[CML 002612] Re: かなしいなー

Hayariki hedomura2 at hotmail.co.jp
2010年 1月 11日 (月) 11:58:43 JST


>  心ある人達の中にも天皇制に疑問・違和感・嫌悪感を全く
> 持たない人が少なくないことは重大なことであると思います。
上記点について、中国の習近平国家副主席と天皇の会見問題について論じた記事中で言及しました。
「天皇制を対立軸にした鳩山内閣の偉業」JANJAN 2009年12月15日
http://www.news.janjan.jp/government/0912/0912144409/1.php
> 戦後日本では天皇制に批判的である筈の左派ですら護憲を旗印としたために天皇制は対立軸とならなかった。
> その結果、天皇制批判を深められなかったことは事実である。天皇制を素通りした平和憲法擁護の運動は、天皇個人の戦争責任や天皇制が侵略に果たした役割の分析を不十分なものとし、観念的な平和主義に陥りやすい。これは「被害者意識は過剰なほど豊富だが、加害者意識が乏しい」という日本人の平和意識にも通じる問題である。
記事でも記載したとおり、戦後の社会状況の中で護憲を掲げたことが悪いとは思っていません。しかし、その限界を直視し、問題意識を持ち続けることが大切であると考えます。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138



CML メーリングリストの案内