[CML 003845] 転載 沖縄の声(政府要請団と連帯する東京集会) 4/26の報告

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2010年 4月 27日 (火) 04:58:06 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。
ビデオプレスの映画「君が代不起立」の上映運動から生まれた、
きみネット
(関連ホームページ
ビデオプレス
http://www.vpress.jp/)
を通して、
次のことを教えていただきました。
4/26受信。
転載します。




[kimi-net:2580] 沖縄の声(政府要請団と連帯する東京集会)


<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」 
・「千葉高教組」・「新芽ML」
の渡部です。 

本日(4月26日)、昨日の沖縄県民大会の<決議>を持って、
沖縄から100人以上の政府要請団が東京にやって来ました。

そして夜、<沖縄県民大会政府要請団と連帯する4・26東京集会>が、全電通労働会館で開かれました。
(主催:沖縄。一坪反戦地主会関東ブロック)

本日も、会場からあふれるほど参加者が集まりました。
(主催者発表600人)

集会に先立ち参加者に
県民大会の様子が大きなカラー写真入りで紹介された
<琉球新報・号外>が配布されました。
集会はまさに熱気溢れるものとなりました。

以下、集会での発言などを紹介します。

<在京沖縄出身者(上原成信さん)>
これまでもいろんな盛り上がりがあったが、握り潰されてきた。
今回の県民の盛り上がりは、
決して元に戻されるようなことがあってはならない。

<東京沖縄県人会(島袋さん)>
今度はヤマトンチューに、
「よし今度は俺たちがやる」と言ってもらいたい。 

<政府要請代表団代表(翁長雄志さん・市町村代表・那覇市長>
これまで基地の問題では県民同士がいがみ合ってきた。
今は県民の声を一つにして闘える状況になっている。
超党派で思いを一つにして乗り越えていく。

<県民大会とりくみ報告(新里米吉さん(県民大会事務局長・県会議員)
昨日の大会には全41市町村の首長(代理2名)が参加した。
県知事も参加した。県民総ぐるみの大会となった。
沖縄は、個々人や政治会派などがお互い苦悩しながら、
譲るところは譲りあって大同団結ができた。
全国の皆さんとも連帯・団結して解決のために頑張りたい。

<決意表明>
(伊波洋一さん:宜野湾市長)
 昨日の大会は大成功だった。
 本日、北沢防衛大臣にも要請した。
 政府は、国外も含めて追求すべきだ。

(稲嶺進さん:名護市長)
 市長選は多くの応援があり13年かかって「市民投票」と同じ結果になった。13年でここまでこられた。
 高いハードルが待ち構えているが、
 超えられないハードルはない。
 世の中を変えるのは「民意」だ。

(島袋俊夫さん:うるま市長)
 勝連沖案は13年前に廃案になった案だ。
 市では、島々をむすぶ海中道路を作るなど、
 海洋資源開発と自然を生かした観光産業育成の 経済振興を進めてきた。(新しい町おこし)
 政府もそれを承認してきた。
 政府自ら認めた計画を否定するような案を出してきた。
 3月には議会が反対し、市民(1万8000人)の反対集会もやった
 沖縄のために日本の子どもたちのために声をあげていきたい。

<国会議員の挨拶>
(民主党・近藤議員)
 (移設案の)「日替わりメニュー」は恥ずかしい。憤りも感じる。
 世界も変わりつつある。政権交代もできた。
 しかし残念ながら、政府はしっかりしたメッセージを発することができていない。
 今こそメッセージを発して、政権としてアメリカに「国外」と、
 しっかり言わなければならない。

(自民党沖縄県連代表:池間議員)
 昨年の衆議院選挙で、沖縄では私の自民党は負け、
 「沖縄から基地は出て行け」ということになった。
 鳩山首相もそう言って勝った。
 県民の意志は示された。我々もその方向でスタンスを変えた。

(社民党・照屋議員)
 昨日の大会は大成功した。沖縄は怒っている。
 皆さんは怒っているか?並みの怒りではダメだ。
 それで連帯しようなんてダメだ。
 同情するのはやめて下さい。「沖縄はかわいそう」などという同情から基地を無くす闘いは生まれない。
 県民大会で示されたのは何か。
 それは県内移設を拒否するもの、それで沖縄から日本から基地をなくしていきたいというものだ。
 これは人間としての尊厳を回復する闘いだ。
 多くの国民の人間尊厳の闘いでもある。
 だから負けるわけにはいかない。

(共産党:赤嶺議員)
 県民大会に参加した。そこでは鳩山政権が考えている県内移設に対する怒りが示された。
 人間として尊重されてこなかったという怒りだ。
 基地のたらい回しでは解決しない。
 無条件で普天間基地撤去を進めるべきだ。
 安保があろうとなかろうと基地をなくしていくのは当然だ。

(沖縄社会大衆党:糸数議員)
 沖縄への同情があっても安保が必要だから、ではダメだ。
 日本が対等・平等に米と交渉するように働きかけることだ。
 沖縄は出生率が日本一だが、子ども達の置かれている状況は困難だ。県政も基地に振り回されている。
 米軍基地の撤去が子どもたちの未来に夢をもたらす。
 今、政府は「事業仕分け」などやっているが、
 なぜ、「思いやり予算」に仕分けをしていかないのか。

(公明党沖縄県連:前島議員)
 県民大会は大成功だった。
 この問題は沖縄だけでは解決できない。
 是非力を貸して下さい。

<連帯のアピール>
(日本青年団事務局長:しぶや(?)さん)
 沖縄だけの問題ではない。
 全国で考えなければならない。
 解決しなければ、子ども達の将来、沖縄の未来がない。
 「最後で最大の機会」という声にこたえる。
 憲法・日本の針路にもかかわる問題だ。

<行動提起>(大仲尊さん:沖縄・一坪地主会関東ブロック)
 明日(4月27日)、10:00〜15:00 国会・衆院議員会館前で座り込み。
 多くの方々駆けつけて下さい。

<閉会の挨拶と団結頑張ろう!>(高嶺善伸さん(沖縄県議会議長)、
 沖縄の力が歴史を作る、「団結して頑張ろう!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国の皆さん!!
まさにこの闘いは、人間の尊厳を守り、
新たな日本社会を切り開く、
第一歩の闘いになりつつあります。

それぞれのところに沖縄の闘いを知らせ、
それぞれのところから声を上げて行きましょう。

私も明日は、<人文字キャンドルのカップ>と
<琉球新報・号外>を職場に持って行きます。

**********************************************

都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
  http://kenken.cscblog.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
 http://homepage3.nifty.com/hinokimi




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内