[CML 001520] 非戦つうしんミディア458  09.9.30

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2009年 9月 30日 (水) 21:45:53 JST


信州 箕輪・中川 赤そばの里
http://sky.freespace.jp/rv9084/akasoba/akasoba.html
==================================================
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp
                 http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
      ホームページアドレス(URL)が変わりました
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
==================================================
できましたら、このつうしんが届いた機会に、
http://www.news-pj.net/をご覧下さい
特に、論評欄にご注目を
http://www.news-pj.net/comment/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
動画 外国人参政権反対デモ隊が在日中国人を殴打
http://www.youtube.com/watch?v=eie2ibzU-H8

■池袋:中国人が経営する店に日の丸を持った集団が押し寄せ騒動
【来源:日本共同通信社】9月26日午後、池袋で中国人が経営する『陽光城』の経営の問題を口実にしたトラブ
ルがあった。
警察の許可無く商品を店外に陳列したとして、30人以上の日本人たちが日章旗を手に押し寄せ、店の前で4〜5時
間ほどもめた。
彼らは「池袋から中国人をつまみ出せ」「支那人は出て行け」などと、拡声器で華人や中国を汚辱するスローガ
ンを叫び、日本の民主党新政権による1000万人の外国人移民受け入れと、沖縄への3000万人の外国人移民受け入
れのための『一国二制度』等の特別移民政策を指摘するパンフレットを配布した。
その場にいた中国人が『支那人』という言い方について抗議した際に彼らは手を出そうとし、警官が速やかに制
止した。中には『陽光城』の商品を足で蹴ろうとする者もおり、警官は店の前で断固として入店を許さなかっ
た。
彼らの真意は別な処にあると、華人社会をよく知る専門家は指摘する。
表面的には、池袋で在日中国人が犯す経営上の問題に端を発しているように見えるが、実際には民主党新政権の
移民政策に対する抗議であることが、彼らが配布したパンフレットからも見抜くことが出来る。
日本社会には、進むグローバル化に適応しない、いわゆる『単一民族』の社会、日本製品大量輸出を望んでい
る。このような背景下、いくつかの右翼団体はこのような心理を利用し、騒動を起こす。
これに対して私たち在日中国人は冷静に認識すべきで、風紀・法律を堅持して現地社会に溶け込み、現地住民と
の友好関係の発展を堅持し、日本右翼の個別の行動に翻弄されないようにしたい。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1254209775/

はなゆー
http://alcyone.seesaa.net/


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ラテン・アメリカ議会が「DU兵器モラトリアム決
議」採択! 9月10日

9月10日、南米諸国によって構成される「ラテン・
アメリカ会議」(Latin American Parliament)の「人権委
員会」で、「劣化ウラン(DU)兵器決議」が採択さ
れました。この決議は、南米諸国に対し、DU兵器の
使用・生産・調達などのモラトリアム(一時停止)
に加え、DU兵器の世界的な禁止条約の実現に向け取
り組むよう求めています。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-September/001432.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
貧困層の8割 ワーキングプア
OECD、日本に警告

日本の税と所得再分配制度は、「労働者の貧困緩和にはほとんど効果をあげていない」と述べています。

 日本で労働者の貧困が顕著になっている理由について、「非正規労働者の割合が比較的高いこと」をあげてい
ます。日本では、非正規労働者の割合が1985年の16%から2008年には労働者全体の3分の1を上回る
に至った経過にふれ、景気低迷期には「失職に対してより脆弱(ぜいじゃく)な立場に置かれている」と分析。
日本の非正規労働者の多くは雇用保険に入っていないため、「失業すると多大な経済的困難に直面する可能性が
ある」としています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-19/2009091901_02_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
日本による朝鮮人虐殺「コリアン・ジェノサイド」シンポジウム
林田力2009/09/29

 市民団体・「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東主催のシンポジウム「コリアン・ジェノサイド」が
2009年9月27日に、東京都中央区立月島区民館で開催された。

最初は趙教授による「東学農民軍へのジェノサイド」である。
この中で日本軍は農民反乱鎮圧という名目で朝鮮人民を虐殺した。趙教授は少なく見積もって死者数を3〜5万
人とする。東学(農民軍の中心となった宗派)側の資料には20万〜30万人との記述もある。

 日本軍が農民兵と疑った人民の殺害方法は酷いものであった。物資の足りない日本軍は、弾丸を可能な限り使
わないために銃で撲殺した。ここには戊辰戦争における虐殺や略奪・放火経験からの暴力に対する不感症があっ
た。この虐殺は日本が海外で最初に行ったジェノサイドであり、旅順虐殺や南京大虐殺につながっていく。

このように日本の近代は暴力に終始することになるが、徴兵された日本兵も、父子家庭で自分が徴兵されると子
どもを養えなくなるため、子どもを殺して従軍した兵士など悲惨であった。前線の将校には自殺者も出ており、
趙教授は虐殺を苦にしたためと推測する。最後に趙教授は、コリアン・ジェノサイドについて朝鮮に甚大な被害
を与えただけでなく、日本民衆にとっても悲劇であったとまとめた。
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909280859/1.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
番組紹介 テレメンタリー「狙われた海〜沖縄・大浦湾 幻の軍港計画50年〜」 (辺野古浜通信)

沖縄では以下の放送です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
琉球朝日放送 10月4日 (日)25:15〜25:45
「狙われた海〜沖縄・大浦湾 幻の軍港計画50年〜」http:
//www.qab.co.jp/nerawaretaumi/

http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-September/001470.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
八ッ場ダム中止をバッシングするマスコミは恥を知れ! (09/27)
八ッ場ダム 森田知事はイワシのオツム? (09/26)
八ッ場ダム:天下りのあきれた構図 (09/24)
八ッ場ダム 地元住民とは一体誰なんだ? (09/24)
http://kenken55chiba.blog54.fc2.com/blog-entry-69.html

今ネット上で、いろんなブログが取り上げているのが、「八ッ場中止は困る!」と泣き叫んでいた「地元住民」
という女性が、実は八ッ場ダムばりばり推進派の町議会議員だったという話題だ。
「涙でダムが一杯になるほど泣いた」などと名(?)セリフを吐いた彼女だが、とうとう正体がばれて、現在長
野原町役場には苦情の電話やメールが殺到しているとか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
問題の八ツ場ダム、現地では建設反対の声が多いのに、マスコミが取り上げない

きっこの日記、
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/09/post-39f8.html
 保坂展人さんのブログ、
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/7eaba4bbf3409d6bf7151d9501304ff2
 大野ひろみ議員のブログ、
http://kenken55chiba.blog54.fc2.com/blog-entry-67.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記者の目:止めてはならない「脱ダム」の流れ=福岡賢正

 首相や国土交通相によるダム建設中止発言に、歓迎の声とともに反発や不安の声が上がっている。だが歴史を
振り返ると、ダム建設は自民党長期政権を支えるための手段であり、時代が変化してもそこに依拠し続けてきた
ことが今回の政権交代劇の要因になった事情が見えてくる。だから脱ダムの流れが止まることはないだろうし、
止めてはならないと私は思う。
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20090930k0000m070146000c.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〈遺骨は叫ぶ-29-〉 宮城・多賀城海軍工廠

冬でも裸同然で働かされ、多くの犠牲者 橋桁作るとき朝鮮人を人柱に
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/06/0906j0928-00003.htm

立ちんぼという棒頭が太い棒を持ち、脱走しないようにいつも立ちはだかっていました。人夫たちは腹を減らし
ていたようで、トロッコ押しの最中に倒れたりすることがありました。冬でも裸同然の姿で働かされて」(「恩
讐の彼方に沖区あり」)いたという。

また、菅原組の飯場では、「病気で動けなくなっても、モッコに入れて現場に連れて行って働かせるという状況
であった。したがって、当時、多数の死者が出たが、その正確な数字はわからない」(「多賀城市史」第2
巻)。

。「夕方になるとよく馬で屍体を火葬場の裏の畑に運んで埋めた。また、工廠近くの涙橋の橋桁を作るときに
は、2〜3名の同胞が人柱としてコンクリートの中にぶちこまれたという。まったく非人道極まる虐殺行為がな
されたという」(「朝鮮人強制連行の記録」)。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
審査会、再調査を要求 普天間アセス「不十分」/中止や場所変更も 来月答申

 米軍普天間飛行場の代替施設建設に伴う環境影響評価(アセスメント)準備書に関する県環境影響評価審査会
の第8回会合が28日、宜野湾市内であり、審査会答申案について審議した。ジュゴンの複数年調査をはじめ
「再度、必要な調査と正確な予測、根拠のある評価」の実施を事業者(沖縄防衛局)に求めることを確認した。
津嘉山正光会長は「予測・評価が不十分なので、実質的には(準備書の)書き直しという形になる」との見解を
示した。事務局(県環境政策課)と調整した上で、最終案を10月初めに知事に答申する見通し。
 審査会は、準備書について「(方法書への)知事意見に十分対応せずに作成されている。調査結果の解析や取
りまとめ、予測、評価の結果も十分とは言えない」と批判。事業者が「(環境影響の)回避・低減が図られる」
と一律に評価していることに再検討を促した上で、「十分に低減できない場合、事業中止や立地場所の変更、規
模縮小も踏まえて検討する」ことを答申に盛り込むことも確認した。
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-09-29-M_1-001-1_002.html

知事意見にどう反映/普天間アセス答申案/防衛省 県の対応に注目
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-09-29-M_1-002-1_001.html

ジュゴン調査 長期化も/普天間アセス答申案/審査会 「環境影響大きい」
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-09-29-M_1-033-1_001.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
帰還兵の証言―アメリカと同盟軍はイラク・アフガン侵略を即時止めよ

ファルージャを占領したのは100人のクルド人を救うためだとされたが、市内には25万人のイラク人が封鎖さ
れ、子供と女性が脱出=家族の分裂を強制した。その後に市内爆撃し、5000名を虐殺した。夜間外出禁止令の下
で動くものはすべて海兵隊の銃撃の対象になった。兵士が守るべき「交戦規定」が次々変わり、無きに等しかっ
た。子供が不発弾を拾って直後に爆発するのを目撃した。負傷した味方を病院に運んだが、「内出血」ですぐ死
んだ。

最近に除隊後初めて民間人として再びアフガンを訪問しました。地域復興チーム(PRT)の現地調査のためで
した。カブールの難民キャンプを訪れ、700人の犠牲者を出した村民に話を聞きました。ある家族は爆撃で5人が
死亡、一人の子供が腕を失う負傷をしました。アメリカはアフガン戦争で1日1億ドルを使っています。その金が
人々に配られれば、彼らは飢えることはないのです。
http://www.labornetjp.org/news/2009/wstokyo

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
安保理首脳会議での核不拡散及び核軍縮に関する決議  浅井基文

核不拡散及び核軍縮に対するオバマ(ないしはアメリカ)の決意表明という以上に国際社会の決意表明となって
いるという点に、そのもっとも重要な意味があるのだと思います。

しかし、
第一、決議の力点は核不拡散に置かれており、核兵器廃絶が中心的内容になっているわけではないということで
す。

第二、私が何よりも強調したいのは、アメリカや国連の動きに安易な期待を寄せる前に、やはり日本が本気に
なって核兵器廃絶に取り組まなければ、核兵器廃絶の国際的な流れを引き起こすことはできないということで
す。
http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2009/298.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記者の目:足利事件 菅家さんの再審

栃木県足利市で90年に女児が殺害された足利事件で、無実の罪を着せられた菅家(すがや)利和さん(62)
の裁判をやり直す再審の初公判は10月21日に決まった。

 「17年半も刑務所に入れられて、何も検証されずに終わらされては困るんです」。菅家さんの訴えは切実
だ。裁判所や国は、冤罪・誤判防止を求める世論に真摯(しんし)に耳を傾け、冤罪被害者の権利や名誉回復に
重きを置いた刑事司法の将来を考えてほしい。それが菅家さんの訴えに唯一報いる道だと思う。
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20090925ddm004070151000c.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
天皇陛下御即位二十年
DVDが、学校に配布されています

との情報がありました。
映像見れます
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2682.html

天皇陛下御在位20年慶祝行事一覧
http://www.kantei.go.jp/jp/gozaii20/index.html

これでよいのでしょうか 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
内海愛子教授インタビュー
“被害者を加害者にした歴史を正してこそ”

歴史問題、特に戦争責任問題,戦後補償問題に個人的に関心を持つことになった契機
は?

偶然に在日朝鮮人差別に対して書いた一編のドキュメンタリー本を読み、それまで知
らなかった事実にびっくりした。 二十三才の教師であった当時,これからどのように
生きていくべきなのか悩んでいたが、そのことを契機に日本の歴史をもう一度振り
返ってみる仕事をしなければならないと決心した。 教師の仕事を辞めて大学院を
通って,在日朝鮮人関連主題で論文を書いたりもしたが、当時そのような主題で論文
を書けば就職も難しいと、指導教授をはじめ周囲で引き止めた。 就職できなくても
関係ないとし,論文主題に固執して着実にそのテーマで調査,研究をした。 おかげで
就職はとても遅く,46才でまたすることができた。(笑い)
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-September/001462.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
大日本住友の新薬
中身同じ 名前変更⇒薬価113倍

 抗てんかん薬として販売している薬と同一成分のものを、別商品名でパーキンソン病の「新薬」として厚生労
働省の承認を受けたところ、医療保険から支払われる薬価が100倍以上に跳ね上がりました。医療関係者から
「開発経費を必要とする新薬ではなく、適応を拡大しただけなのに」と、異常な高薬価に批判の声があがってい
ます。(
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-24/2009092401_03_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



CML メーリングリストの案内