人質司法」であり、現在の刑事司法を「市民参加」の美名で正当化するこ
とにしかならないと批判。B5版52頁。

◎目次
司法市場開放のための「改革」/「やらせ」で演出された賛成論/裁判員
制度の対象事件の政治的セレクション/市民に忠誠義務を科す裁判員制度
/格差社会で裁判員になれるのは?/死刑は増えるのか/「ウソ」を書く
と文書犯罪/絶望的な刑事裁判の現状/密室司法・人質司法の実態/敵を
作り上げる国策捜査・国策裁判/事前争点整理の問題点/裁判闘争つぶし
の可能性/裁判員裁判による改善はゼロ

質疑応答
アンケート

◎定価1冊 500円(送料80円)

◎購入申し込み
郵便振替[00160−7−48406 工人社]
*通信欄に「講演会報告第47集」と明記してください

国連・憲法問題研究会
東京都千代田区富士見1-3-1上田ビル210工人社気付
(TEL)03-3264-4195/(FAX)03-3239-4409




CML メーリングリストの案内