[CML 003863] 民主党議員はマスコミのニュース報道ではなく、日本の戦後における政治歴史を学んでほしい。

中田 妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2010年 4月 28日 (水) 14:34:55 JST


==転送転載歓迎====

「選挙を市民の手に!」会員の中田です。

いつもメールを送らせていただきありがとうございます。
(重複おゆるしください)

昨日送信がうまくいかなかったので、下記再送信となりました。
何かの参考になれば幸いです。

******************************************
私も今日のニュース(27日)を目にして、
ポピュリズムが日本の社会を黒く覆い始めてきたことに、
あらためて危険な空気への、いかりで腹をたてています。

民主主義社会への一歩と、政権交代へ希望をつなぎ、
実現へむけてスタートしましたが、
鳩山首相と内閣と側近たちは、何を考えているのでしょう。

◆「分断して統治せよ」は、政治権力の常套手段!
ガンジーが気づいたようにイギリスの植民地もいい例です。
あたりまえに、どこでも使われています。

おかしな前原や仙石や生方たち議員のごたごた発言も。
すべて、宗主国アメリカ・CIA・渡辺恒雄(読売)・官僚・マスコミと、電通。
彼らはその指示によって行動していると。
このことをしっかり気づいている国民もたくさんいます。

岸信介は、A級戦犯からの交換条件で、
CIAのエージェント(助力者・スパイ)であったこと。
アメリカのために働きました。
そして正力松太郎(読売新聞設立者)の名前も、
アメリカの公文書にきちんと書かれ保存されています。

ところが、
自分たちが首根っこまで、国家官僚・検察権力と、
真の統治者であるアメリカに抑えられていることに、
民主党議員はまったく無自覚、無感覚。
うーん小泉政権とこれでは変わらないですね

民主党の議員は、国のほんとうの歴史を学んでください。
千葉景子法務大臣は、内閣と自分の立場の認識がまったく欠除。

根本原因は国会の政党政治である議員内閣制が、きちんと機能させられるように、
人事・役割が今回はかられていないと聞いています。

政権経験者である小沢党幹事長の役割を、党運営と、選挙のみの仕事に制限し、
鳩山首相は、小沢幹事長を閣議決定には参加できないように、排除しました。
(平野貞夫元民主党参議院議員のインタビューから)

とりまきの言動にのせられて動く総理大臣。
いい人を総理大臣にいいとは、国民はけして望んでなんかいないでしょう。

国民のだいじな「いのちと直結」しているのですから。
この時期に、奥さんとのんびり観劇などと、もっての他。

国のしくみを変えるため。
100年に一度の日本の激動期である大変な時だからこそ。
ワンポイントリリーフ投手としての 
アクがあっても、強力な政治力がきちんと使える人物を私も望みます。

だからこそ、属国である日本が独立のうごきをこれを恐れて、
今回、アメリカは政治資金スキャンダル(でもシロ起訴できなかった)を作り上げました。
特捜を使い、しつようにこの人物小沢の政治生命を長年つぶそうとしてきたのです。

戦後日本の歴史で、いくつもこのようなことが、
繰り返されつぶされてきた事実が書籍にたくさん書かれています。

統治機構としてのはたらきが、政治主導に移行できるために、
国民は、決断力をここぞという時に熟慮して出せる人間を、
トップリーダー像としてやはり願っているのではないでしょうか。

自分たちの党の同志・仲間である、政権をとるための最大の貢献者。
小沢幹事長を守れなくて、
どうして民主党議員は私たち国民のいのちが守れるのか!と。

これでは日本社会は法治国家だと、子どもたちに顔をあげて言えませんね(涙)

マスコミと巨大国家権力。検察と官僚、アメリカの支配は、戦後からずっとつづき、
これからも続くのでしょうか、、、たまりません。

<あるコメントより貼り付け>
*******************************************
週刊朝日で郷原信朗氏が語っていますが、これでは「検察不要論」も出て来るでしょうね。
「検察審査会」という素人の会議で起訴不起訴が決定されるようになる…というのも、
危険極まりない風潮に結びつくのでは、と危惧します。
これからは「推定無罪」という法理論より、「推定有罪」という市民感情の方が
≪第一義的に優先≫されるということになるでしょう。
そうなれば、≪市民感情≫なる曖昧なものを左右できるメデイアはますます増長していくに違いありません。
まぁ、そこまで心配する人は少数でしょうが。

*******************************************


CML メーリングリストの案内