[CML 005169] ★関西のスト情報第5弾★

まっぺん mappen at red-mole.net
2010年 8月 2日 (月) 23:29:49 JST


【転載・転送歓迎】
まっぺんです。複数のMLに流します。重複ご容赦下さい。
私の掲示板『四トロ同窓会二次会』に投稿された生コンスト情報です。
http://6305.teacup.com/mappen/bbs

-------------------------------------------------------------------------

関西のスト情報第5弾  投稿者:生コン関連スト支援  投稿日:2010年 8月 2日(
月)22時40分29秒 

  少し冗長なスト報告になっているでしょうか。ご批判ご質問ご意見を活発にお寄せ
ください。また、皆さんの掲示板を塞ぎ過ぎているのならご指摘ください。

もし、この報告に共感いただけるのなら、関生支部・近圧労組へ支援のメッセージを
送って下さい。労組の方なら労組名で、個人なら個人として、自営業者や中小企業経
営者なら経営者として支援のメッセージをお願いします。さらに、この闘いの現状を
全国に広めてください。

2ヶ月目に突入したこのストライキ闘争が孤立していないことを知ることは、闘う者
に大きな勇気を与えます。

<ゼネコンは独占禁止法に違反してまで、協組に分断介入をしかける>

 建設業協会の中に、資材研究会という機関が設けられている。日本を代表するゼネ
コン20社の資材の調達・購買部の責任者が月1回集まり協議する。現在の大阪の資
材研委員長は、竹中工務店大阪本店調達部課長代理である。

 大阪府下の大きな建設工事は、竹中工務店、大林組という大阪を拠点とするスーパー
ゼネコンが過半を占めている。特に、竹中工務店と住商セメント(住友商事の100%
子会社)のチームは、膨大な量の生コンを安く買い叩いている。

 今回の生コン値上げの特徴は、契約形態の変更を含む。生コンの販売契約の拘束期
間は長期になる。建設工事が長期にわたるからだ。この過程で、原材料や燃料が高騰
しても、契約した価格で出荷しなければならない。そこで、協組は周知期間を置いて、
価格改正の時期を決め、それ以降の生コン価格は過去の契約価格に拘束されないとす
る「出荷ベース」という契約変更に取組んでいる。

 よって、影響を最も受けるのが竹中・住商といえる。この竹中が先頭に立って、ス
トライキと生コン価格の適正化に立ちはだかっている。最近も生コン協組の分断を図
り、一本釣りで協組解体を画策し、ストライキ突破を図ってきた。労組側に、ものの
見事にその意図を見抜かれ、策動を粉砕された。

 さて、事業協同組合は、中小企業等協同組合法で独占禁止法(私的独占の禁止及び
公正取引の確保に関する法律)適用を除外されている。だから統一的な価格表を打ち
出すことができる。本来不利な大企業との取引関係を是正するものとしてある。

 ところが、これに対抗するべく、1社で1兆円を超える売上を誇る日本有数のゼネ
コンが協議・対策している場合は、明らかに独占禁止法違反である。不当な協組介入
は第19条(不公正な取引方法の禁止)及び一般指定第14号(優越的地位の濫用)に抵
触する。

 しかし、この長期ストライキの過程で、竹中の強引な手法と竹中の自社中心主義に
疑問を持つ動きも出てきた。独禁法違反のおそれも配慮しているのだろう。すでに、
スーパーゼネコンを含む資材研8社の工事現場では、適正価格に応じた生コンを購入
している。

 8月2日現在、闘いは2ヶ月目を迎える。建設に携わる労働者・自営業者・中小零
細企業の数は多い。生活費捻出や資金繰りに奔走しなければならない。しかし、この
闘いが中小零細企業や労働者を踏み台にしてきたゼネコンの姿を暴き出していること、
ゼネコンの産業支配の終わりの始まりと期待し、共感する人々も多いのではないだろ
うか。



CML メーリングリストの案内