[CML 005445] Re: 天木直人氏のブログに見る小沢待望論について(千葉 青野)

田口 hantenno at m10.alpha-net.ne.jp
2010年 8月 30日 (月) 17:20:58 JST


初めまして、野口さん。
 同感です。村山さんのときから私は社民党を応援しなく
なりました。前回の県知事選挙から共産党を応援しなく
なりました。
 しかし党員 個人個人には いい人達がいます。党の欠点が
見えていないのか、見えているけど組織の中で仕方なく
動いているのかはそれぞれでしょうけど。
 問題は、作戦でしょう。 「こんな党はつぶしてしまえ」 と叫ぶ
皇軍方式か、シンパ(私は「親派」のことだと思っていました)
の顔して近づき仲良くなってひとりふたりと脱退させるゲリラ
作戦あるいはオセロ作戦で行くか。もし世直しの神様がいたら
「後者で行け」 と仰ると思いますよ。反天皇制の集会やデモ
行進に誘うと、身体を張って来てくれる党員の人達がいるん
ですよ。その人達に対して私は玉砕方式は採りきれません。
この郵件列表の中にも党員の方々はたくさんいらっしゃると
思います。    田口 敬三
 

> はじめまして。

>> 東本さん、 大津留さん、 野口さん
>>  正直に言って、難しい理屈を理解する頭は私にはありません。
>> ただ次のことは分かります。コチラ側同士で時間と精力を浪費
>> しさらに分裂することはアチラ側を喜ばせるだけだ、と。

> それ自体はただしいと思いますが、問題は社民党や「共産」党が
「コチラ側」に立っていないことにあります。
> 社民党は、つい最近まで与党だったように、「アチラ側」の政党です。
> 「共産」党も同様に、あらゆる機会に階級闘争に敵対し、部落差別を
扇動してきた「アチラ側」の政党です。
> 社民党・「共産」党と決別しないかぎりなにごともなしえないのです。



CML メーリングリストの案内