[CML 005320] 福岡高裁ビルマ・ロヒンギャ民族難民申請者 第一回控訴審開始。 難民と一緒に暮らせる日本に!

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2010年 8月 17日 (火) 22:11:34 JST


 青柳です。
複数のMLと知人・友人にBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。


          難民と一緒に暮らせる日本に!

 ビルマ(ミャンマー)軍事政権による弾圧・迫害で故郷を離れ、
日本に庇護・保護を求めている ビルマ難民申請者の裁判傍聴ご支援をお願い致します。

       第一回控訴審開始・ 福岡高等裁判所(福岡地裁と同所)

    今回の第一回控訴審で結審し、次回判決も考えられますので、皆さまの
傍聴を是非よろしくお願いします。

ビルマ・ロヒンギャ民族難民申請者

         ナワズさん、ラットさん  
  8月26日(木曜)13:10〜  第一回控訴審 (福岡高裁505号法廷)
            本人の意見陳述もあります。    
   (公判後、裁判所敷地内の福岡県弁護士会館で報告会を致します。)
              
        ミョー・ ルインさん
   9月7日(火曜)13:10〜  第一回控訴審 (福岡高裁505号法廷)
           本人の意見陳述もあります。
    (公判後、裁判所敷地内の福岡県弁護士会館で報告会を致します。)


 ロヒンギャ民族は、ビルマの軍事政権下において、国籍を剥奪され、移動制限、
強制労働、信教(イスラム教)の自由の侵害、教育機会の喪失等、多枝にわたり、
基本的人権をくまなく剥奪され、迫害を受けています。このようなビルマ軍事政
権によるロヒンギャ民族への迫害は、国際問題となっており、国連主導のもとで、
ロヒンギャ民族の第三国定住による保護が潮流となっています。

 福岡地裁第一審判決では、ナワズさん、ラットさん、ミョー・ルインさん、
3人のうち、ラットさんについては残念ながら難民とは認められず、ナワズさん、
ミョー・ルインさんは難民として認められました。

 この判決を受けて、福岡難民弁護団及び難民支援者らは、敗訴した原告について
はただちに控訴するとともに、勝訴した原告については、国に対し控訴をせず速や
かに難民認定又は特別在留許可を与えるよう強く要請しましていましたが、結局被告
国による控訴がなされ、今後は福岡高裁での控訴審における審理が開始されます。

    ************************
         難 民 を 支 え る 会 ・ 福 岡 
                   共同代表:濱生正直・木村公一
           連絡先・事務局:青柳 行信
       〒812-0041 福岡市博多区吉塚5−7−23
                 電話 080-6420-6211 
                     Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
         [カンパ送り先]
        郵便振替口座名    難民を支える会・福岡
        郵便振替口座番号   01790ー9−53617
      ************************

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内