[CML 005206] 本日5日夜、武器三原則で徹底討論(当日参加も可)

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2010年 8月 5日 (木) 03:04:21 JST


東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。
既にご案内している以下の企画が今夜に迫りました。会場もあの
拓殖大学といわゆる「アウェイ」ですが、事前申込の参加者も「三
原則」緩和(骨抜き)に期待する方々が多いようです。そんなわけ
で、めったにないこの企画、当日参加もOKですのでご都合つく方
はぜひお越しください。しつこいようですみません。(重複失礼)

……………………………………………………………………………………

「武器と市民社会」研究会セミナー 第三回

■武器輸出三原則は緩和すべきか?
 徹底討論:佐藤丙午・田中伸昌・青井未帆・杉原浩司

【日時】2010年8月5日(木) 19:00〜21:15(18:30開場)
【場所】拓殖大学文京キャンパスC館4階C-404教室
【住所】〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14
【地図】アクセスhttp://www.takushoku-u.ac.jp/map/acc_b.html
    (東京メトロ丸の内線茗荷谷駅下車徒歩3分)
キャンパス内マップ http://www.takushoku-u.ac.jp/map/map_b.html
【主催】「武器と市民社会」研究会/拓殖大学海外事情研究所
【後援】特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン

【登壇者】
<報告・討論>
佐藤丙午(拓殖大学海外事情研究所 教授)
田中伸昌(日本戦略研究フォーラム 政策提言委員)
青井未帆(成城大学法学部 准教授)
杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)
<司会>
森山隆(新聞記者)

【参加費】無料

【概要】
●1967年に日本政府は、武器輸出三原則を発表しました。この三原則で
は、共産圏の国に対する武器輸出、国連決議で武器輸出が禁止されてい
る国に対する武器輸出、国際紛争の当事国(紛争の恐れのある国を含む)
への武器輸出が禁止されました。その後1976年には、「三原則対象地域
以外の地域については、「武器」の輸出を慎む」との政府統一見解が公
表されました。
●その一方で、政府は、1983年に対米武器技術供与に踏み切ったことを
皮切りとして、一部の案件については三原則の例外とすることを決定し
ています。
●この三原則には賛否両論があります。平和国家という日本のイメージ
に貢献していることが評価される一方で、国内開発武器の価格高騰や防
衛産業の国際的な競争力の低下なども指摘されています。武器輸出三原
則は、これまでの日本にとってどのような役割を果たしてきたのでしょ
うか?日本は三原則を維持すべきなのでしょうか、それとも、ある程度
緩和すべきなのでしょうか?今回のセミナーでは、これらの問いについ
て、徹底討論します。

【参加方法】
[事前登録制]
8月4日(水)迄に、下記の「武器と市民社会」研究会事務局担当宛に、
Eメールでお申込ください。
事務局担当:夏木碧 (オックスファム・ジャパン)
メールアドレス:aacs_seminar at oxfam.jp
メールの件名を「武器と市民社会セミナー参加申込」とし、メール本文
に,名前、△棺蠡亜↓J嵜用メールアドレスをご記入のうえ、送信
ください。
※定員(60人)に達した時点で締め切りとさせていただきます。
参加費:無料
[お問い合わせ先]
上記事務局担当にメールでお問い合わせください。メールでのお問い合
わせが困難な場合は、オックスファム・ジャパン事務所(03-3834-1556)
までお電話いただけましたら、担当者より折り返し連絡をいたします。

【登壇者紹介】

●佐藤丙午(さとうへいご) 
拓殖大学海外事情研究所教授。元防衛庁防衛研究所主任研究官。専門分野
は国際関係論、アメリカ政治外交、安全保障論(軍備管理・軍縮)など。
論文に「安全保障と公共性―その変化と進展―」(『国際安全保障』2008
年9月)、「防衛産業のグローバル化と安全保障」(『国際政治』2008年)など。

●田中伸昌(たなかのぶまさ)
日本戦略研究フォーラム政策提言委員。1997年航空自衛隊第4補給処長を
最後に退官。退官後日立製作所に顧問として勤務(2008年退社)する傍ら、
日本戦略研究フォーラム、平和安全保障研究所、ディフェンスリサーチセ
ンター等で安全保障・防衛問題等の委託研究に従事。

●青井未帆(あおいみほ)
成城大学法学部准教授。専門分野は憲法9条論、憲法訴訟論など。論文に
「武器輸出三原則を考える」(『信州大学法学論集』2005年)、「『武器
輸出三原則の見直し』について ―― 法的安定性強化という視点の必要性」
(『軍事同盟のない世界へ ―― 安保条約改定から50年』2010年)など。

●杉原浩司(すぎはらこうじ)
「核とミサイル防衛にNO!キャンペーン」に2000年の発足当時より参加
し、事務局として活動。国際NGOネットワーク「宇宙への兵器と原子力
の配備に反対する地球ネットワーク」日本アドバイザー。『宇宙開発戦争』
(ヘレン・カルディコット他、作品社、09年)に「日本語版解説」を執筆。

●森山隆(もりやまたかし)
新聞記者。専門は軍縮、軍備管理、不拡散に関する国際法規制。2007年、
英国国際戦略研究所(IISS)勤務。

【当研究会の概要など詳しくは研究会ブログをご覧ください】
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-37.html




CML メーリングリストの案内