[CML 005184] 「王道楽土」は幻だった

坂井 貴司 donko at ac.csf.ne.jp
2010年 8月 3日 (火) 23:28:08 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 1931年、中国東北部に駐屯し、関東軍と呼ばれた日本陸軍部隊は謀略によ
り満州事変を起こし、あっという間に同地方を占領しましました。そして清帝国
の最後の皇帝「ラストエンペラー」溥儀を担ぎ出して傀儡国家「満州国」を作り
ました。
 
 1936年、日本政府は貧困問題の解決、食糧不足、対ソビエト防衛のために
「満州国」に日本人農業移民を送ることを決定しました。多くの日本人が豊かな
生活を夢見て移住しました。満州に行けば自作農になれる、うまくいけば地主に
なれると思って移住しました。
 
 その「満蒙開拓移民団」の中に、男子の子どもたちだけで編成されたものがあ
りました。現在の中学生・高校生の年齢でした。「満蒙開拓青少年義勇軍」と呼
ばれました。多くが農地の相続が出来ない農家の次男,三男でした。中には孤児
もいました。
 
 「満州へ行けば輝かしい未来が待っている」と吹き込まれ、希望に燃えて義勇
軍に入隊した子どもたちは厳しい訓練を受けたあと、日本海を越えて「満州」各
地へ入植しました。そこで待っていたのは、厳しい気候と、土地を強奪された中
国人農民の憎悪でした。そして1945年8月9日、ソビエトの対日参戦で、
「王道楽土」は戦場と化しました。義勇軍の子どもたちはソビエト軍や中国人と
の戦いで次々に死亡しました。そして難民となり、飢えや寒さで死んでいきまし
た。
 
 国策に踊らされ、侵略の先兵になった長野県の満蒙開拓青少年義勇軍・第七次
斎藤中隊の生存者たちが語ります。
 
 NHKBShi
 
 「王道楽土を信じた少年たち」(仮題)  
 http://www.nhk.or.jp/shogen/schedule/heishi_yotei.html

        8月11日 (水) 午後8時00分〜 
        
        再放送 8月15日(日)午後4時30分〜 
        
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
==============================
クリック募金サイトです。
1クリックで人助けができます。

イーコロ!クリック募金
http://clickbokin.ekokoro.jp/
クリック募金
http://www.dff.jp/index.html
募金パーク
http://www.bokinpark.com/
Click to Give
http://www.thehungersite.com/clickToGive/home.faces?siteId=1
1日1クリック募金集
http://park7.wakwak.com/~f-x/THEOLOGIA/bokin.html
       


CML メーリングリストの案内