[CML 005330] 定量的な国会定数論――国会議員数は増やすべき

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2010年 8月 18日 (水) 18:47:11 JST


[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

定量的な国会定数論――国会議員数は増やすべき
http://kaze.fm/wordpress/?p=310

【要旨】

    下記2条件を満たす国会議員数は最低でもドイツ下院並みの500人台となる。

    1. 政党議席占有率3%を下限に、小政党でも掛け持ちせず全委員会に委員を配置できる
    2. 委員数割り当ての比例性を担保する

太田光征
http://otasa.net/


CML メーリングリストの案内