[CML 005301] テレビ朝日 高江、HY時をこえ、金城実展、石川真生さん写真展、普天間辺野古写真展 のお知らせ

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2010年 8月 15日 (日) 09:59:53 JST


転送・転載歓迎

京都の菊池です。
す。

8/15日曜テレビ朝日で沖縄・高江の放送がある事を教えていただきました。


※関西の
ABCテレビは、
8/15は高校野球が行われる場合は高校野球を放送するため、その場合は
サンデー・フロントラインは放送されません。残念です。

お知らせを転載します。


8月も半ばにさしかかろうかとしてますが、今現在沖縄防衛局の動きはありませ
ん。

先日、テレビ朝日スタッフ、姜尚中氏が現地取材レポーターとして高江にやって
来ました。
その際は、情報や資料提供ありがとうございました。

高江の安次嶺さんが中心にN4テント、カフェやまがめで取材にこたえました。
生活被害や裁判のことなど、いかに日本政府が愚行を働いているか訴えました。
ぜひ、ご覧下さい。

放送日:2010年8月15日(日)10:00〜11:45
番組名:「サンデーフロントライン」テレビ朝日系列 毎週日曜放送
司 会:小宮悦子 現地取材・レポーターとして姜尚中氏

内容:終戦記念特集として「沖縄のいま、現地からの声」(仮題)

※沖縄特集は後半あたりから30分、うち10分くらい高江について
中央TVメディアではじめて高江のことが取り上げられます。


今日は夜、次の番組があります。


僕らが伝えなきゃ〜HY 沖縄から“命”を歌う〜

NHK
2010年 8月15日(日)
午後11:15〜16日午前0:00(45分)


NHK番組表での紹介
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=200&date=2010-08-15&ch=21&eid=11330

※次の記事などもお読みください。

僕らが伝えなきゃ〜HY 沖縄から“命”を歌う〜
8月15日(日)総合 午後11:15〜午前0:00の
番組ホームページでの紹介
http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=jRJQcBfq&c=1


WEB MAGAZINE「CDJournal.com」
での記事

HY「時をこえ」密着ドキュメント番組がNHKにて放送決定!
HY / 2010/08/10 14:00掲載
http://www.cdjournal.com/main/news/hy/33048


時をこえ HY 歌詞情報 - goo 音楽
http://search.auone.jp/?q=%8E%9E%82%F0%82%B1%82%A6&sr=0201&ie=SJIS


“時をこえ” HYインタビュー -インタビュー:CINRA.NET
http://www.cinra.net/interview/2010/08/10/000000.php




次の作品展、写真展
転載するのが遅くなり、関連イベントは終了していてすみません。




金城実展ご案内


論証━群島のアート考古学 
古川美佳連続企画「21世紀の東アジア文化論」Vol.4
金城実(Kinjyo Minoru)展

〇期間:8月6日(金)―8月21日(月)
〇開廊:12時〜19時
〇休廊:日曜日、ただし8月7日(土)は休廊
 
■8月6日(金)17:00よりオープニングパーティを行います。
■作家を囲んでオープニング連続トークイベントを8月6日(金)18:00〜新川区民会館、8月7日(土)14:00〜日本教育会館にて行います。
 
――――お越しをお待ちしております。――――
 
■展示形態:新作「大逆事件」(木彫)他、彫刻、レリーフ等 十数点
 
■展示の紹介 
今夏8月、沖縄の彫刻家・金城実氏の個展を東京茅場町GALLERY MAKIで開催いたします。
これは同ギャラリーの企画として毎年実施している「群島のアート考古学―古川美佳(韓国美術・文化研究)連続企画<東アジア文化論>」の一環、第4回目にあたります。
 金城実氏の作品にスポットをあてながら、「彫刻家」としてはもとより、沖縄とヤマトの歴史のひずみをみすえ、人間の尊厳を求めてたたかってこられた「活動家」としての氏の全容にもくい込みながら、沖縄を、私たち自身を、いまいちど芸術を通して見つめ直す「現場」を創出していきたいと考えております。
折しも1960年の安保改定から50年、そのツケが沖縄に棘のように刺さったまま、民主党政権の下、改めて米軍基地問題として顕在化しています。
また今年は「韓国併合100年」にもあたり、アジアにおける植民地支配の清算も問われています。
沖縄米軍基地問題は、いまや「日米軍事植民地体制」と化して、ヤマトの実態を露わにし、未来を問いただしているのです。
こうした問題をこのまま封印せずに、どのように表現し、行動していくか?沖縄のあり様を、政治と文化を柔軟に行き交う生活者―民衆の視点であぶり出す―怒りあり、笑いあり、涙あり?の金城実作品展と語りあいにぜひともご参加ください。

■金城 実(きんじょうみのる)プロフィール       
1939年沖縄県勝連町浜比嘉島生まれ。65年京都外語大学卒業、大阪市立天王寺夜間中学校、西宮市立西宮西高校、近畿大学付属高校などの講師をつとめながら彫刻活動に従事。
94年沖縄に帰り読谷村に在住し彫刻に専念。70年沖縄での反米「コザ事件」に刺激され彫刻制作を開始、71年代表作「沖縄」制作、79年「戦争と人間」大彫刻展で全国80箇所キャラバン実施、87年読谷村チビチリガマに「世代を結ぶ平和の像」建立、長崎原爆記念館に「平和の母子像」建立、99年韓国英陽郡に「恨之碑」建立、97年より100m大レリーフ「戦争と人間」制作に着手、2007年完成、大展示会。
2008年「アートで表現するYASUKUNI展」出品等多数。
著書に、『土の笑い』(筑摩書房)、『神々の笑い』(径書房)、『沖縄を彫る』(現代書簡)、『民衆を彫る』(解放出版社)等。
 
■オープニング・連続トーク
□トーク・イベント<1>
日時:8月6日(金) 18時〜20時30分 
場所:新川区民会館 7号室
(中央区新川1-26-1 Tel :03-3551-7000  GALLERY MAKIより徒歩3分)
パネリスト:
金城実(彫刻家)
アライ=ヒロユキ(美術・文化社会批評)
武居利史(府中市立美術館学芸員)
古川美佳(韓国美術・文化研究)
 
□トーク・イベント<2>
日時:8月7日(土) 14時〜17時 
場所:日本教育会館 8F 第3会議室
(千代田区一ツ橋2-6-2 Tel :03-3230-2831  都営新宿線・半蔵門線神保町駅下車)
パネリスト:
金城実(彫刻家)
石川文洋(写真家)
鎌田慧(ルポルタージュ作家)
辛淑玉(人材育成コンサルタント)
*お申し込みはGALLERY MAKI 
(〒104-0033中央区新川1-31-8-402)
http://gallerymaki@hotmail.comまで FAX、またはE-mailでお願いいたします。 
TEL/FAX:03−3297−0717
E-mail: gallerymaki at hotmail.com




東京で、石川真生さん写真展!


転送歓迎

 この度TOKIO OUT of PLACEとZEN FOTO GALLERYでは石川真生写真展を同時開催いたします。
より多くの方々にご高覧いただきたく、広報のお願いを申し上げる次第です。

 沖縄にこだわり沖縄を撮り続ける写真家 石川真生。

 TOKIO OUT of PLACEでは、彼女のプライベートな側面にスポットを当てたシリーズ『セルフポートレイト -携帯日記- 』と、沖縄と日本の関係を問いつづけるシリーズ『日の丸を視る目』を展示いたします。


 2000年腎臓癌、2001年直腸癌を患った石川は2度の手術を乗り越えた後、自分の肉体を直視しセルフポートレイトを撮り始めました。
人工肛門を曝け出しレンズに向かって笑う彼女には、壮絶な写真家魂が宿っています。
近作の多くは携帯のカメラで自身の肉体や家族を真正面から斬新な構図で捉えています。


 シリーズ『日の丸を視る目』では、逆に被写体を自身からモデルに移し、モデルたちに日の丸の国旗をもたせ『貴方にとって国家日本とは?』という問いを突きつけ表現してもらい、その場面を撮影しています。
1993年から始まったこのシリーズは今や被写体となるモデルが140名を越え、現在も進行中のプロジェクトです。
今回はその中から最近作約18点を展示します。

 またZEN FOTO GALLERYでは、『Life in Philly』と『熱き日々 in キャンプハンセン』の2シリーズを展示いたします。
石川真生は1986年夏、米兵として沖縄に駐留していた友人の住むフィラデルフィアを訪ね、約2ヶ月半滞在しています。
現地で出会う黒人たちを迫力ある構図で撮影したシリーズ<Life in Philly>。
20年を経た今なお、黒人たちの高笑いと熱いシャッター音が見るものを圧倒します。
展示されるのは約60枚のヴィンテージプリントになります。


また1982年に石川がはじめて出版した写真集『熱き日々 in キャンプハンセン』から、当時の貴重なプリントも展示します。

 時と場所を隔てた4つのシリーズが、彼女の実像を鮮明に浮かび上がらせるでしょう。是非ご高覧下さい。


□-■--□-■--□-■--□-■--□-■--□-■--□-■--□- ■--□

 
開催事項
石川真生 写真展

第1会場:
TOKIO OUT of PLACE(広尾)
『セルフポートレイト −携帯日記−』 約70点
『日の丸を視る目』  最近作18点

期間:2010年7月23日(金)−8月21日(土)
open 水ー土 12:00 - 19:00 日月火祝休廊

 7月24日 (土) 17:00〜サイン会+トークショー『真生のぶっちゃけトーク』
入場無料

会場:
TOKIO OUT of PLACE
106-0047 東京都港区南麻布4-14-2 麻布大野ビル3F
tel・fax 03-5422-9699
open : 水 - 土  12:00 - 19:00
 
 アクセス:http://outofplace.jp/TOKIO%20OoP/Access_Contact.html

mail : contact at outofplace.jp
HP : www.outofplace.jp/
twitter : http://twitter.com/tokiooutofplace

−−−−−−
第2会場:
ZEN FOTO GALLERY(渋谷)
『Life in Philly』 ヴィンテージプリント約60点
『熱き日々 in キャンプハンセン』 ヴィンテージプリント約15点

期間:2010年7月23日(金)−8月15日(日)

ゲストに今福龍太氏を迎え、石川との対談が実現します。
期日:7月23日(金) 19:00〜石川真生写真集サイン会
19:30〜今福氏との対談
入場料\1,000-を頂戴します。
期間を通してサイン会、トークショー以外は入場無料です。


会場:ZEN FOTO GALLERY(渋谷)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-17-3渋谷 アイビスBld B1

open 水ー金12:00 - 19:00
土日12:00-17:00 月火祝休廊
アクセスマップ
http://www.zen-foto.jp/web/html/map.html

http://www.zen-foto.jp/

□-■--□-■--□-■--□-■--□-■--□-■--□-■--□- ■--□


写真集『LIFE IN PHILLY』好評発売中!!

両会場で写真集『LIFE IN PHILLY』(2,500 税込)を販売します。
またオリジナルモダンプリント(六つ切りサイズ, 写真集には掲載されていない2種類のイメージ)と写真集を組み合わせたスペシャル版(各15組限定 \30,000 税込)を石川真生直筆のサイン入り
で販売いたします。

 ===============================
石川真生
mao-i at nirai.ne.jp
http://blog.livedoor.jp/ishikawamao/




関西での写真展


下記の写真展が行われていると教えていただきました。
お近くの方は、お出かけください。

山本英夫ミニ写真展『普天間基地と辺野古』
8月2日〜24日 9時〜17時
阪南中央病院西館1F廊下
主催 阪南中央病院労働組合
問合せ 072-331-1919(直通)




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内