[CML 003624] Re: 新刊:前田 朗『ヘイト・クライム ――憎悪犯罪が日本を壊す』

Hayariki hedomura2 at hotmail.co.jp
2010年 4月 8日 (木) 21:37:51 JST


以下でも紹介しました。
ヘイト・クライム (-憎悪犯罪が日本を壊す-)
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4902773260

林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)
http://sky.geocities.jp/hayariki4/book.htm
市民メディアHAYARIKI
http://hayariki-d2.r-cms.jp/

前田 朗『ヘイト・クライム ――憎悪犯罪が日本を壊す』(発行:三一書房労働組合、発売:教育実務センター)
定価:1300円+税
はしがき    
第1章 噴き出すヘイト・クライム
――京都朝鮮学校事件から見えてきたこと             
京都朝鮮学校事件/保護者の訴え/差別と犯罪/相次ぐ差別と暴力/人種主義を生み出す社会/どこが「保守」なのか/見て見ぬふりをする政府/差別を許さない市民/水晶の夜はゴメンです/マスメディアも注目/ヘイト・クライムの被害者
第2章 朝鮮人差別はいま
――9.17以後の硬直した日本
制裁発動/誘発される差別/差別の再生産構造/人権侵害の出入国規制/課税問題/住民からの排除/ディエン報告書/人種差別撤廃委員会における日本/アイヌは先住民族/在日朝鮮人/数々の勧告/差別の現象学/差別の<今、ここ>/日本人の責任
第3章 コリアン・ジェノサイドとは何か  
――よみがえる関東大震災朝鮮人虐殺
歴史的に考える/石原都知事の差別発言/ジェノサイドとは/アルメニアン・ジェノサイド/レムキンの提案/ジェノサイドの定義/コリアン・ジェノサイド/軍隊による虐殺/ジェノサイドの意図/ジェノサイドの客体/人道に対する罪とは/人道に対する罪の定義/ジェノサイドは終わったか/世界史のなかで考えよう/私たちに何ができるか
第4章 人種差別との闘い
――国際人権法の歩み
国連憲章/世界人権宣言/植民地独立付与宣言/国際人権規約/人種差別撤廃条約/人種差別の定義/ヘイト・クライムを非難/人種差別との闘い/モデル国内法/ダーバン会議/ダーバン宣言/差別予防措置/救済と補償/ダーバン二〇〇一・日本/国際人権法に学ぶ意味
第5章 ヘイト・クライムの刑事規制
――社会を壊さないために
ヘイト・クライムとは/ホールの研究/ヘイト・クライム統計法/<過程>としてのヘイト・クライム/権力理論/複合的な現象/ヘイト・クライム法/人種差別撤廃委員会勧告一般的三一/人種差別の指標/差別予防戦略/被害者のアクセス/人種差別なき刑事司法を
第6章 人種差別禁止法をつくろう
初期の立法提案/国際社会からの勧告/最近の立法提案/立法提案の特徴/ヘイト・クライムの類型/今後の検討課題



CML メーリングリストの案内