[CML 003876] Fwd: [muennews:00145] 無煙ニュース

peace-st at jca.apc.org peace-st at jca.apc.org
2010年 4月 29日 (木) 06:06:05 JST


野村修身です。

無煙ニュース145号を転送します。
転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

喫煙のかわりに、「かみたばこ」や「かぎたばこ」など、いわゆる無煙タバコ
を使用するという考えがありますが、これらの無煙タバコは、口やのどのがん
とや心臓への悪影響があると、指摘されているようです。煙草葉を使う限り、
健康への悪影響は避けられないようです。
                   _________________________________________________
                   NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st at jca.apc.org
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Forwarded by NOMURA; Osami <peace-st at jca.apc.org>
----------------------- Original Message -----------------------
From: 土森 武友  <tsuchi_tk at ybb.ne.jp>
To: muennews at tsuchi-ml.net, uen at nosmoke.jp
Date: Wed, 28 Apr 2010 03:20:51 +0900
Subject: [muennews:00145] 無煙ニュース
Cc:  
---
219,000本のタバコを踏ん付けるユニークな禁煙広告/豪
http://rocketnews24.com/?p=31155
豪シドニーで製薬会社が禁煙を訴えるために、ちょっと変わった広告
が展開し話題を呼んでいる。透明なアクリル板の下に大量の模造品の
タバコを敷き詰めたもので、タバコの数は219,000本。実はこの数、1
日20本ずつタバコを30年間吸い続けた場合の総本数なのだそうだ。
この広告を展開していたのは、世界最大手の医薬品メーカー『ファイ
ザー製薬』のオーストラリア支社。広告会社と組んでシドニーの歩行
者天国『マーチンプレース』に設置された。透明のアクリル板の下に
は、219,000本の模造タバコが敷き詰められた。その上を歩く人たち
は、タバコを踏みつけることになる。これは喫煙を根絶することを意
味する踏み絵である。
この広告を手掛けた広告会社の常務は、「平均的な喫煙者は、一生の
間にどれだけの数のタバコを吸っているのか知らない。それを目の当
たりにすることは衝撃的だろう。喫煙について考える機会にしてもら
いたい」と語った。
219,000本もの量を1度に見ることは、なかなかないだろう。これが全
てゴミになると思うと、喫煙する意欲も損なわれるのかも知れない。
現在、広告は展示期間を終了し撤去されているが、次の出番のために
安全な場所に保管されているとのことだ。


メジャー名物、あの「くちゃくちゃ」なくなる?
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20100426-OYT1T01447.htm
 メジャーリーガーがプレーの最中にかみたばこをクチャクチャと
やる。大リーグならではの、こんな光景が消える日が来るかもしれ
ない。
 米下院エネルギー商業委員会の健康問題小委員会で今月、かみた
ばこを含む「無煙たばこ」に関する公聴会が開かれ、青少年への影
響が大きいとされる大リーグでの禁止の是非についても議論された。 
 大リーグではマイナーも含め選手の公の場での紙巻きたばこの喫
煙は禁止だが、無煙たばこはマイナーのみ禁止でメジャーは対象外。
米国がん協会が1998年と2003年に行った調査では、大リー
ガーの約36%が無煙たばこを使っていると回答した。
 米疾病対策センター(CDC)によると、全米の死者の5分の1
は、死因にたばこが関係しており、無煙たばこは、口やのどのがん
との因果関係や、心臓への悪影響があると指摘されている。
 公聴会は、未成年者の無煙たばこ使用が増えているとの報告をも
とに今月14日に開かれ、CDCのテリー・ペチャセック氏は、紙
巻きより安全と考える若者が多いことを問題視した。また、大リー
グ関係者の一人として出席した元選手のジョー・ガラジオラ氏は
「私も選手時代は使った。だが多くの友人が早死にした」と訴えた。
 現場ではどうか。ハンター(エンゼルス)は、「自分は使わない
から気にしない。ただ、今はあまり見ないけどね」と、使用が減少
傾向にあると感じている。一方で「大人が自分の判断でやっている
こと。禁止すべきでない」というレイバーン(タイガース)のよう
な反対意見もある。
 エンゼルスのソーシア監督は「議論せざるを得ない問題。体に悪
いことはわかっている」と禁止に理解を示す一方で「国民の権利と
どう折り合いをつけるか。野球ばかりやり玉に挙げるのもどうか」
と、規制に疑問も呈した。
 公聴会では、大リーグのマンフレッド労働担当副会長が、趣旨は
理解しながらも「全米50州で合法のものをどう禁止するか」と指
摘した。染みついた習慣に手を入れるのは、ドーピング検査の導入
よりはるかに難しい作業と言えそうだ。(ロサンゼルス、萱津節)
 ◆無煙たばこ=JT広報室によれば、細かくしたタバコの葉をガ
ムのように固めた「かみたばこ」と、葉タバコの粉を唇と歯茎の間
に挟んで口腔(こうこう)や鼻腔で香りを楽しむ「かぎたばこ」に主
に分類され、海外では広く普及している。JTが5月に発売予定の
無煙たばこはカートリッジに葉を詰めてパイプに取り付けて吸うも
ので同社は「ニコチンの吸収量は紙巻きたばこの20分の1以下」
としている。

【写真】試合途中、かみたばこを口に入れる、ジャイアンツのリン
スカム投手=2009年7月、ロイター

(2010年4月27日12時09分  読売新聞)


千葉・柏、公共施設は屋外も禁煙 5月から
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042401000522.html
 千葉県柏市は24日までに、市が所有するすべての公共施設で屋外
の敷地も禁煙にすることを決めた。公園も対象。5月31日の世界禁
煙デーから実施する。市は「このような取り組みを自治体が打ち出す
のは、珍しいのではないか」としている。
 柏市はこれまで公共施設の建物内を禁煙にしていた。しかし屋外と
はいえ建物のそばなどでたばこを吸う人がいれば、子どもや非喫煙者
が煙を吸ってしまう危険性を完全になくすことはできないと判断。子
どもの利用が想定される公共的空間では、屋外でも受動喫煙防止の配
慮が必要との厚生労働省通知も2月にあり、今回の措置に踏み切った。
 市によると、対象施設は計589カ所で、うち公園は450。条例
化はせず、罰則は設けないが、敷地内に現在ある灰皿は撤去する。


公共施設敷地内を禁煙  全国2例目、喫煙場所も全廃 来月から柏
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1272074173
 柏市の秋山浩保市長は23日の定例記者会見で、「世界禁煙デー」
の来月31日から、市が所有する全公共施設の敷地内を全面禁煙にす
ると発表した。これまでも公共施設の建物内禁煙は行っていたが、対
象を「敷地内」に拡大することで、建物近くの屋外にあった喫煙場所
も全廃となる。市によると、公共施設の敷地内全面禁煙は、大阪府吹
田市に次いで全国2例目。
 柏市が対象とする施設は、市役所・近隣センター・図書館など公共
施設や公園・スポーツ施設などで、計589カ所。
 公共施設で行っていた建物内禁煙では、非喫煙者が受動喫煙する可
能性を完全になくすことができないとして、敷地内禁煙に踏み切る。 


全面禁煙:柏市施設全589カ所、来月31日から 市民の反応さまざま /千葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100425-00000061-mailo-l12
 ◇全国自治体2例目
 柏市は23日、市役所や図書館、公園など市の全施設589カ所の
敷地内を5月31日から全面禁煙にすると発表した。市によると、全
国の自治体で2例目。秋山浩保市長は「分煙では他人の煙を吸う受動
喫煙を完全に防げない。愛煙家はつらいと思うが、ぜひ協力を」と話
すが、市民や市職員から「一方的だ」と批判も出ている。
 「世界禁煙デー」の5月31日から実施し、施設内の喫煙スペース
は廃止する。駅や県、国の公共施設は対象外。条例化はせず、罰則も
ないが「市民のモラルに訴える」という。路上喫煙を条例で禁じてい
る柏駅周辺に、例外として設けている喫煙所3カ所も同時に廃止する。
 市民の反応はさまざま。来庁した主婦(62)は「多くの人が利用
するので当然」と歓迎する。一方、男性会社員(45)は「分煙ルー
ルを守っているのに、なぜだめなのか。市民の意見を聞いて決めてほ
しい」と不満を口にした。市職員は昨年4月から勤務時間中は禁煙と
され、50代の職員は「今後は昼休みも吸えない」と嘆く。
 先行する大阪府吹田市は昨年4月に市の施設を禁煙としたが、高齢
の喫煙者の利用が多い公民館などで反発が強かったという。同市の広
報担当者は「『施設の外やったら、ええのやろ?』と道で吸う市民も
いて、建物の外で喫煙を一部認めるなど規制を緩めた。現実はなかな
か厳しい」と打ち明けた。【早川健人】


柏市の施設全面禁煙へ 来月31日から 喫煙所や灰皿完全に撤去
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20100427-OYT8T00037.htm
 柏市は5月31日から、公園450か所も含む市有施設589か所
の敷地内を全面禁煙とする。県によると、屋外施設も含めて、喫煙所
や灰皿を完全に撤去してしまう全面禁煙は、県内の市町村で初めて。
厚生労働省は2月、全国の自治体に「公共的な空間については原則と
して全面禁煙であるべき」と通知しており、今後、県内でも同市に追
随する動きがありそうだ。
 世界禁煙デー(5月31日)にタイミングを合わせた、受動喫煙に
よる健康被害を防ぐための措置で、市は同日までに、柏駅周辺の3か
所に設けている指定喫煙所も含め、市有施設内の喫煙所はすべて廃止
する。
 市は2003年から、公共施設の建物内で全面禁煙を実施。柏駅周
辺では、「市ぽい捨て等防止条例」に基づき、「歩きたばこ」を禁止
してきた。今回は、条例化はせず、罰則も設けない方針だが、新たに、
公園やスポーツ施設なども全面禁煙の対象とした。
 市は3月上旬、公共施設を対象にアンケートを実施し、50施設の
うち35施設が屋外に喫煙所を設置し、うち5施設で「受動喫煙の苦
情が寄せられている」との回答が寄せられた。
 煙が漏れない「喫煙ルーム」を新設する案も出たが、市は「現在の
財政状況では難しく、一部の喫煙者のために多額の税金をつかうこと
は非喫煙者の市民からは理解が得られない」と、具体的な検討は行わ
なかった。
 一方、老人福祉センターなどからは「雨風の当たらない場所で喫煙
できるようにしてほしい」などの要望もあったほか、灰皿を撤去する
ことでポイ捨てが増えて火災につながったり、公共敷地外の道路など
で新たな受動喫煙被害が起こったりするなど、懸念の声も寄せられた
という。
 県が昨年4月、県内市町村の主な施設での禁煙実施状況について行
った調査によると、市町村庁舎や保健センター、学校、体育館など3
153施設のうち敷地内や建物内を全面禁煙としているのは、約84
%にあたる2655か所だった。県健康福祉部健康ちば推進室は、
「柏市の措置が今後、他市町村に広がる可能性がある」と話している。


愛煙家へ卒煙塾/来月開講、受け付け開始/神奈川
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001004260004
 受動喫煙防止条例がスタートした県内で今度は、たばこをやめたい
人が禁煙に取り組む「かながわ卒煙塾」が開講する。26日から参加
の申し込みを受け付ける。
 まず、5月31日の世界禁煙デーの前後に「チャレンジ講座」を県
内5会場で開く。参加者は「卒煙宣言書」を出し、保健所職員らのア
ドバイス、禁煙外来への受診、禁煙補助薬の利用などで禁煙に挑戦す
る。9月に体験談や失敗談を披露する講座があり、10月末に「卒煙
式」もする。「卒煙証」のほか、禁煙を応援した家族や同僚にも「ア
シスト賞」を授与する。
 チャレンジ講座の会場は、横浜会場(5月29日、中区の県庁本庁
舎)▽川崎会場(同30日、高津区役所保健福祉センター)▽鎌倉会
場(6月6日、鎌倉市福祉センター)▽小田原会場(同12日、県小
田原合同庁舎)▽厚木会場(同13日、あつぎパートナーセンター)。
いずれも午後2時から午後4時半まで。
 講座の参加は無料だが、外来受診や薬を服用する場合は別途費用が
かかる。締め切りは各会場開催日の5日前まで。「卒煙塾」は県など
が出資する「かながわ健康財団」が主催する。
申し込みは同財団(045・243・6933)へ。
(加賀谷貴春)


喫煙やめたい人へ「卒煙塾」チャレンジ講座開催
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000508-san-l14
 喫煙をやめたい人を支援する「かながわ卒煙塾」の第1弾として、
「卒煙チャレンジ講座」が5月29日から神奈川県内5カ所で開かれ
る。講座の内容は、医師や薬剤師らの講演と禁煙方法に関する情報提
供など。自分に合った方法を選んで「卒煙宣言書」を出し、10月の
卒煙式を目指す。
 開催日は5月29日横浜(県庁本庁舎)▽30日川崎(高津区役所
保健福祉センター)▽6月6日鎌倉(鎌倉市福祉センター)▽12日
小田原(県小田原合同庁舎)▽13日厚木(あつぎパートナーセンタ
ー)。各会場とも午後2時〜4時半。講座に出席できない場合も、講
座内容をホームページで閲覧した上で宣言書を出せる。各開催日の5
日前まで申し込みを受け付ける。問い合わせは、かながわ健康財団
(電)045・243・6933。


喫煙は年130時間のムダ!「健康と生産性」の関係
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2010/20100517/14843/14849/

--------------------- Original Message Ends --------------------



CML メーリングリストの案内