[CML 003566] 【大阪4・18】南アフリカとパレスチナをつなぐ

yosihiro yakusige ysige1971 at gmail.com
2010年 4月 3日 (土) 03:01:31 JST


皆さま

役重@パレスチナの平和を考える会、です。
以下、ぜひ御参加ください!
-----------------------------------

【転送・転載歓迎】

■
□■ 南アフリカとパレスチナをつなぐ
■□■
□■□■ ―アパルトヘイト国家イスラエルを問う―


日時 ● 2010年4月18日(日)14:00〜17:00(開場13:30)

会場 ● エルおおさか709号室(地下鉄・京阪天満橋駅徒歩5分)
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html


≪第1部 基調講演≫(14:05-15:20)

講師 ● 峯 陽一
(1998-2000年、南アフリカ・ステレンボッシュ大学教員。現在、
同志社大学教員。著書に『南アフリカ』(岩波新書)など多数。)


≪第2部 パネル・ディスカッション≫(15:30-17:00)

報告1 ● 清末愛砂(島根大学教員)
  …パレスチナ問題と国際法について
報告2 ● 役重善洋(パレスチナの平和を考える会)
  …イスラエル・ボイコットの取組について
報告3 ● ショーン・ロー(南ア出身。アーティスト)
  …反アパルトヘイトからパレスチナ連帯へ〜個人的経験から


       *       *       *       *       *


パレスチナ・ガザ地区で1400人の大虐殺が行われてから1年以上
が経ちます。しかし、イスラエルは今もガザの封鎖を続け、西岸
地区の入植地を拡大しています。日本を含めた「国際社会」はパ
レスチナ人の命と尊厳が切り縮められ続けるのをただ傍観するば
かりです。

こうした状況を変えるため、いま世界中でイスラエルに対するB
DS(ボイコット、資本引き揚げ、経済制裁)キャンペーンが取
り組まれ始めています。かつての反アパルトヘイト運動の経験か
ら学びつつ、日本で私たちに何ができるのか、参加者の皆さんと
ともに考えていきたいと思います。

参加費●500円

主催 ● パレスチナの平和を考える会
[Tel] 06-7777-4935
[Fax] 06-7777-4925
[Email] palestine.forum at gmail.com


CML メーリングリストの案内