[CML 003840] Re: Fw: 普天間問題、第二の声明、ご賛同のお願い-世界編集部 岡本厚

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2010年 4月 26日 (月) 14:25:50 JST


寺尾さん、岡本厚さんのメールの転送ありがとうございました。

「普天間問題、第二の声明、ご賛同のお願い」と題された岡本厚さんの転送メールを拝読しました。

私は、年初めに発表された学者、知識人グループ340人の連名による普天間県内移設反対声明(いわ
ゆる第一声明)には異議を持ち、反対しました。もちろん、「思想の立ち位置はそれぞれですから、普天
間基地の『県内移設』に反対する立場で共通するのであれば、人それぞれの思想の相違、状況把握の
若干の相違を超えて私たちは連帯するべきだ」という前提の上にたっての反対論でした(「学者、知識人
グループ340人の普天間県内移設反対声明 いくつかの違和感と疑問」 CML 002722 2010年1月21日)。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-January/002674.html

その反対の理由は3点ありました。

第1。「国民に向けた」という声明標題の表現は適切だとは思われないこと。

第2。第一声明の(2)に記されていた「新政権は、この『グアム移転協定』も含め、問題の推移について
改めて検証し、今後の方針について時間をかけて再検討すべきである」という一文中の「時間をかけて」
という声明の認識は、米軍普天間基地の「早期・即時返還」を求めてやまない沖縄県民の宿願といって
よい切なる願いを踏みにじる暴論的な認識だといわなければならないこと。また、鳩山内閣の昨年12月
時点での普天間基地「移設」問題の先送りを「簡単に日米『合意』に妥協することをしなかった鳩山首相
の決断を、その点においては評価する」とした同声明の認識も、上記と同様に沖縄県民の「切なる願い」
を結果として踏みにじる暴論的な認識に堕している、といわなければならないこと。

第3。米軍普天間基地の「移設」を前提にした第一声明の問題提起では、SACO合意以降13年間の
失敗の経験ですでに証明済みの「移設方式」の復唱にしかなりえず、それゆえ袋小路に落ち込むか、
または米軍普天間基地の存続という最悪のシナリオを結果として沖縄県民に再び押しつけることにし
かなりえないだろう、ということ。

今回の第二声明では上記の私の異議申し立てがすべてクリアされているように思われます。

すなわち、第1で指摘した問題については、賛同者を学者、知識人に限定していないこと。左記におそ
らく関係して「国民に向けた」という第一声明の稚拙な表現も見直されていること。第2で指摘した問題
については、第二声明の(3)で「周辺住民の生命と暮らしを脅かしているこの危険な(普天間)基地は、
「すみやかに閉鎖されなければならない」と声明されていること。第3で指摘した「移設方式」の問題性
については、これも第二声明の(5)において「私たちは、米軍基地の代替地をタライ回しのように探す
のでなく、米軍基地を沖縄・本土に存在させ、米軍に勝手気ままに使用させている構造こそを問わな
ければならない」としてその問題性を明確に認めるとともに、「移設方式」という思考方法からの脱却を
鳩山政権とメディアに求めています。

私は呼びかけ人の方々の第一声明から第二声明への上記の認識の転換に深甚の敬意を表したいと
思います。また、そういうわけで、私は前回の第一声明には反対しましたが、今回の第二声明には喜
んで賛同させていただこうと思います。

参考:学者、知識人グループの普天間問題に関するいわゆる第二声明について (2010年4月26日)
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi/2669995.html


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi


----- Original Message ----- 
From: "TERAO Terumi" <teraoter at mint.ocn.ne.jp>
To: <k-peace at yahoogroups.jp>
Cc: <muboubi at peace.cside.to>; <husen at pmb.biglobe.ne.jp>
Sent: Monday, April 26, 2010 12:50 AM
Subject: [CML 003837] Fw: 普天間問題、第二の声明、ご賛同のお願い-世界編集部 岡本厚


> 寺尾です。
>
> 声明世話人の岡田厚さんからの賛同署名要請メールを転送します。
>
> 私は署名サイトの「一言(空白可。公表前提のコメント)」に
> 「危険でアメリカでは存在を許されない普天間基地の存続、
> 甚大な環境破壊をもたらす、アメリカでは建設の許されない
> 辺野古沖新基地建設を要求することは、何れも二重基準であり
> 許されないこと、普天間代替基地受け入れは日本のどこであれ
> 市民が許さない以上、日米安保条約解消をアメリカに
> 通告するしかない」との趣旨を書き込んで、署名しました。
>
> 重複して受信された方には大変申し訳ありません。
> お手数をお掛けしますが、削除してくださることでお許しください。
>
> 転送・転載歓迎。
>
> ~~~~~~~~~~~ 以下転送 ~~~~~~~~~~~
>
> Subject: 普天間に関する声明について
> From: 『世界』編集部 <sekai at iwanami.co.jp>
> Date: 2010/04/23 19:28
> To: sekai at iwanami.co.jp
>
>  普天間問題、第二の声明、ご賛同のお願い
>
>
>  年初には、普天間移設問題に関する声明にご賛同いただき、
> ありがとうございました。
>
>  その後の推移を見て、呼びかけ人は第二の声明を出すべきだと
> 考えました。そして今回は沖縄の人たちとも共同して
> 声を挙げようと考えました。
>
>  沖縄にも、本土にも、代替基地を受け入れることはもはや
> 無理であり、それは米海兵隊の撤退を求める以外にありません。
> 今回は、その主張をはっきりと打ち出しました。
>
>  4月23日、東京と那覇で同時に発表しました。
>
>
>  下記のフォームにアクセスし、署名して返信してください。
> また出来るだけ多くの方々に転送してください(目途として
> 5月20日を考えております)。
> 英訳したものもあり、国際的な署名も求めていきます。
>
>  いま、日米安保と米軍基地を変えていく、決定的に
> 重要な時点に来ています。よろしくお願いします。
>
>               声明呼びかけ人(世話人)
>                          岡本厚
>
>
> 一般署名
>
> http://form1.fc2.com/form/?id=501657
>
>
>
> 英語署名
>
> http://form1.fc2.com/form/?id=539738
>
>
>



CML メーリングリストの案内