[CML 005392] 『季刊ピープルズ・プラン』51号<特集:ジェンダー平等は日本でなぜ進まないのか>ご注文を!

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2010年 8月 25日 (水) 16:06:36 JST


【重複ご容赦。転送・転載歓迎】

ピープルズ・プラン研究所の山口と申します。

以下のように、『季刊ピープルズ・プラン』51号を発行しました。
今号より、装いも新たにリニューアル。

特集テーマはずばり「ジェンダー平等は日本でなぜ進まないのか」。田中美津さ
んインタビューから男たちのザンゲ(?)まで盛りだくさんの内容のなかから、
ジェンダー平等や「多様で・多元的なフェミニズム」に向けた可能性を探ります。

目次は、以下のURLをご覧ください。また、このメールの下の方にも貼り付けて
あります。
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd0/index.php?id=55

ご入用の方は、以下のフォームを使って、<ppsg at jca.apc.org>までご注文くださ
い(このメーリングリストに返信しないようにお願いします)。

【代金】
1冊1300円
送料は1〜2冊:80円、3〜4冊:160円、5冊以上は無料です。

【お支払い方法】
季刊誌を送付する際に同封する郵便振込票をご利用ください。
銀行振込もご利用になれます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『季刊ピープルズ・プラン』51号を注文します。

【注文数】    冊
【送付先】



【お名前】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※『季刊ピープルズ・プラン』のバックナンバーについては、以下をご覧くださ
い。1年以上前のものについては、割引販売実施中!
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd0/

*********************************
『季刊ピープルズ・プラン』第51号
*********************************

2010年8月15日発行
定価1300円+税 A5版184ページ
発行:ピープルズ・プラン研究所、発売:現代企画室

<特集:ジェンダー平等は日本でなぜ進まないのか>

◆ジェンダー平等は日本でなぜ進まないのか――特集のねらいと概要/青山薫
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd4/index.php?id=26
◆【田中美津さんインタビュー】「リブ」は何を変えたのか
◆北村三津子さんの死とリブがしたこと/秋山洋子
◆ジェンダー視点からオルタナティブ社会を考える/鈴木ふみ
◆日本の「男女共同参画政策」では、なぜ性差別解消はすすまないのか/船橋邦子
◆世帯単位はいまや張り子の虎?!――シングル単位が「家族」を救う/漢人明子
◆労働の「他女」/アカデミックなフェミニズムの「他女」として叫ぶこと/栗
田隆子
◆同性パートナー制度が問いかけるもの――血縁家族という幻想と新たな親密圏/
尾辻かな子
◆「新しい〈運動〉主体」論と女性運動への「敬意」――小倉利丸『抵抗の主体と
その思想』を手がかりに/海妻径子
◆【「赤ひも」座談会!】日本の「反保守・反ナショナリズム・反新自由主義」
男は、なぜジェンダー平等が実現できなかったのか/白川真澄・天野恵一・北野
誉・青山薫(司会)
◆「フェミニスト、および、そうフェミニストでないかもしれない先達と友人の
みなさまへ」の質問と寄せられた回答

<特集外>
【新連載:社民党衆議院議員・服部良一さんインタビュー[1]】連立政権の八か月
【新コーナー】いまを読み解く
 ガザ自由船団に対する攻撃から二ヵ月/清末愛砂
 菅政権と参議院選挙/山口響
【連載】うちなーだより[42]沖縄「捨て石」策の連続(由井晶子)

◇イランで何が起こっているのか?――保守派と改革派の対立から読み解く/永倉哲郎
【連載】海兵隊グアム移転――誰のための負担軽減なのか[5](山口響)
【連載】「もうひとつの社会」はどこに?[2]
ベーシック・インカムの議論で浮わつくべきでない(イダヒロユキ)
【小熊英二『1968』リレー書評】[4]「あの時代」の掴み方をめぐって――
『1968』の狎擇賁瓩鯡笋Α幣尚耄柑屐
【連載】アジアのムラから見た《世界》[26]ルーラル(農村)キャンパス開講中
(大橋成子)
【連載】只今闘病中――読書ノート[5]ガンディーの〈非暴力〉の暴力性をめ
ぐって(天野恵一)

◇書評
*菊地夏野『ポストコロニアリズムとジェンダー』(阿部小涼)
*ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉編『〈鏡〉としてのパレスチナ
――ナクバから時代を問う』(栗原幸夫)

◇交流

◇オルタキャンパス「OPEN」、オルタナティブ提言の会報告


CML メーリングリストの案内