[CML 005259] 警察当局の「在特会」初摘発について

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2010年 8月 11日 (水) 10:33:32 JST


みなさんすでに報道でご存知だと思いますが、「『在特会』初摘発、4人逮捕」の件は本MLでは情報として
まだ紹介されていませんので、以下を情報として発信しておきたいと思います。

この件については「薔薇、または陽だまりの猫」ブログがこの件について比較的詳しく報道している朝日新
聞名古屋版の各報道を手際よくまとめられていて参考になります。容疑者の写真付きの同紙記事とともに
下記にリンクを貼っておきます。

■在特会幹部ら4人逮捕  京都府警、朝鮮学校の授業妨害容疑/朝日新聞(薔薇、または陽だまりの猫 
2010年8月10日)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/8794ff0532c816c8fda5fd252258554c
■在特会幹部ら4人を逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑(朝日新聞 2010年8月10日)
http://www.asahi.com/national/update/0810/OSK201008100099.html

なお、やはり10日付の朝日新聞夕刊にジャーナリストの斎藤貴男さんの下記のようなコメントが掲載され
ているようです。【】内は私たちとして心しておきたい斎藤さんの警鐘です。

「言論の自由は、弱い立場のものから強い立場の者への批判を保障するためのものだ。今回の事件は、
弱者に対する中傷でしかなく、これを言論の自由といってしまえば、どんな差別も許されることになってしま
う。【一方、警察が捜査に乗り出すのは当然といいたいところだが、反戦デモのような活動にも、同様の取
締りがなされないとも限らない。言論統制の意図がないか、反体制的活動の封じ込めにつながらないか、
きちんと見守る必要がある】」


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi



CML メーリングリストの案内