[CML 005309] 韓国併合 100 年に当たっての「菅首相談話」について

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 8月 16日 (月) 18:31:25 JST


紅林進です。
   
  先ほど、8・22日韓市民共同宣言大会「朝鮮植民地支配を清算し、
  平和と共生のアジアを!」のご案内を転載させていただきましたが、
   
  この韓国併合100年に当たり、菅首相談話が出されましたが、
  それは、この併合条約の違法性を明言していない点、
  本来ならば、植民地支配の謝罪と反省をきちんとした上で、
  個人補償を法制化を含めてきちんとすべきであるのに、
  またそのよい機会であったのに、それを行わず、
  植民地支配のもう一方の犠牲者である朝鮮民主主義人民共和国
  (北朝鮮)に対してはまったく触れず、韓国のみを対象としたものである等、
  様々な限界のある不十分なものだと思います。
   
  しかし右翼や自民党、産経新聞、在特会などは、この不十分な菅首相談話
  に対してさえ、攻撃を強めています。
   
  それに屈することなく、日韓、日朝の民衆レベルでの連帯を進め、
  きちんとした謝罪と、反省、個人補償を実現させ、国境を超えた、
  新しい友好と連帯の100年を創って行く必要があると思います。
 

 
---------------------------------
GyaO! - Anime, Dramas, Movies, and Music videos [FREE]


CML メーリングリストの案内