[CML 003573] アムネスティから、パレスチナの水問題(転送)

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2010年 4月 3日 (土) 09:36:43 JST


=======================================================

アムネスティ発表国際ニュース
2010年3月22日

アムネスティ日本 <info at amnesty.or.jp>
http://www.amnesty.or.jp/

------------------------------------------------------------------
イスラエルはパレスチナ人に十分な水の供給を得させるべき
------------------------------------------------------------------

「世界水の日」にあたり、アムネスティ・インターナショナルはイスラエル当
局に対し、被占領パレスチナ地域でパレスチナ人が十分な水の供給を受ける権
利を侵害している差別的な慣行をやめるよう促した。

ヨルダン川西岸地区に暮らすパレスチナ人の多く、および2009年10月に発表さ
れたアムネスティの報告書 「Troubled Waters - Palestinians Denied Fair
Access to Water」に出てくるパレスチナ人たちは、水の利用について、イス
ラエルによる深刻な妨害に直面し続けている。

「私たちの報告書が発表されて6カ月近くになるが、イスラエル政府は依然と
して、被占領パレスチナ地域における水資源を支配しつづけている。パレスチ
ナ人は、違法なイスラエル人入植地へのほとんど無制限な水供給の内のほんの
わずかを許されているにすぎない。私たちが取り上げたケースの多くにおい
て、一般の人びとへの目に見える改善点はなかった」と、アムネスティ・イン
ターナショナルの中東部長マルコム・スマートは述べた。

報告書は、中でも南部ヘブロン丘陵地帯にあるツワニという小さい村の窮状を
特に強調している。

この村は、その地域の他のパレスチナ人コミュニティと同様に、近くの違法な
イスラエル人入植地に水をたっぷり供給している水道施設とはつながれていな
いままである。

この村のパレスチナ人はその代わりに、雨水を蓄える貯水槽に依存したり、給
水車から購入する水をとっておいたりしなくてはならない。

2009年12月には、イスラエル軍は村人たちが建設した貯水槽を取り壊す命令を
出した。

その後、2010年3月初めにツワニの住民たちが村の近くを走る水道施設への接
続を再び申し込んだが、その地域を支配するイスラエル軍当局は却下した。

ベイトウラ村の住民たちもまた、イスラエル軍が2008年に雨水を取り入れる貯
水槽9つを破壊した後、十分な水の供給を得るために苦闘し続けている。 

それらの貯水槽は、食料の安全保障を強化するためにEUが資金提供した農業プ
ロジェクトの一環として2006年6月に作られたもので、それぞれが一つの家族
に割り当てられていた。

取り壊し後、地域のパレスチナ人農民たちは使えるものをできるだけ回収した
が、そのプロジェクトの恩恵を受けるはずだった農民たちのほとんどは、破壊
の1年後も依然として失業中、もしくは肉体労働者としての中途半端な仕事で
生きのびている。

彼らが3月15日にアムネスティに語ったところによると、再び取り壊されるこ
とがないと保証されるならすぐにでもそのプロジェクトを再開する準備はでき
ている、ということだった。

アムネスティの報告書は、西岸地区の村であるダライ・アラサリーンにおい
て、イスラエル当局の許可なく建設された9つの貯水槽を取り壊す命令を、イ
スラエル軍がどのように出したかについても叙述している。

被占領パレスチナ地域では、井戸の掘削や汚水処理、あるいは単に損傷した管
の修理などあらゆる水関連のプロジェクトを実行するために、パレスチナ人は
イスラエル軍や他の当局から許可を得なければならない。しかもそのような許
可の申請システムは複雑で、却下されたり長く待たされることも多い。

ダライ・アラサリーンでの取り壊しはまだ実行されていないが、村人たちが
2010年3月にアムネスティに語ったところによると、地域の羊飼いたちは貯水
槽を使用することを禁じられ、移動給水車からの高価な水に依存する状態だと
いう。

この地域へ行く道路が2009年にイスラエル軍によって封鎖されて以来、給水車
は通ることが許されず、ダライ・アラサリーンの住民たちは、給水車からの水
を得るために遠くまで出向くことを余儀なくされている。

イスラエルが軍事占領をして40年以上になるが、イスラエルによるパレスチナ
人の水利用の制限は、ヨルダン川西岸地区における水のインフラと設備の発展
も妨げてきた。

アムネスティ・インターナショナルの報告書は、ガザのパレスチナ人たちが直
面している問題も取り上げている。そこでは90から95パーセントの水が人間の
消費に適していない。3月17日に国連人権高等弁務官によって出された報告書
によると、ガザでの水と衛生の状況は「危険な」ままである。

ガザへのイスラエルの軍事封鎖は水や衛生のためのインフラを維持するために
必要な資材の搬入を妨げている。

「数十万人のパレスチナ人が普通の生活をおくる権利、十分な食料、住居、健
康、そして経済的発展の権利を否定され続けている。イスラエルは、パレスチ
ナ人が水資源の公平な分け前を受け取ることを保証する責任を取らなければな
らない」と、マルコム・スマートは述べた。

------------------------------
Israel must allow Palestinians access to adequate water supplies

22 March 2010

Amnesty International has on World Water Day urged the Israeli
authorities to end discriminatory practices against Palestinians in
the Occupied Palestinian Territories that violate their right to
adequate water supplies.

Many of the Palestinians living in the West Bank and featured in the
October 2009 Amnesty International report Troubled Waters -
Palestinians Denied Fair Access to Water - face continuing serious
Israeli obstacles to accessing water.

"Almost six months after our report, the Israeli government still
maintains control over water resources in Occupied Palestinian
Territories. Palestinians are allowed only a fraction of the almost
unlimited supplies provided to illegal Israeli settlements," said
Malcolm Smart, Director of Amnesty International's Middle East
Programme.

"In many of the cases we highlighted, there has been no tangible
improvement on the ground for ordinary people."

Troubled Waters highlighted, among other cases, the plight of the
small village of Tuwani in the southern Hebron hills.

The village, like other Palestinian communities in the area, remains
unconnected to the piped water network that amply supplies the nearby
illegal Israeli settlements.

Palestinians in the village instead have to rely on cisterns to
harvest rainwater and store the water they purchase from tankers.

In December 2009, the Israeli army issued a demolition order for a
water cistern that the villagers had built.

Then, at the beginning of March 2010, when the residents of Tuwani
again applied for a connection to the water network that runs near the
village, the Israeli military authorities in control of the area
refused.

Residents of the village of Beit Ula also continue to struggle to
access sufficient water supplies after the Israeli army destroyed nine
rainwater harvesting cisterns in 2008.

The cisterns were built in June 2006 as part of an EU-funded
agricultural project to improve food security, and each had belonged
to a family.

While local Palestinian farmers had salvaged what they could after the
destruction, a year later most of the farmers who would have
benefitted from the project are still unemployed or surviving on odd
jobs as manual workers.

They told Amnesty International on 15 March that they would be ready
to restart the project as soon as they are assured that it will not be
demolished again.

In the West Bank village of Daraj al-Hathaleen, Amnesty
International's report also described how the Israeli army delivered
demolition orders for nine water cisterns built without permission
from the Israeli authorities.

Israel imposes a complex system of permits which the Palestinians must
obtain from the Israeli army and other authorities in order to carry
out water-related projects in the OPT - anything from digging a well,
treating sewage or simply repairing a damaged pipe. Applications for
such permits are often rejected or subject to long delays.

While the demolitions in Daraj al-Hathaleen have not yet been carried
out, villagers told Amnesty International in March 2010 that local
shepherds have been forbidden from using the cisterns and remain
dependent on expensive water from mobile tankers.

Since the road leading to the area was closed by the Israeli army in
2009, water tankers have not been allowed to pass, forcing the
residents of Daraj al-Hathaleen to travel long distances to collect
water from the tankers.

More than 40 years of Israeli military occupation restrictions imposed
by Israel on the Palestinians' access to water have also prevented the
development of water infrastructure and facilities in the West Bank

Amnesty Internation's report also highlighted the problems faced by
Palestinians in Gaza, where 90-95 per cent of the water is unfit for
human consumption. The water and sanitation situation in Gaza
continues to be "perilous", according to a report issued by the United
Nations High Commissioner for Human Rights on 17 March.

The Israeli military blockade of Gaza has prevented the entry of
materials that are necessary to maintain the water and sanitation
infrastructure.

"Hundreds of thousands of Palestinians have been denied the right to
live a normal life, to have adequate food, housing, or health, and to
economic development," said Malcolm Smart.

"Israel must take responsibility for ensuring that Palestinians
receive a fair share of the shared water resources."

**::**::**::**::**::**::**::**::**::**::**::**::**::**::**
野間 伸次

昨年11月に投稿した水問題についてのアクション↓
http://groups.yahoo.co.jp/group/palestine-forum/message/7627
は引き続き行なっておりますので、御協力たまわれば幸いです。


------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 


CML メーリングリストの案内