[CML 005334] 高知 9.11検証会ご案内

松尾 美絵 matuoym at maroon.plala.or.jp
2010年 8月 19日 (木) 00:19:48 JST


MLのみなさま

高知の松尾です。


「9.11テロ事件」の検証会をします。私は、この事件について、いくつかの疑問を持ち続けています。京大の西牟田先生のご協力をいただいて、高知で検証会を計画しました。各地でも、取り組みがあればいいなと思います。



・・・・・・・・・・・・・

<9.11検証 あり得ないビルの崩壊 ペンタゴンの謎 真実への青写真>

日時 9月4日(土)午後1時30分

場所 自由民権記念館 高知市桟橋通り4丁目

参加費 1,000円 (高校生以下無料)

Program
10:30〜「ボーイングを捜せ」上映
13:30〜 「真実への青写真」上映
・ 解説「西牟田祐二」
   京都大学大学院教授
・ 質疑応答と討論会

アメリカのアフガン、イラク攻撃の発端となったのが、2001年9月11日の「ア
メリカ同時多発テロ」でした。しかし、この9.11事件に関しては、世界のいろい
ろな分野の人々が多くの疑問を呈しています。貿易センタービルへの飛行機の突
入は、側面からであったにもかかわらず、その崩壊は水平に左右対称の形を保っ
たまま、わずか10秒ほどの自由落下に近い時間でした。ペンタゴンに空いた穴
は、翼の両翼の幅よりもずっと小さく、現場のどこにも飛行機の残骸は見当たり
ません。

9年目の今年、ここ高知でも、もう一度当時の映像を振り返り、西牟田祐二先生
の解説をお聞きしながら、9.11事件を考えてみたいと思います。午前には、ペン
タゴン破壊跡のDVDも上映いたします。ぜひご参加ください。

主催 / 「9.11を考える会」連絡先 mail:mm911 at j2p.jp
代表 松尾美絵 088−875−7571

Profile:西牟田 祐二(にしむたゆうじ)
・ 京都大学大学院経済学研究科教授経営史・国際経営史専攻
・ 1956年生まれ。京都大学経済学部卒・京都大学大学院経済学研究科博士課程
終了。京都大学大学院経済学研究科教授。
・ 主要著書は、「ナチズムとドイツ自動車工業」(有斐閣、1999年)。ドイツ
とアメリカの多国籍企業の歴史について多くの論文。
・ 2010年4月18日「911の真実を求める日本の科学者の会」を設立


西牟田先生は、朝から会場にいます。午前中も、質問をうけたり意見交換などし
ます。アメリカの経済についての話も聞くことができます。ご自由にお話ください。

午後は、高知の建築士からの説明もあります。1日の会ですので、ご都合のよい
時間、どこからでもご参加ください。午前の参加だけでもよいです。

市民10名ほどが集まって、「9.11を考える会」をつくりました。「真実へ
の青写真」は、貿易センタービル崩壊について、アメリカの建築士、リチャー
ド・ゲイジ氏が純粋に建築学的見地からのみ、考察しているものです。私たち
は、事実についての検証をしたいと思っています。ご意見をいただけるとうれし
いです。

松尾美絵










CML メーリングリストの案内