[CML 002602] 愛媛の教科書採択の取り組み報告

Okumura Etuo zxvt29 at dokidoki.ne.jp
2010年 1月 10日 (日) 13:29:18 JST


愛媛の奥村です。
重複される方、すみません。
BCCでお送りします。

「つくる会」の扶桑社版歴史・公民教科書を採択した
今治市教委に対する取り組みの報告です。

----------------------

採択の公開説明会開催を求める請願を今治市教委に提出していましたが、
これを不採択としました。これを不服として不服審査請求を求める書面を
市教委の上級庁と位置づけている県教委に提出。

これは、行政のチェックし、違法・不正を住民が正し、
私たちの権利利益を確保するための制度です(行政不服審査法)。

同じように制度としてある住民監査制度は、
財務行為(公費に関すること)に限定されていますが、
不服審査請求は、その制約がなく、
行政庁の違法、不当な処分に対して、
不服審査や異議申立を行うことができます。

この結果に不服があれば、裁判を起こすこともできます。

基本的には、書面による審査ですが、
請求人が要求(申立)すれば、
口頭で意見を述べる機会を持たなければならないと
なっています。

処分庁(今治市教委)は、私たちの審査請求書に対して
弁明書を県教委に提出、
これに対して、私たちが反論を提出するということになります。

が、県教委は、これを早く方をつけたいとするでしょうから
そのような手続を行わずに、結論を出してくることが予想されます。

しかし、そうさせないために、あれこれ、
厳格な審査を行うように要請してゆくことにしています。

下記に掲載しました。
不服審査請求書
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub4/6.pdf
別紙1
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub4/7.pdf
別紙2〜4
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub4/8.pdf

以下は、新聞記事で
転送は禁止

----------------------
愛媛新聞 2010.1.9

今治市教科書採択
説明請願不採択、不服と審査請求
市民団体県教委あて

 中学校歴史、公民教科書に扶桑社版を採択した今治市教育委員会
(小田道人司委員長)に対し、公開説明会開催を求める請願を提出して
いた市民団体「えひめ教科書裁判を支える会」メンバーが、8日、請願
不採択を不服として、行政不服審査法に基づき県教委あての審査請
求書を同市教委に提出した。

 同会は昨年11月に請願を提出。市教委は11月定例会で、
他団体からのものを含め説明会を求める請願6件を一括不採択としていた。
 審査請求書では、「不採択」とだけ記した不採択通知や、
定例会での審議を不誠実と非難。不採択理由などの説明を求めている。
 審査請求人は同会の奥村悦夫さん(57)=西条市黒谷=ら7人。
8日は奥村さんら3人が市教委学校教育課を訪れ、田房亮介課長補佐に請求書を手渡し
た。
 県教委義務教育課は、「請求書が届き次第、対応したい」としている。

********************************************
Okumura Etuo
zxvt29 at dokidoki.ne.jp
えひめ教科書裁判資料
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub2-sabannsiryou.htm
小説『坂の上の雲』及びNHK放映をめぐる資料
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub4/4/sakakumo.html
********************************************



CML メーリングリストの案内