[CML 005442] ■関西のスト情報第10弾 -3

まっぺん mappen at red-mole.net
2010年 8月 30日 (月) 13:17:58 JST


■関西のスト情報第10弾-3【転載・転送歓迎】
まっぺんです。複数のMLに流します。重複ご容赦下さい。
私の掲示板『四トロ同窓会二次会』に投稿された生コンスト情報です。
非常に長いので3つに分けて掲載します。
また、機種依存文字が含まれていたので、別の文字に改めたり、
小見出しを入れるなどの編集をさせていただきましたことをご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------

関西のスト情報第10弾(3)投稿者:生コン関連スト支援  投稿日:2010年 8月28
日(土)00時45分25秒     返信・引用 編集済

      長く綴りすぎている様で申し訳ありません。また、少々業界事情に過ぎるのか
も知れません。理解が届きますかどうか。
----------------------------------------------------------------------------

■■<勝利は下駄を履くまで>関西のスト情報第10弾(3)■■

●ゼネコンとセメントメーカーの二重の産業支配構造

中小企業の生コン工場で作る協同組合が、実はセメントメーカー直系の役員に支配さ
れている。元来、セメントメーカーは協同組合をセメント販売の道具としていた。ゼ
ネコンとセメントメーカーと協組と労組の関係は以下に示す通りである。

ゼネコンは、現場用のセメントをメーカーから大量に買うが買い叩く。生コン工場に
おいても、組織化されていない場合は生コンを安く買い叩く。結果的に、セメント価
格も安くせざるを得ない。そこで、セメントメーカーは、生コン協組を作る。協組は
生コンを買い叩かれずに共同販売価格でゼネコンに売る。協組工場はメーカー指示の
セメント価格を支払う。

しかし、セメントメーカーは、協組の生コン価格の適正化により、安定したセメント
価格を収受できるにも関わらず、メーカー同士の拡販競争で、アウト工場の育成に努
める。目先の利益のために、安価な生コン勝負のアウト工場数を増やしセメント量を
拡大するが、協組の解体につながる。生コンの値崩れを起こし、セメント価格も暴落
する。

さらに、ゼネコンはコンクリート構造物建設に当たって、生コンの品質管理を強く求
める。そのため、協同組合の品質保障体制は不可欠であるが、同時に、ゼネコンは過
当競争の中で安値競争をするため生コン価格を買い叩き、協組を崩壊させようとする。
アウト工場を増やす。過当競争によって、生コンの値崩れを起こし、粗製乱造を生み、
品質が担保されなくなる。

また、悪徳販売店もアウト業者も協組あってのアウトであり、技術的財務的基盤の脆
弱なアウト業者及び販売店は、協組が崩壊すれば最も打撃が大きい。

●二重支配構造をうち破る労組の闘い

この事業者、独占資本では解決できない矛盾を克服していくのが関生支部の産業政策
であり実力闘争である。

セメントメーカーは、労組の力を利用して、生コン価格の値上を求めるが、協組運営
に当たって、労組主導を許さない。自らの主導権と産業支配を死守しようとする。そ
のため、生コン価格の値上に続くセメント価格の値上がスムースに実行できる仕組み
作り(出荷ベース)と、労組主導を容認する専業生コン工場への攻撃である。自己の
利益を貫く為に、労資間に混乱を持ち込んで、スト解決を長引かせることによって、
兵糧攻めにしている。まさにゼネコンと同じである。

メーカー直系は資金力が豊富である。メーカーからの支援を仰げる。しかし、専業生
コン工場は経営が単体であるため、運転資金が枯渇しており危機的である。広域協は
金融機関から融資を受けて26工場を廃棄・集約した。セメントメーカー直系の中心
的役員達は、ストを利用しての生コン工場の淘汰を狙っている。

労働側は、ゼネコンとセメントメーカーの二重の産業支配の構造にあって、生コン価
格の確実な大幅値上を勝ち取ることによって、それぞれの思惑を粉砕する。同時に、
協組のメーカー主導体制の再編をめざしていく。
----------------------------------------------------------------------------

●スト支援・緊急アッピールのブログ>>http://blogs.yahoo.co.jp/strike_shien

連絡先
「スト支援 緊急アッピール」事務局
  「変革のアソシエ」関西事務所気付(担当 細野)
TEL 06-6328-5677  FAX  06-6328-4701



CML メーリングリストの案内