[CML 001417] 【10/14 大阪】 映画『Weabak:外泊』 関西上映会 & キム・ミレ監督トーク

Nakamura Ken black_mariategui at yahoo.co.jp
2009年 9月 21日 (月) 09:54:50 JST


(転送/転載をヨロシクです)
大阪の中村です。映画の自主上映です。ご参加ください。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

<韓国−女たちの510日の闘い 監督来日記念イベント>

『Weabak:外泊』 関西上映会 & キム・ミレ監督トーク

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

日 時:2009年10月14日(水) 午後6時45分〜9時
( 6:30 開場 / 6:45〜 上映開始 8:00〜 監督トーク )

場 所:ドーンセンター パフォーマンススペース(1F)
   http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
(大阪市中央区大手前1-3-49 京阪/地下鉄・天満橋駅より徒歩5分)

参加費:500円

 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『Weabak:外泊』
(監督:キム・ミレ/韓国/日本語字幕付/2009/73 分)

 2007年6月30日夜、500人の女性労働者たちが韓国ワー
ルドカップ競技場にあるホームエバー・ハイパーマーケットのカウ
ンターを占拠した。翌7月1日「非正規職保護法」が施行。ホーム
エバー社は法の施行を前に大量解雇を行い、女性たちはその差別的
扱いに怒り、立ち上がった。

 『Weabak:外泊』は、510日間続いた女性労働者たちの闘いを
描く。女性たちはマーケットに毛布を敷きつめ、家を離れ、「外泊
(泊まり込み)」を始めた。食料を持ち寄り調理し、互いの思いを
語り合う。歌い、踊り、泣き、笑い、労働闘争はいつしか家族的役
割からの解放の場を生み出す。

【キム・ミレ監督】
 1964年生まれ。労働問題を通して韓国社会の現実を撮り続けてき
 た。代表作品に『We Are Workers Or Not ?(労働者だ、違う)』
 (2003)、『NoGaDa(土方)』(2005)などがある。今回上映予
 定の『Weabak:外泊』は第11回ソウル国際女性映画祭(2009)で
 上映。

【10/16 東京も開催!】
 詳しくは、連続影展FAV(http://www.renren-fav.org)

 △▽△▽△▽△▽△▽ △▽△▽△▽△▽△▽

主 催:コミュニティ・ユニオン関西ネットワーク
    働く女性の人権センター いこ☆る
    http://homepage3.nifty.com/hatarakujosei/
協 賛:均等待遇アクション21京都
    http://kinto.blog52.fc2.com/

連絡先: せんしゅうユニオン(Tel 0725-45-8106)

※チラシは、こちらからダウンロードできます。
 http://www.jca.apc.org/~naniwa/images/weabak-kansai.pdf

----------
12/13 レイバーフェスタ 2009 OSAKA でも上映予定。
(詳しくは、http://labour.blog71.fc2.com/)

--------------------------------------
Thanks 10 years!  Yahoo! Shopping and Yahoo! Auctions
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ec10years/


CML メーリングリストの案内