[CML 001467] 宮下公園の取材報告と、宮下公園のナイキ化撤回への賛同のお願い。(転載歓迎・重複ご容赦)

Esaman esaman at i-ml.com
2009年 9月 25日 (金) 14:22:07 JST


名古屋のEsamanです。
先日、縁あって、東京方面ではデモの出発地点や集会場、あるいは憩いの場として利用されている宮下公園に遊びに行ったところ、
誰でも入れる公園が、ナイキ(靴の会社)に売り渡されてしまい、公園として使うことができなくなる、という話を聞きました。
これは大変、と思い、住んでいる人や抗議行動をしてるい人達に取材し、記事を書きました。

ナイキに売り渡される宮下公園のサマーフェスティバルに参加 Esaman 2009/09/21
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909180381/1.php

その後の取材によると、この公園に作られているフットサル場は、ずいぶん安い値段設定だそうで、
ナイキの所有物になってしまうと、「いろいろと便利に綺麗に整備されてしまって」利用料金が上がるのではないか、
ということで、フットサル場の利用者も心配している、という話も聞きました。

宮下公園では、私の取材した時点(9/1)では、まだ何も工事はされていませんでしたが、
9/19頃から、フェンス工事が始まっているそうです。
まだ人の出入りは可能な状態とのことでしたが、いずれ出入りできなくなってしまうことは明らかです。
宮下公園には、30名ほどのホームレスの人たちも住んでおり、単に誰でも入れる公園がなくなってしまう、
というだけの問題ではなくなってきています。

私は、ただの通りすがりの一取材者ですが、少し「変わった公園」である宮下公園が、公園のままのでいてほしいと思います。
(どのように「変わっているのか」については、上記の記事参照のこと)

下記に紹介する賛同声明に、私も賛同します。
みなさんも、よかったらご賛同ください。
そして、可能であれば、宮下公園が、まだ公園であるうちに、見に行ってみてください。



以下、
みんなの宮下公園をナイキ化から守る会
http://minnanokouenn.blogspot.com/
さんからの賛同のお願い。

--------------------------------------------------------------------------------------
「宮下NIKEパーク」の命名権契約と改造工事の撤回を求める共同声明への賛同をお願いします

 8月27日に渋谷区とナイキ社との間でネーミングライツ契約が非公開に調印され、9月1日付けの渋谷区ニュースの第一面には、ナイキにより改造された宮下公園の完成予想図が掲載さ
れました。いま、宮下公園は多国籍企業ナイキに売り渡されようとしており、数々の問題点に答えが出されないまま工事の強行が画策されています。これに対し、私たちは10月の半ば、
開催中の渋谷区議会にあわせた大規模な抗議行動を準備しています。
 それにあたり以下の声明を準備しました。取り組みに心を寄せて下さる多くの皆さんからの賛同をお願いします。個人/団体両方からの賛同を受け付けます。氏名または団体名を公表
していいかどうか、合わせてお知らせ下さい。賛同金は不要です。第一次集約の締切りは10月10日です。(みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会: 東京都渋谷区東 1-27-8-202
/TEL 080-3127-0639/FAX 03-3406-5254/MAIL: minnanokouenn at gmail.com)

お名前/団体名:
肩書き(個人の場合):
公開可否:
メールアドレス(非公開):


-------------------- 以下声明 ------------------------
「宮下NIKEパーク」の命名権契約と改造工事の撤回を求める共同声明

2009年8月27日、渋谷区長とナイキジャパン社長の間で区立宮下公園を「宮下NIKEパーク」とする命名権売却の調印式が非公開で行われ、9月1日には渋谷区報に完成予想図
が掲載されました。工事期間は9月〜2010年4月とされ、十分な説明がなされないまま、公園の作り替えが行われようとしています。私たちは、この計画に関して主に4つの理由か
ら撤回を求めます。

(1)宮下公園の公共的な価値を奪う計画内容
今回の改造工事では公園内に新たに有料のスケートボード・ロッククライミングなどの施設を設け、公園名が「宮下NIKEパーク」に変わります。すでにできているフットサルコート
を含めると、公園の大部分をナイキ商品販促のための施設が占めることになり、実質的に利用者はスポーツ施設に関心のある人、つまりナイキジャパン社の潜在的顧客に限られます。本
来、多面的な機能をもち老若男女が消費せずに憩える「公」園の価値が奪われ、商売を優先する一企業の意のままに変質されてしまいます。

(2)民主主義的な手続きを無視したずさんなプロセス
この計画は単なる命名権契約の範囲を大きく逸脱し、公園の中身の改造にも踏み込んだものです。にもかかわらず、渋谷区政はこの1年間、基本プランの公開を行なわず、市民からの意
見の募集もせず、驚くべきことに区議会での議決すら経ずに区長と一部の議員のトップダウンで計画を実行に移しました。公募や競争入札が行われておらず、数ある企業の中からナイ
キジャパン社が選ばれた経緯についても情報の公開を拒んでいます。

(3)野宿を強いられる人々の追い出し
現在、宮下公園で野宿を強いられている約30名は、ナイキ化工事を理由に住まいを奪われようとしています。ナイキジャパン社・渋谷区とも、これらの問題について十分な説明や対応
策を提示しておらず、当事者は不安を感じています。
昨年以降の世界的な経済危機のもと、仕事・住まいを失う人々が大量に生み出されており、東京都下の炊き出しには、前年を大きく越える数の人々が集まっています。行政窓口はこの事
態に対応できていないにもかかわらず、都内各地で炊き出しをつぶし、同じ渋谷区では区役所駐車場で夜を過ごす約40名を10月にも締め出す計画が進められています。このような状
況のもとで宮下公園を含めた公共空間は、経済的・社会的な排除を受ける流動的貧困層の避難場所としての機能を実質的に果たしています。公園から野宿者を追い出すことは、直面する
当事者の問題だけにとどまらず、仕事・住まいを失ったすべての人々の生命を著しく危険にさらす行為です。

(4)グローバリゼーションの典型としてのナイキ化計画
いま、ナイキジャパン社が宮下公園で行っているのは、公園の社会的、地域的、倫理的な次元を無視し、公共空間を、制限なく商品を販売するための場として意のままにすることです。
規制緩和のなかで、議会での議論や情報公開などの正当な手続きが省略され、貧者の排除が強行されます。この、地球のすべての空間を市場原理に従わせ、あらゆる活動を市場と商品に
変換しようという動きは、宮下公園だけでなく日本や世界各地で進行しています。一握りの多国籍企業による社会全体の再編であるグローバリゼーションの進行、このような動きに私た
ちは反対します。

みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
東京都渋谷区東 1-27-8-202
TEL 080-3127-0639
FAX 03-3406-5254
MAIL: minnanokouenn at gmail.com

-------------------- 以上声明 --


CML メーリングリストの案内