[CML 003718] Fw:4・17「ノーバヤ・ガゼータ」記者が語るチェチェンとロシアの人権危機

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2010年 4月 16日 (金) 23:36:27 JST


東京の杉原浩司です。直前ですが17日(土)に開かれる東京での企画の
案内(チェチェンニュース)を転送します。貴重な機会です。ご関心のある
方はぜひ! 

[転送歓迎]

チェチェンニュース #335
 ====================================

  アンナ・ポリトコフスカヤ記者暗殺によって、いっぺんに世界中で知られるよ
 うになったノーバヤ・ガゼータ紙の記者の講演会が、いよいよ明日17日に開かれ
 ます。ぜひ、この機会にご参加下さい。

  すでにミラシナ記者は来日し、精力的にロビーイングなどを行っています。
 明日の集会資料は、昨年来、ミラシナ記者が書いた重要記事を網羅した、非常
 に充実したものです。では、これより記者会見に行ってきます。(大富) 


  INDEX

  * 『チェチェンの現状 そして 暗殺と隣り合わせのロシアのメディア〜
     ノーバヤ・ガゼータ紙記者が語るチェチェンとロシアの人権危機』
  * イベント情報

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ■『チェチェンの現状 そして 暗殺と隣り合わせのロシアのメディア〜
     ノーバヤ・ガゼータ紙記者が語るチェチェンとロシアの人権危機』


 ヒューマン・ライツ・ウォッチ主催、毎日新聞とチェチェン連絡会議の後援
による、ロシアのジャーナリスト、エレナ・ミラシナさんの講演会が開かれま
す。ぜひご参加下さい。

 ジャーナリストや人権活動家の殺害が続くロシア。しかし、ロシア政府は、
こうした残虐な犯罪行為を処罰せず、多くの事件の真相は闇に葬られたままです。

 2006年10月にモスクワの自宅アパートで殺害されたアンナ・ポリトコフスカ
ヤさんの後輩記者でもあるミラシナ氏が、自らの体験をもとに、チェチェン、
そして、ロシアの人権状況と、脅威にさらされる報道の現状を語ります。

 ミラシナ記者といえば、日本ではまだあまり馴染みがありませんが、モスク
ワでマルケーロフ弁護士と、バブーロワ記者が殺害されたとき、いち早く「私
たちは恐れてはいない」という、印象的な記事を書いてたことが思い出されます。

   http://d.hatena.ne.jp/chechen/20090124/1232780852 (和訳)

 チェチェン連絡会議では、配布資料の制作を担当しました。
 ぜひとも、ご参加下さい!


  日時:  2010年4月17日(土)13時〜16時 (開場12時半)
  場所:   明治大学 駿河台キャンパス  リバティタワー 3階 1032教室

  〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
  地図: http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
  主催:ヒューマン・ライツ・ウォッチ
  後援:毎日新聞社、チェチェン連絡会議 


 ●スピーチ(日本語通訳つき):

   エレナ・ミラシナ氏
   (『ノーバヤ・ガゼータ』紙記者。
   2009年のヒューマン・ライツ・ウォッチ人権賞受賞)

 チェチェンで続く残虐行為、ロシアのジャーナリストや人権活動家のおかれ
 た状況、ロシアの人権状況について

 ●パネルディスカッション: 

 チェチェンの現状、ロシアの現状─── 国際社会に何が求められているか

 パネリスト:    

 エレナ・ミラシナ氏
 タニヤ・ロクシナ氏  (ヒューマン・ライツ・ウォッチモスクワ事務所副所長)
 杉尾直哉 氏 (毎日新聞社  記者 )    
 岡田 一男 氏 (映像作家 チェチェンの子どもたち日本委員会 共同代表)
 モデレーター: 土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター)

 参加人数(予定):  約200名

 参加費:1,000円 (学生以下無料)
 事前申し込み不要
 お問い合わせ: ヒューマン・ライツ・ウォッチ(担当 吉岡)
        03-5282-5160 / tokyo at hrw.org

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ■イベント情報
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ★ 4/13-17 千歳烏山:『ガザの日々』大月啓介写真展

    http://d.hatena.ne.jp/aresan/20100401/1270125824

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 4/18 御茶ノ水:『トーラーの名において』邦訳刊行記念
          ホロコーストとイスラエルを考えるシンポジウム

    http://tinyurl.com/y9dx6su

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 4/25 広尾:公開講座「ゴールドストーン報告を読む」

    http://www7b.biglobe.ne.jp/~jpma/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 5/11-19 新宿:宇井眞紀子写真展『アイヌときどき日本人II』

    http://tinyurl.com/yyrgqdr

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 8/27 御茶ノ水:『アンナへの手紙』上映会(PARC自由学校)

    http://www.parc-jp.org/freeschool/2010/kouza/kouza_23.html

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 4/23 御茶ノ水:宜野湾市長伊波洋一さん講演会:
   普天間基地は最低でも県外移設を 対米追従が日米関係を歪めている

    http://apc.cup.com/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 4/24 早稲田:総合シンポジウム 
  「トルストイと現代−トルストイ没後百年記念−」

    http://d.hatena.ne.jp/chechen/20100317/1268923387

 ---------------------------------------------------------------------
 ■映画・連続講座

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 『クロッシング』

    北朝鮮、脱北と引き裂かれた家族の衝撃
    http://www.crossing-movie.jp/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 『アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う』

  許しを請うのではなく──
  イラク帰還兵士が、自らの意志で再びイラクを訪れ、誓った。
  この戦争と占領を終わらせるために、
  イラクや世界の人々とともに歩みつづける。
    http://www.peacetv.jp/movie.html

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ 『南京・引き裂かれた記憶』

    間違いなく、あったことなんです──
  7人の被害者の証言と、6人の元日本兵の証言から浮かび上がる、
  「南京大虐殺」の記憶。
    http://nanking-hikisakaretakioku.com/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★ wam de video 2010 兵士が加害を語るとき
    〜日本・アメリカ・イスラエルからの証言〜

  中国を侵略した元日本軍兵士、イラクから帰還したアメリカ兵、
  パレスチナ占領の実態を語るイスラエル兵が語る加害行為。
  彼らはなぜ、語り始めたのか──
    http://d.hatena.ne.jp/chechen/20091219/1261215475

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★『鶴彬 ーこころの軌跡ー』

    万歳とあげて行った手を大陸へおいて来た──
    数多くの鋭い反戦川柳を詠んで戦争反対を貫き、獄中に果てた鶴彬の生涯。
    http://tsuruakira.jp/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★『沈黙を破る』

    考えるのをやめたとき、僕は怪物になったーー
    「祖国への裏切り」と非難されながらも加害行為を告白する、
    若いイスラエル兵士たちがいた。
    http://www.cine.co.jp/chinmoku/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★『チェチェンへ アレクサンドラの旅』

    孫へのまなざし 平和への祈り ロシアの見たチェチェン
    http://www.chechen.jp/

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ★『ビリン・闘いの村』

  パレスチナ暫定自治区、ヨルダン川西岸のビリン村。
  若者たちは非暴力の闘いに立ち上がった。
   http://www.hamsafilms.com/bilin/


 =====================================================================
  チェチェンニュースは、ロシア南部で続くチェチェン戦争に反対し、
  平和的解決を求める立場から発行している無料のメルマガです。
  ぜひ、発行継続のためのカンパをおねがいします。いくらでも結構です。

  〈郵便振替口座番号 00130-8-742287 チェチェンニュース編集室〉
  〈ゆうちょ銀行 019店 当座 0742287 チェチェンニュースヘンシュウシツ〉

  転送・転載・引用歓迎です。印刷物への転載の際は事前にご相談ください。
  新規購読/購読停止はこちらから: http://chechennews.org/chn/sub.htm
  よろしければ、ご意見、ご感想や情報をお寄せください。
    editor at chechennews.org

  発行部数:1431部 発行人:大富亮
    http://chechennews.org/ [チェチェン総合情報]
    http://d.hatena.ne.jp/chechen/ [チェチェン総合情報 Annex]

    PGP公開鍵:
    http://chechennews.org/dl/editor@chechennews.org.asc
 =====================================================================





CML メーリングリストの案内