[CML 005370] 「ふるさと納税大作戦」で辺野古基地建設を止めよう

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2010年 8月 23日 (月) 06:34:21 JST


木村雅夫です。重複お許しください。
自称「ふるさと納税大作戦」チームからの提案です。
辺野古基地建設に反対するひとつの方法を紹介します。
日本政府が沖縄県や名護市に対して補助金・交付金攻勢で攻めている「アメとムチ」の構図が報道されています。
8月18日にも次の報道がありました。
○前原沖縄担当相が8月17日夜、都内で仲井真知事、島袋前名護市長らと会談、大城辺野古区長と城間豊原区長、古波辺野古区普天間代替施設等対策特別委員会委員長も同席。
○1998年の県知事選挙で、外交機密費を含む官房機密費から3億円が政府側から稲嶺陣営側に渡っていたと鈴木宗男衆議院議員が証言。
 このような状況の中で、私たちは、辺野古基地建設に反対する名護市政を応援し、基地建設反対の意志を名護市HPに掲載していただく方法を紹介します。お金がかかるし寄附金の使途事業を限定できるものではありませんが、ヤマトとウチナンチュが連携して基地建設を阻止する一つの有効な方法だと思います。一読して是非ご検討願います。

以下、転送・転載を歓迎します。

********転送・転載 歓迎(ここから)********
「ふるさと納税」制度を活用して・・・
辺野古基地建設に反対する名護市政を応援しよう

「最低でも県外」の公約を破り、2010年5月28日「日米共同声明」を発表した鳩山政権。それを踏襲する菅政権は、今や辺野古基地建設を推進し、自公政権の時代から続いている経済振興策や機密費などによる「アメとムチ」の政策により、名護市に辺野古基地建設受け入れを押し付けようとしています。
沖縄の怒りは沸点に達し、今も80%以上の県民が県内移設に反対する中、本年1月に誕生した稲嶺進名護市長は、「辺野古の海にも陸にも新しい基地はつくらせない」市政を貫いています。
ヤマトがいつまでも沖縄に基地を押しつけている構図の中で、本年9月12日の名護市議選においては辺野古基地建設に反対する候補の過半数当選が、11月28日の沖縄知事選では辺野古基地建設にきっぱりと反対する知事の当選が望まれています。
私たちヤマトの人間に何ができるか、苦悩している方も多いと思います。自分たちの問題として捉え日米政府やメディアに働きかける行動とともに、辺野古基地建設阻止に向けて、ウチナンチュへの連帯を示す一つの具体的な方法として「名護市ふるさと納税大作戦」を紹介します。
ご一読の上、協力できる方は是非参加してください。

<実施すること>
 「名護市ふるさと納税」をします。申し込むときに「ご意見・応援メッセージ」欄に辺野古基地建設反対の意志、例えば「辺野古への基地建設に反対する稲嶺市長を支援します」と書きます。そうすると、名護市のホームページに名前(匿名でも可)とそのメッセージが掲載され、基地建設に反対する稲嶺市政を支援できます。
 寄付金のうちの5千円は個人の持ち出しになりますが、5千円を越える額はふるさと納税制度により「年間住民税の概ね10%まで」の金額が確定申告で戻ってきます。
この作戦については、辺野古基地建設に反対する名護市議の方にも賛同をいただいています。
 「名護市ふるさと納税制度」についての詳細は以下の名護市HPをご覧ください。
http://www.city.nago.okinawa.jp/5/4969.html
 
呼びかけ人(2010年8月22日現在)
明日も晴れ−大木晴子のページ(http://www.seiko-jiro.net/)、
オランオラン、木村雅夫、
田場祥子、古荘斗糸子、山口陽子

「ふるさと納税大作戦」チーム
ホームページ:
http://www.geocities.jp/nobasehenoko/furusato.html
問合せ:
kimuclamasa at yahoo.co.jp

********転送・転載 歓迎(ここまで)********



CML メーリングリストの案内