[CML 003124] 高校授業料無償化から朝鮮学校を排除する動きの問題点

Okumura Etuo zxvt29 at dokidoki.ne.jp
2010年 2月 25日 (木) 20:06:36 JST


 愛媛の奥村です。
重複される方、すみません。
BCCでお送りします。

転送歓迎

高校授業料無償化から朝鮮学校を排除することの問題点に関する資料を、
奥村にメールで届きました資料から
その一部を転送します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「朝鮮学校外し」が妥当でない数々の理由
 
	 そもそも民主党はその「教育政策の集大成」としている「日本国教育基本
法案」において「国民と限定するのではなく」、「何人にも『学ぶ権利』を保障」す
るとしている。このことは昨年の衆院選挙を前に出された民主党政策集INDEX2009に
も書かれている。なお、この政策集では、国際人権A規約(社会権規約)13条につい
ても触れられているが同条文では「締約国は、教育についてのすべての者の権利を認
める。」と定めている。国民だけではなく外国人の子どもたちの学ぶ権利の保障を高
らかに謳ったにもかかわらず、それが諸外国との関係によって左右されるというよう
なことは「権利」というものの性質からもあってはならないことであり、折角打ち出
した理念に相反する行為である。
 
	 在日朝鮮人も納税の義務を負っている。高校無償化施策の実施に伴い、特
定扶養親族控除の廃止が予定されているため、朝鮮学校に対し高校無償化措置(就学
支援金)が適用されないとなると朝鮮学校保護者の負担は現状維持どころか、より大
きくなる。これは差別を拡大することに他ならず、友愛精神に逆らうものである。

	 朝鮮学校高級部に対する助成金は日本の学校のそれと比べて極めて少な
い。東京都の場合などは、日本の私立学校と比べてもおよそ20分の1のレベルの助
成金しか出ていない。*1


	 国際人権規約の自由権(B)規約委員会が2008年の日本政府報告書審
査の結果出した最終見解においては、「朝鮮学校に対する国の補助金が通常の学校に
対するものよりも相当低く、民間の寄付金に強く依存しているが、私立の日本人学校
やインターナショナル・スクールとは異なり、これらの学校が免税対象外又は税金控
除対象外であること、また、朝鮮学校の卒業証書がそのまま大学入学資格として認め
られないことを懸念する。(第26条及び第27条)締約国は、国による補助金を増
大し、朝鮮学校への寄付を行う者に他の学校に寄付を行う者と同じ財政的な利益を与
えることによって、朝鮮学校への適切な資金援助を確保し、朝鮮学校の卒業証書を直
接大学入学資格として認めるべきである(外務省ホームページより抜粋)と勧告して
いる。同様に社会権規約(A)委員会、子どもの権利(条約)委員会、人種差別撤廃
(条約)委員会においても朝鮮学校への差別是正を求める勧告を出している。

	 日本弁護士連合会(日弁連)も1998年と2008年の二度に亘り、朝
鮮学校などへの助成金が国からは皆無、各地方自治体からは少し出ているものの日本
の公立はおろか私立学校と比べて極めて少額に過ぎないことについて「重大な人権侵
害」「学習権の侵害」だとして日本政府へ是正勧告を出している。*2
   なお、その勧告を出す判断材料として日弁連人権擁護委員会によってまとめら
れた調査報告書にもあるように、助成金が少ないため教職員は薄給に甘んじざるを得
ない状況にあるなど、その分の負担が教職員及び保護者に肩に重くのしかかるという
状態が続いている。


	 産経新聞が、朝鮮民主主義人民共和国からの教育援助費があることが「発
覚した」「無償化の是非について議論を呼びそうだ」という記事を去る2月11日に
一面トップで載せたが、教育援助費の送金は一貫して公開されて、朝鮮学校関係者や
在日朝鮮人問題に関心のある人々の間では周知の事実である。敢えて「発覚」という
のは他に意図するものがあることからくる表現と思われる。なお、この教育援助費は
1957年以降続いているが最近はその規模自体縮小しており、また日本の行政から
一切、助成金を受けることのできない朝鮮大学校や地方にある初中級学校にそのほと
んどが充当されている関係から朝鮮学校高級部がそこから受けている恩恵は極めて少
ない。なお、他の外国人学校でも本国からの支援を受けているところは少なくない。

	 この間、各地の朝鮮学校が当該地方自治体からの助成金を受けてきたが、
当然ながらそれが適正に使用されてきたかをはじめ、学校の経理に関しての報告を認
可・監督権を持つ都道府県等に対して行っており、これについてはこの間特段の問題
が起こっているわけでもない。政治家の中にも「朝鮮学校にお金が渡れば北に送金さ
れるかもしれない」という主張が一部あると漏れ伝わってくるが全く事実無根で的は
ずれの指摘である。 

	 文部科学大臣は専修学校設置基準において「授業時数は、学科ごとに、一
年間にわたり八百時間以上とする。」(第5条)、「一の授業科目について同時に授
業を行う生徒数は、四十人以下とする。ただし、特別の事由があり、かつ、教育上支
障のない場合は、この限りでない。」 (第6条)とするなど外形基準を用いてい
る。また専修学校卒業生の大学入学資格においても修業年限三年以上で卒業に必要な
総授業時数が二五九〇単位時間以上、普通科目の総授業時数は四百二十単位授業時数
以上などの形式的・外形的な要件をみたせば学校単位で大学入学資格が認められると
してきた。このように何も国際評価機関や本国の認定だけに依拠しなくても一条校の
高校と同等の課程を有するものと認める線引きは可能である。*3

※なお、朝鮮学校は上記の授業時数要件等を十分に満たすものの、専修学校を定める
規定には「我が国に居住する外国人を専ら対象とするものを除く」という文言(学校
教育法第124条)があるため、朝鮮学校はじめ外国人学校は専修学校となることは
できない。


*1 助成金比較
△朝鮮学校には?
 朝鮮人学校には現在、朝鮮学校生徒1人当たりの助成金の年額は都道府県からのも
のと市区町村からのものを含めて約9万円 ※幼・初・中・高をまとめての全国平均

△日本の公立学校には?
1人当たりの公財政支出教育費
(国と地方公共団体の負担額の合計額〔2006年度〕「データからみる日本の教育2008
年」文部科学省より)
 幼 698,248円 小 888,339円 中 1,031,684円 高 1,151,788円

△日本の私立学校には?
私立学校経常費補助
(1人当たりの全国平均〔2007年度〕「東京都の私学行政2009年」東京都生活文化局
私学部より)
 幼 157,909円 小 247,500円 中 277,635円 高 315,869円

※ 朝鮮学校と、日本の公立学校についての金額は、経常費補助、施設整備、保護者
への補助など様々な助成制度をひっくるめて計算した金額である。
 一方、日本の私立学校についての金額はあくまで学校に対する経常費補助だけの金
額である。
 日本の私立学校には経常費補助以外にも保護者の負担軽減のための補助をはじめ、
多目的室、図書室の整備やバリアフリー化整備、またカウンセリング機能の強化のた
めの保健室の整備といったことに対する補助制度などが備わっている(中には時限的
なものもある)。

********************************************
Okumura Etuo
zxvt29 at dokidoki.ne.jp
えひめ教科書裁判資料
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub2-sabannsiryou.htm
小説『坂の上の雲』及びNHK放映をめぐる資料
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub4/4/sakakumo.html
********************************************



CML メーリングリストの案内