[CML 005254] 声明 沖縄県知事選挙 伊波さんに連帯・支援を

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 8月 11日 (水) 00:00:41 JST


政治の変革をめざす市民連帯(略称:市民連帯)の紅林進です。
  市民連帯では、以下の声明を発しました。
  日米政府による県内移設強行を阻止するためにも、
  沖縄県知事選挙 伊波さんに連帯・支援を広げましょう!
   
   
  声明 沖縄県知事選挙 伊波さんに連帯・支援を
   
   11月11日告示、28日投開票の沖縄県知事選に向け、県政野党の
  社民党県連、共産党県委、社大党でつくる候補者選考委員会(委員長
  ・新里米吉社民党県連委員長)は8月7日、宜野湾市長の伊波洋一氏
  (58歳)と宜野湾市農協会館で面談し、出馬を要請した。伊波氏は
  「沖縄の将来を決定付ける知事選の予定候補者として出馬を要請され、
  責任の重さと身の引き締まる思いを感じている。支援をいただいている方々
  とも相談して早期に要請に応えていきたい」と述べ、要請を受諾する意向を
  示した。
  
 候補者選考委員会は、普天間基地の県内移設断念やカジノ導入反対
  など、3党で合意した5項目の基本姿勢についても手渡した。
  
 何としても伊波氏の勝利によって、日米政府による普天間基地の県内
  移設を阻止しなければならない。私たち政治の変革をめざす市民連帯は、
  伊波さんの勝利にむけて積極的に活動する。本土での連帯・支援活動
  が決定的に重要である。沖縄在住者の名簿集中や連帯集会の開催が
  必要である。
  
 選挙情勢は、現職の仲井真弘多知事も立候補の意向を表明しており、
  先の参院選選挙区に立候補できなかった民主党のなかには仲井真支持
  の声も相当ある。参院選での選挙区の得票から判断すれば、3党が合流
  すれば、自民党票を上回る。
   
   仲井真知事も「県内移設」には反対を表明せざるをえなくなっているが、
  彼の再選は、菅直人政権による移設強行の可能性を広げることになる。
  伊波勝利こそが、米軍基地撤去への活路である。
 連帯・支援を強く呼びかけます。
  
2010年8月9日
  
政治の変革をめざす市民連帯(代表・岡本磐男)

 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内