[CML 002597] 1/23 (土)シリーズ「映像と音声から考える日韓 100 年」第2弾「テレビは戦争をどう描いてきたのか−−番組から検証する」のご案内

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 1月 9日 (土) 00:06:36 JST


  紅林進と申します。
  私も会員になっているKAJA(Korea And Japan Alternative learning group) 
  では、市民文化フォーラム(共同代表 市野川容孝・ 内海愛子・小森陽一)
  と共催で、下記の講座を行いますので、ご案内させていただきます。
   
  なおこの講座に参加を希望されます方は事前に下記までお申し込みを
  お願いいたします。    
  groupkaja at yahoo.co.jp  KAJA事務局
   
   
  なおKAJA(Korea And Japan Alternative learning group) とは
   
    KAJA会は映像で韓国社会と韓国語を学ぶ市民講座で集まった人々が中心に、
  定期例会の形式で勉強会をし、韓国・朝鮮へのピースツアー、日本の中の韓国・
  朝鮮文化と歴史地を歩みながら、相互理解と市民交流を促進することを目的
  として設立したグループです。会の意義に同意する人であれば誰でも自由に
  メンバーに加入できます。

   
  ホームページ:http://kaja-group.org/
  Eメール:groupkaja at yahoo.co.jp   KAJA事務局

   
   
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

KAJA1月の講座は、シリーズ「映像と音声から考える日韓100年」の第1回講座
  を開きます。
  
「韓国併合100年」となる今年の幕開けとして、これまで取り上げてきた国家と
暴力について、また東アジアの中での日本を考えるうえでも貴重な映像・お話を
聞くことができるものと思います。ぜひ多くの方のご参加をお願いいたします。
  

「市民文化」から問う東アジア 「映像と音声から考える日韓100年」第1回  

タイトル:「テレビは戦争をどう描いてきたのか−番組から検証する」
  
講師:桜井均(NHK元エグゼクティブ・プロデューサー 立命館大学客員教授)
  
日時: 1月23日(土曜)午後1:30〜4:30(開場1:00)
   
  会場: 大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウス 大研修室             〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5 東京麻布台セミナーハウス
(TEL:03-5545-7789 FAX:03-5545-7788 )
       地図http://kenshu.e-joho.com/azabudai/map.html
          http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
            地下鉄日比谷線神谷町駅1番出口を出て左へ、吉野家・オランダヒルズ
            森タワーを過ぎて約5分

  資料代:500円

テレビは戦争をどう描いてきたのか。NHKはこれまで戦争の映像、兵士の証言、
戦争裁判など多くの番組を制作してきました。その中で数は少ないですが天皇の
戦争責任を論じた番組があります。制作に携わってきた桜井さんに番組の具体的
な検証を通して「テレビは天皇の戦争責任をどう取りあげてきたのか」をお話し
していただきます。

<検証の中で取りあげる作品>
NHKスペシャル『東京裁判への道 なにが、なぜ裁かれなかったのか』(1992)
NHKスペシャル『秘録 高松宮日記の昭和史』(1996)
NHKスペシャル『昭和天皇 二つの「独白録」』(1997)
NHKスペシャル『天皇と憲法』(2009)など

<桜井均さんのプロフィール> 
 1946年生まれ 東京大学文学部卒。日本放送協会入局。
 主に教養番組、ドキュメンタリー等を制作。
 『米ソ艦艇謎のUターン』(1982)文化庁芸術祭賞
 『チョウ・ムンサンの遺書』(1991)放送文化基金賞個人賞
 『東京裁判への道』(1992)放送文化基金大賞
 『埋もれたエイズ報告』(1994)日本ジャーナリスト会議大賞、放送文化基金
 『死者たちの声 大岡昇平・レイテ戦記』(1995)など多数の番組制作に携わる。
著書
 『テレビの自画像』(筑摩書房・2001)
 『テレビは戦争をどう描いてきたか』(岩波書店・2005)など
   
   
  2月以降のシリーズ(予定)   
2010年2月 朝鮮統治と国策映画
――『アリラン』『半島の春』『』『君と僕』を中心に
 李鳳宇(シネカノン代表)(予定)・村井吉敬
  
2010年4月
 韓国映画は解放をどう描いたのか イヨンチェ 


問い合わせ:市民文化フォーラム
TEL 045-317-3176

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
主催 市民文化フォーラム(共同代表:市野川容孝・内海愛子・小森陽一)
    KAJA(Korea And Japan Alternative learning group 代表:津留佐和子)

  
参加されます方は参加申し込みをお願いします。groupkaja at yahoo.co.jp



 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内