[CML 001402] Fw: 上関原発 地元MLから その5 + 長島の自然を守る会の高島美登里さんのメール

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2009年 9月 19日 (土) 08:46:19 JST


下記、上関原発埋め立て阻止行動8日目の報告です。

地元MLからの転送を【その1】、長島の自然を守る会の高島美登里さんのメールの転送を
【その2】としています。

東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp

【その1:地元MLから】
………………………………………………………………………………
再び上関原発埋め立て阻止行動に参加した 脱原発ネットワーク大分の中山田さつきさんより
現地報告がありました。

明日は午前9時から田名埠頭で集会。大分より高井さんたち一行が早朝より出発。合流します。

阻止行動も8日目に突入。祝島の人たち、シーカヤック隊の人たちはずっと行動を続けています。
応援部隊も山口県内外から入れ替わり集まっており厳しい情況ながら行動を続行しています。

中電側は祝島の人たちへの暴言が議会、マスコミで取り上げられたことにより態度を変え
事務的な文言のアナウンスを繰り返すのみ。こちらの問いかけには一切反応なし。
我慢比べのような1日が続いています。
午後4時15分かっきりに
「今日も作業を断念せざるをえません。明日はご協力よろしくお願いします」
と慇懃無礼なアナウンスを残して帰る毎日だそうです。
持久戦に持ち込み、阻止行動を諦めるのをひたすら待っているようです。

もし阻止行動をやめれば、途端に作業は直ちに開始され、
ブイを一つでも設置すれば「埋め立て作業開始」の既成事実が作られてしまうので
全く気を抜けないのです。

行動が長期化していることで祝島の人たちも、シーカヤック隊の人たちも
仕事を投げ出しての中ギリギリの毎日ですが「お金のことをいっていたら海が守れない」との一念で
頑張っています。行動の現地までは祝島から船で30分以上もかかります。燃料代だけでも大変です。
集まったカンパで燃料代だけでも捻出できれば行動も持ちこたえることができます。
各地からメッセージ布や激励の言葉が届いていて、現地にそれらが飾られて行動の力になっています。
現地で行動しているみなさんにメッセージ、カンパで支援をお願いします。

◎上関原発計画、埋め立て工事、に対する思い、祝島への応援メッセージ、
海を守る布メッセージ (詳細はこちら→
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-61a8.html)

【送り先】
「上関原発を建てさせない祝島島民の会」
742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218

◎カンパ送り先
【郵便振替】
加入者名:上関原発を建てさせない祝島島民の会
口座番号:01390-4-67782
(領収書が必要ない方は、その旨を通信欄にご記入ください)

よろしくお願いします
 
                                  別府市 小崎たま
………………………………………………………………………………

【その2:長島の自然を守る会の高島美登里さんのメール】
………………………………………………………………………………
みなさまへ

長島の自然を守る会の高島美登里です。

9月18日も中電の埋め立て作業を阻止することができました。
中電は15日の船上からの
「一次産業だけでは生きていけません。
祝島は加工品も作っているが、それだけでは駄目でしょう。」
「山戸貞夫は大うそつきで独裁者だ。
皆さんの中には帰りたい人もいるでしょうから、
舫いを解いて帰りなさい。」
等の暴言がマスコミを通じて広く報道され、
県からの厳重注意や多くの抗議電話・FAXなどが殺到していることが
こたえているらしく、形の上では「お願いします。」と頭を下げます。
しかし、祝島の人たちを無視する態度はなんら変わっていません。
祝島の人たちが船上からも陸上からも
「この海で、海と共に生きて行きたいんです。
埋め立てられたら、生きてゆくことができないんです。
どうして、このことを解ろうとしてくれないんですか!
応えて下さい!
反省する気持ちがあるなら、すぐに台船を引き上げて、
態度で示してください!お願いします!!」
と声を枯らして一生懸命、語りかけるのに、一言も応えようとしません。
ただ、40分おきに「作業の妨害にあたり、違法行為です。」
と通告と称して手元の紙切れを読み上げるだけです。
言葉の暴力の次は、「無視」という態度での威圧です。

祝島のお父さんたち、お母さんたちは
「命を懸けて闘う!死んでもいい!!」
と連日の行動の疲れも見せず、毅然と立ち向かっています。
支援の人の輪も日に日に大きくなってゆくのが
ひしひしと感じられます。
テレビを見て応援したいと駆けつけてこられる方や
全国からの激励の寄せ書きやさまざまなアピールのグッズが
座り込みテントの周りにはためき、
みんなの思いが熱い塊となって現場を包み込んでいます。

これからも祝島のお父さんたち、お母さんたちと共に
頑張りますので、ご支援をよろしくお願いいたします。

1昨日の祝島島民の会からの発信を転送します。  ←(注:省略しました)
重複して受け取られた方はご容赦下さい。

長島の自然を守る会
代表 高島美登里
747-0063 山口県防府市下右田387-14
筺FAX 0835(23)1891. 携帯 090(8995)8799
midori.t at crocus.ocn.ne.jp
………………………………………………………………………………


CML メーリングリストの案内