[CML 003676] 4月18日「ホロコーストとイスラエルを考える」シンポジウム

Yuiti Yokoyama nuevo at poem.ocn.ne.jp
2010年 4月 14日 (水) 07:51:10 JST


以下転送します。

◆4月18日◆シンポジウム
ヤコヴ・ラブキン教授『トーラーの名において』邦訳刊行記念
「ホロコーストとイスラエルを考える」シンポジウム
日時:4月18日(日)午後1時半〜5時半   
場所:明治大学(駿河台キャンパス)リバティホール(リバティタワー1階)*1階教室から変更
入場無料
会場(明治大学駿河台キャンパス)へのアクセス 千代田区神田駿河台1−1 
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分
地図  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

第1部 午後1時半〜午後3時半
 シンポジウム
  芝健介(東京女子大学教授 ナチズム、ユダヤ人問題史)
  山口里子(日本フェミニスト神学・宣教センター 共同ディレクター)
  岡真理(京都大学教授 現代アラブ文学、パレスチナ問題)
  徐京植(作家、東京経済大学教員 人権とマイノリティ)
  司会 鵜飼哲(一橋大学教授 フランス文学、現代思想)
 討論
第2部 午後4時〜5時半
 講演 ヤコヴ・ラブキン(モンレアル大学教授)
   「著者からのメッセ−ジ」(英語/通訳あり)
 質疑応答

〈趣旨)
 ヨーロッパで生まれた反ユダヤ主義とシオニズムがホロコーストという悲劇を介してどのようにパレスチナという中東地域の問題になったのか。そして「ユダヤ人国家」イスラエルはこれからどこに向かうのか、さまざまな立場から自由かつ活発に議論できる開かれた場にしたい。
 ヤコブ・ラブキン・モントリオール大学教授が、その著書『トーラーの名においてシオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史』(菅野賢治訳)が平凡社から出版される(3月末、定価5670円[税込み])のを機に、再び来日する。教授はこれまでシオニズムを内在的に批判する発言を行ってきた。シンポジウムでは著者とともにイスラエルという国が存在する理由をさまざまな角度から議論してみたい。

●賛同者 
荒井英子(恵泉女学園大学准教授) 荒井献(東京大学名誉教授) 市川裕(東京大学教授) 
岡野内正(法政大学教授)奥山眞知(常磐大学教授) 片岡幸彦(GN21代表) 
勝俣誠(明治学院大学教授) 木村修三(神戸大学名誉教授)  栗田禎子(千葉大学教授) 
黒木英充(東京外国語大学教授) 黒田安昌(ハワイ大学名誉教授)児玉昇(龍谷大学名誉教授) 
酒井啓子(東京外国語大学教授) 佐藤研(立教大学教授)下村由一(千葉大学名誉教授) 
菅瀬晶子(総合研究大学院大上級研究員) 高橋和夫(放送大学教授) 立山良司(防衛大学校教授) 
田浪亜央江(「ミーダーン」運営委員) 長沼宗昭(日本大学教授) 南塚信吾(法政大学教授) 
奈良本英祐(法政大学教授) 早尾貴紀(東京大学UTCP) 針生一郎(文学美術評論家)  

阪東宏(明治大学名誉教授) 平山健太郎(「季刊アラブ」編集委員) 広河隆一(「Days 
 Japan」編集長) 
福田邦夫(明大軍縮平和研究所所長) 藤田進(東京外国語大学名誉教授) 前田慶穂(金沢大学名誉教授) 
森詠(作家) 森まり子(東京大学特任准教授) 森元晶文(明大軍縮平和研究所研究員)
山形孝夫(宮城学院女子大学名誉教授) 湯浅正恵(広島市立大学教授) 若林千代(沖縄大学教員)

主催:『ホロコーストとイスラエルを考える』シンポジウム実行委員会
共催:明治大学軍縮平和研究所 
協力:ケベック州政府在日事務所 
   平凡社
実行委員代表: 板垣雄三 臼杵陽 長沢栄治 長沢美沙子(コーディネーター)               
問い合せ・連絡先  shalomsalaam2010 at hotmail.co.jp電話 03-3296-2292(明大軍縮平和研究所)
 
■シンポジウム終了後、『トーラーの名において』邦訳刊行記念パーティ■
時間:午後6時〜7時半/場所:明治大学研究棟2F第9会議室(リバティホールと図書室の間の通路を抜けたところに研究棟があります。)/会費1,000円 (申し込み受付は、リバティホール会場受付で会費と引き換えに参加券を渡します。)
■著者のサイン会■
 シンポジウムの小休憩時と終了後に『トーラーの名において』を特別価格で販売します。また、著者のサイン会を同時に行います。 

ヤコフ・ラブキン教授のプロフィール
1945年に旧ソ連レニングラード(現サンクトペテルブルク)に生まれ。
レニングラード大学、ソビエト科学アカデミー歴史学研究所で学び、72年博士号(歴史学)取得。73年にカナダへ移住後、宗教研究所でユダヤ教を研究し、モントリオール大学でユダヤ人の歴史や歴史学を教える。科学と政治、科学と宗教、冷戦期の米ソ関係中東紛争を含む国際関係などについての著作が多い。紙面やウェブサイトで論評記事などを多数発表している。
最新作A Threat from Within: a Century of Jewish Opposition to Zionism (英語版のタイトル、2006年カナダ総督賞を受賞)は今年邦訳され、3月平凡社から『トーラーの名においてーーシオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史』(菅野賢治訳)として出版されたことで注目を集めている。[定価5,670円(税込み)]
ラブキン教授のウェブサイト  http://www.yakov.rabkin.ca/

〈注〉名前の表記の不統一について:日本ではヤコフ、ヤコブ、ヤコウ゛の三種類が通用しているなかで、言いやすく憶えやすいためヤコブが多く使われています。訳書の著者名ではヤコウ゛となっているので訳書に関してはヤコウ゛と表記します。

(The same text in English follows.)

Symposium
organized on the occasion of the publication in Japanese of Dr. Yakov 
Rabkin's book, “In the Name of Torah”
Memories of Holocaust and Attitudes to Israel

Date: April 18 (Sun) 13:30 - 17:30
Venue: Liberty Hall, Liberty Tower 1F of Meiji University's Surugadai Campus
          (Note: The venue is changed.)
admission: free
address: 1-1 Kandasurugadai, Chiyoda-ku, Tokyo
phone: 03-3296-2292 (about symposium) 03-3296-4545 (university)

Part 1 (13:30 - 15:30)
Symposium
Panelists(Affiliation; Specialty)
-Prof. SHIBA, Kensuke (Tokyo Women's University; Nazism and History of 
Jewish Question)
-Dr. YAMAGUCHI, Satoko [Center for Feminist Theology and Ministry in Japan, 
co-director; Biblical Studies]
-Prof. OKA, Mari (Kyoto University; Modern Arabic Literature and Palestine 
Question)
-Prof. SUH, Kyungsik (writer, Tokyo Keizai University; Human Rights and 
Minorities)
Moderator
-Prof. UKAI, Satoshi (Hitotsubashi University; French Literature and Modern 
Thoughts)
Discussion
Part 2 (16:00-17:30)
Lecture
-Dr. Yakov Rabkin (Montreal University)
“Message from the Author” (English/ translation into Japanese)
Question & Answer

Scope
Many Japanese are likely to recall Holocaust when asked about Israel. The 
Diary of Anne Frank has been widely read for many years to this day. Israel 
is seen as a compensation for the tragedy European Jews suffered during 
World War II, the ultimate expression of racial anti-Semitism. This tragedy 
is also invoked in justification of Israel's military activities, including 
the 2009-10 attack on Gaza resulting in 1,400 Palestinian casualties. 
International reaction to the attack has also been affected by memories of 
the Holocaust: some compare Israeli troops to the Nazis while others 
restrain their indignation excusing Israel as the legatee of the Holocaust. 
Either way, the memory of the Holocaust muddles rational debate about Israel 
and its actions. This symposium aims at encouraging open discussion of the 
politics of memory and their effects on public perceptions of the conflict 
in Israel/Palestine, of connections between anti-Semitism, anti-Zionism and 
public attitudes to Israel and its raison d'・tre.
Professor Yakov Rabkin of l'Universit・ de Montr・al will visit Japan on the 
occasion of the publication of his work in Japanese by Heibonsha under the 
title “In The Name Of Torah: The History Of Jewish Opposition To Zionism 
(“Torah No Nanioite: Sionism Ni Taisuru Yudayakyo No Teiko No Rekishi”) 
translated from French to Japanese by Prof. Kanno Kenji. The price of the 
book is 5,670 yen incl. tax.

Supporters: ARAI, Eiko (Associate Professor, Keisen University) ARAI, Sasagu 
( Professor Emeritus, University of Tokyo) ICHIKAWA, Hiroshi (Professor, 
University of Tokyo) OKANOUCHI, Tadashi (Professor, Hosei University) 
OKUYAMA, Machi (Professor, Tokiwa University) KATAOKA, Sachihiko 
(Representattive , GN21) KATSUMATA, Makoto (Professor, Meiji Gakuin 
University) KIMURA, Shuzo (Professor Emeritus, Kobe University) KURITA, 
Yoshiko (Professor, Chiba University) KUROKI,
Hidemitsu (Professor,Tokyo University of Foreign Studies) KURODA, Yasumasa 
(Professor Emeritus, Hawaii University) KODAMA, Noboru (Professor Emeritus, 
Ryukoku University) SAKAI, Keiko (Professor, Tokyo University of Foreign 
Studies) SATOH, Migaku (Professor, St Paul University)
SHIMOMURA, Yuichi (Professor Emeritus, Chiba University) SUGASE, Akiko 
(Senior Researcher, Graduate University for Advanced Studies) TAKAHASHI, 
Kazuo (Professor, Open University of Japan) TATEYAMA, Ryoji (Professor, 
National Defense Academy of Japan) TANAMI, Aoe (Committee Member, “Midan”) 
NAGANUMA, Muneaki (Professor, Nihon University) MINAMIZUKA, Shingo 
(Professor, Housei University) NARAMOTO, Eisuke (Professor, Housei 
University) HAYAO, Takanori (UTCP, University of Tokyo) HARYU, Ichiro 
(Critic of Literature and Arts) BANDOH, Hiroshi (Professor Emeritus, Meiji 
University) HIRAYAMA, Kentaro (Editorial Member, Quarterly “Arab”) 
HIROKAWA, Ryuichi (Editor, “Days Japan”) FUJITA, Susumu (Professor 
Emeritus, Tokyo University of Foreign Studies) MAEDA, Keiho (Professor 
Emeritus, Kanazawa University) FUKUDA, Kunio (Professor, Meiji University) 
MORI, Ei (writer) MORI, Mariko (Associate Professor, University of Tokyo)
MORIMOTO, Akifumi (researcher, Institute of Disarmament and Peace, Meiji 
University)
YAMAGATA, Takao (Professor Emeritus, Miyagi Gakuin Women's University)
YUASA, Masae (Professor, Hiroshima City University) WAKABAYASHI, Chiyo 
(Professor, Okinawa University)

◆Organizer: Committee for Organizing Symposium,  represented by the 
followings:
Prof. ITAGAKI, Yuzo (Professor Emeritus, University of Tokyo),  Prof. USUKI, 
Akira (Nihon Women's University),  Prof. NAGASAWA, Eiji (University of 
Tokyo), Ms. NAGASAWA, Misako, as coordinator
◆Cosponsor: Gunshuku-Heiwa Kenkyujo
(Institute of Disarmament and Peace, Meiji University)
◆Cooperators: Quebec Delegation to Japan
                Heibonsha Limited, Publishers
For information and more details,contact
Shalomsalaam2010 at hotmail.co.jp
or phone: 03-3296-2292 (Institute of Disarmament and Peace, Meiji 
University)

Notice
*Party for celebrating publication, following the Symposium
Time: 18:00-19:30/ Place: Conference Room No. 9, 2nd Floor of Kenkyuto 
(Office building) behind the Liberty Tower/ Fee: ¥1,000 (Tickets available 
at the Entrance of the Liberty Hall.)
*Autograph Session
During the interval of Symposium, and after the end of Symposium, copies of 
the book will be sold atthe special price in the lobby.  The author will 
autograph the book after being purchased.

〜〜〜〜〜

以下、そのほかのラブキン教授の日本における講演の予定。

◆4月12日◆研究会
ヤコブ・ラブキン教授『トーラーの名において』邦訳刊行記念
 講演タイトル“Metamorphosis of International Attitudes to Israel”
        (国際社会によるイスラエルへの態度の変容)  
 日時:2010年4月12日(月)18時〜20時
 場所:東京大学東洋文化研究所 第一会議室
 言語:英語 
 参加費無料
〈趣旨〉ナチスによるユダヤ人虐殺が行われた後、シオニストを中心にイスラエルが建国されると、欧米諸国はユダヤ人国家の建設としてこれを支持した。それから60年が経過した現在、国際社会の態度はどのような変容を遂げつつあるのか。国際社会におけるこうした対イスラエル観の変化について、パレスチナとの共生を志向し、シオニズム批判の立場に立たれる教授からご講義いただく。

アクセスについては以下の地図参照
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_12_02_j.html
最寄り駅:大江戸線/丸の内線 本郷三丁目駅
懐徳門を入って緑の小道を抜けたところ 正面玄関に唐獅子像のある建物 
・・・
主催:NIHUプログラム「イスラーム地域研究」東京大学拠点パレスチナ研究班
共催:東京大学東洋文化研究所セミナー
   科研費 基盤研究(B)「第二次世界大戦期の日本及び枢軸国の対中東・イスラーム政策の比較研究」研究会(代表者:臼杵陽 20320095)


◆4月23日◆講演
日時:2010年4月23日(金曜) 10:40-12:10
場所:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウスホール
講演タイトル「ユダヤ教、シオニズムと国際関係:ディアスポラ・ユダヤ教徒から見たイスラエル」
Judaism, Zionism, International relations: Jewish Diasporasユ Opinions on 
Israel
講師:ヤコブ・ラブキン教授(モントリオール大学歴史学部)

〈趣旨〉ユダヤ教の立場から見たシオニズム批判の論点を、特別講義していただく。ユダヤ教徒にとって、シオニズムの何が問題なのか。パレスチナ問題の根本的解決のために、いかなる解決方法があるのか。教授の議論はパレスチナ問題の根幹を明快に解きあかす。

アクセス:東京都府中市朝日町3-11-1 (最寄駅:西武多摩川線「多磨」駅、徒歩7分) 

http://www.tufs.ac.jp/info/map-and-contact.html
使用言語:英語(部分的に日本語への抄訳あり)
入場無料
お問い合わせ先: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 錦田まで
電話042 330 5697 e-mail: aikon at aa.tufs.ac.jp 
主催:文部科学省受託事業 世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業「「中東とアジアをつなぐ新たな地域概念・共生関係の模索」(代表者:酒井啓子)


◆4月25日◆講演会 Osaka
講演会「パレスチナ・イスラエル問題は宗教紛争か?」
    Is Religion an Obstacle to Peace in the Holy Land?
講師:ヤコヴ・ラブキン教授(カナダ・モントリオール大学)
日時:4月25日(日)午後3時〜5時半
場所:日本聖公会大阪城南キリスト教会  
    大阪市天王寺区東上町8-30    
    電話 06-6772-4152
行き方:JR大阪環状線・近鉄奈良線・大阪市営地下鉄千日前線「鶴橋」駅から、 
玉造筋に沿って、
    南へ徒歩7分。 大阪市立環境科学研究所の隣です。http://www.nskk.org/osaka/church/jounan/
参加費:500円
共催: 日本聖公会大阪教区宣教部 日本聖公会京都教区宣教局社会部、
    日本キリスト教団大阪教区社会委員会、
     パレスチナの平和を考える会、パレスチナこどものキャンペーン
協賛: 在日大韓基督教会関西地方会、アハリ・アラブ病院を支える会、
    大阪YMCA、カトリック大阪司教区社会活動センター・シナピス
〈趣旨〉2008年12月末、イスラエルによるパレスチナ・ガザ攻撃がおこり1400人を超える市民が亡くなった。ガザは今もイスラエルによる封鎖状態が続き、復旧支援も進まない。世界はいつまでパレスチナ問題を解決できないのか。シオニズムに反対し続けてきたラブキン教授の見識をうかがう。


その他のお知らせ 
◆4月15日◆記者会見(日本記者クラブ)press conference
日時 4月15日(木)14:00〜15:30
場所 日本プレスセンタービル(9階)
公開の会合ではありません。

◆図書新聞2010年4月17日号の一面にラブキン教授の論説が日本語で掲載されます。 

http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/

◆日本滞在期間内にインタビューなど、接触を希望されるときには、以下に連絡してください。
shalomsalaam2010 at hotmail.co.jp または tel&fax:03−5272−7703(長沢)



CML メーリングリストの案内