[CML 005255] Re: グランサコネ通信24「思想の誤植について」

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2010年 8月 11日 (水) 00:02:58 JST


前田さん

グランサコネ通信掲載の花崎皋平論/批判を拝読しました。

私は花崎教徒ではないのですが、花崎さんの本は『生きる場の哲学』(岩波新書、1981年)以来読んで
います。もうかれこれ30年来の読者ということになるでしょうか。上記の『生きる場の哲学』に私は多く
のことを学びました。私は当時挫折の真っ只中にいましたのでほんとうにこの本には多くのことを学び
ました。在日朝鮮人作家の高史明(コ サミヨン)を知ったのもこの本によってでした。十二歳で自死した
高史明の子息の死という事実とともに。

アイヌ民族を題材にした『静かな大地』も読みました。そして、いっそう花崎さんに尊敬の念を持つよう
になりました。

前田さんが言及されている花崎皋平・徐京植論争も『みすず』誌上で読みました。そして、同論争の発
火点となった『ナショナリズムと『慰安婦』問題』(日本の戦争責任資料センター/編、青木書店、1998
年)も読んでみました。徐京植(ソ キョンシク)さんの論の正当さを肯いながらも、それでも花崎さんへ
の尊敬の念は変わりませんでした。

そしていま、前田さんの花崎皋平論/批判を読みました。前田さんの花崎批判には肯えるところが多
いです。

その前田さんの論の正当さを検証する意味もこめて花崎さんの『田中正造と民衆思想の継承』(七つ
森書館、2010年)を読んでみます。そして、私の花崎皋平観をも検証してみます。それによって花崎さ
んへの厳しい見方が加わったとしても花崎さんを尊敬する私の気持ちはおそらく変わらないでしょう。
もちろん、前田さんも花崎さんを尊敬するからこその批判であることもわかっております。

ともあれ、前田さんのご論に触発されたことをお伝えしておきたいと思いました。

ありがとうございました。


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi

----- Original Message ----- 
From: <maeda at zokei.ac.jp>
To: <muboubi at peace.cside.to>
Cc: "人種差別NGOネット" <erd-net at sml-z5.infoseek.co.jp>; "VAWW NET" <vaww-net-jm at list.jca.apc.org>; "市民のML" 
<cml at list.jca.apc.org>; "pmn" <pmn-ml at jca.apc.org>; "市民社会フォーラム" <civilsocietyforum21 at yahoogroups.jp>
Sent: Tuesday, August 10, 2010 7:21 PM
Subject: [CML 005252] グランサコネ通信24「思想の誤植について」


> 前田 朗です。
> 8月10日
>
> グランサコネ通信24「思想の誤植について」をブログにアップしました。
>
> 社会運動、とりわけ北海道の社会運動の世界では非常に大きな影響力を有する花
> 崎さんの『田中正造と民衆思想の継承』(七つ森書館、2010年)が出ていま
> す。田中正造や、そのほかに3人の民衆思想家を取り上げ、自らを含めて民衆思
> 想を称揚している本です。しかも、「40年以上にわたるライフワークの集大成」
> とあります。花崎さんの本を何冊も読んできた私としては、当然、必読書。
>
> しかし、結論を言えば「これがライフワークなら、速やかに退場しなさい、レッ
> ドカード」です。
>
> 花崎教徒には反発を買うことでしょうが、本書への疑問を少し書いてみました。
>
> お暇と関心のある方は、下記へどうぞ。
> http://www.maeda-akira.net/
>
>
>
>
>
> 



CML メーリングリストの案内