[CML 001488] イラクの労働組合(塗料工場)の映像

川島 実穂 m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2009年 9月 27日 (日) 16:52:58 JST


こんにちは。
イラク平和テレビ局inJapanの川島です。
今週のイラクの映像は『IFCの窓〜塗料工場の労働者たち』です。
↓のページにて無料サンプル映像が見れます。

 http://peacetv.jp/

★毎月500円でイラクのSANA衛星テレビ局をささえる視聴会員にぜひなって下さい。

<映像紹介>
2009年1月、サナテレビは現代塗料社の工場を訪問しました。
大規模な会社で、建物や家屋や自動車など、さまざまな用途の塗料を製造
しています。
サナテレビはインタビューで、この工場の労働者の権利獲得の取り組みを
取材しています。

この工場の労働者の働いている様子を見ると、割合落ち着いた感じがしま
す。労働条件も悪くはないようです。
23年間ここで働いている女性労働者が塗料のコード番号などの説明もし
てくれます。
労働者の表情から自分たちの仕事に自信を持っていることが伝わってきま
す。

しかし、アメリカ軍によるイラク占領は、ここの労働者にも深刻な悪影響
をたくさん与えてきました。
アメリカ軍が工場に何回も来たり、電気の供給がうまくいかなかったりし
ています。
占領によって治安が極端に悪くなったために、ここで働く労働者が誘拐さ
れたりしています。
町を歩いているだけで暴力の被害を受ける危険性があります。
労働者は、イスラム政治勢力が引き起こす宗派対立の「原因は占領軍にあ
る」と断言します。

そんな中でこの工場の労働者は労働組合を作って自らの権利獲得のために
闘ってきました。
父親が亡くなって生活に困る少年をこの工場で働けるようにしたり、重い
病気にかかった労働者の手術費用を会社に出させています。
もちろん賃上げも勝ち取っています。




__________ Information from ESET Smart Security, version of virus signature
database 4460 (20090926) __________

The message was checked by ESET Smart Security.

http://www.eset.com




CML メーリングリストの案内