[CML 005271] Re: 警察当局の「在特会」初摘発について

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2010年 8月 12日 (木) 09:44:08 JST


石垣さん

報道によれば、今回の在特会幹部4人逮捕は、「京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で『日本から
出て行け』と拡声機で叫んで授業を妨害するなどした(略)威力業務妨害容疑など」(朝日新聞、2010年8月
10日)刑法犯容疑による逮捕です。「など」の中には「人種差別撤廃条約違反」容疑は含まれていないと思
います。

政府・外務省が人種差別撤廃条約の「第4条(注1)の定める概念は、様々な場面における様々な態様の
行為を含む非常に広いものが含まれる可能性があり、それらのすべてにつき現行法制を越える刑罰法規
をもって規制することは、(略)罪刑法定主義といった憲法の規定する保障と抵触する恐れがあると考え」
て、同条約「第4条(a)及び(b)について留保を付」(注2)している以上、単なる捜査機関にすぎない警察が
政府の見解を超えて人種差別撤廃条約違反容疑を適用することはありえないでしょう。

注1:人種差別撤廃条約第4条(下記参照)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/conv_j.html#1
注2:人種差別撤廃委員会の日本政府報告審査に関する最終見解に対する日本政府の意見
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/iken.html

政府・外務省が人種差別撤廃条約第4条(a)及び(b)について留保をしている前提の認識は、「右留保を撤
回し、人種差別思想の流布等に対し、正当な言論までも不当に萎縮させる危険を冒してまで処罰立法措
置をとることを検討しなければならないほど、現在の日本が人種差別思想の流布や人種差別の扇動が
行われている状況にあるとは考えていない」というものです。現在ただいま私たちの国で起きている人種
差別の実体をフォローしえていないまったく誤れる認識といわなければならないと思います。

しかし、今回の在特会幹部4人逮捕は、これまで同在特会のヘイトクライム(暴力犯罪)を見てみぬふり
をして放置してきた捜査機関の対応からは一歩前進しています。この一歩前進は市民社会の怒りを明
らかに反映する一歩前進として評価してよいものだと思います。

ただし、ジャーナリストの斎藤貴男さんが注意を促しておられるように今回の警察権力の行使の延長とし
て「反戦デモのような活動にも、同様の取締りがなされないとも限らない。言論統制の意図がないか、反
体制的活動の封じ込めにつながらないか、きちんと見守る必要がある」ということを述べたのが先のメー
ルの趣旨です。

今後の私たちの課題は、今回の在特会幹部4人逮捕に安心することなく、さらに政府に対して、人種差
別撤廃条約第4条(a)及び(b)についての留保の撤廃を求めていくこと。また、同条約を実効性のあるもの
にするための人種差別禁止法の制定を求めていくこと、ということになるのだと思います。


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi


----- Original Message ----- 
From: "motoei" <motoei at jcom.home.ne.jp>
To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
Sent: Thursday, August 12, 2010 6:26 AM
Subject: [CML 005268] Re: 警察当局の「在特会」初摘発について


> 東本さん
> お世話さま。
> 今回の逮捕は人種差別撤廃条約違反による、とはなりませんか。
> 単なる授業妨害とされているのですか。
>                            石垣
>
> Subject: [CML 005259] 警察当局の「在特会」初摘発について
>
>
>> みなさんすでに報道でご存知だと思いますが、「『在特会』初摘発、4人逮捕」の件は本MLでは情報として
>> まだ紹介されていませんので、以下を情報として発信しておきたいと思います。
>>
>> この件については「薔薇、または陽だまりの猫」ブログがこの件について比較的詳しく報道している朝日新
>> 聞名古屋版の各報道を手際よくまとめられていて参考になります。容疑者の写真付きの同紙記事とともに
>> 下記にリンクを貼っておきます。
>>
>> ■在特会幹部ら4人逮捕  京都府警、朝鮮学校の授業妨害容疑/朝日新聞(薔薇、または陽だまりの猫 
>> 2010年8月10日)
>> http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/8794ff0532c816c8fda5fd252258554c
>> ■在特会幹部ら4人を逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑(朝日新聞 2010年8月10日) 
>> http://www.asahi.com/national/update/0810/OSK201008100099.html
>>
>> なお、やはり10日付の朝日新聞夕刊にジャーナリストの斎藤貴男さんの下記のようなコメントが掲載され
>> ているようです。【】内は私たちとして心しておきたい斎藤さんの警鐘です。
>>
>> 「言論の自由は、弱い立場のものから強い立場の者への批判を保障するためのものだ。今回の事件は、
>> 弱者に対する中傷でしかなく、これを言論の自由といってしまえば、どんな差別も許されることになってしま
>> う。【一方、警察が捜査に乗り出すのは当然といいたいところだが、反戦デモのような活動にも、同様の取
>> 締りがなされないとも限らない。言論統制の意図がないか、反体制的活動の封じ込めにつながらないか、
>> きちんと見守る必要がある】」
>>
>>
>> 東本高志@大分
>> taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
>> http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi
>>
>>
>
> 



CML メーリングリストの案内