[CML 001397] 9月22日(火) 今こそ日米安保条約を問う! 集会へ

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2009年 9月 18日 (金) 22:56:52 JST


木村雅夫(反安保実)です。
既報ですが、来週に迫りましたので再送します。
転載歓迎です。
是非ご参加を。

****************
60年安保から50年
今こそ日米安保条約を問う!
****************
[講師]
「〈日米安保体制〉という問題」武藤一羊(ピープルズプラン研究所)
「沖縄密約問題とは何か」日隅一雄(沖縄密約情報不開示処分取り消し請求訴訟
弁護団)
日時:9月22日(火・休) 17:45(開場)/18:15(開始)
場所:文京区民センター・2A(地下鉄春日・後楽園駅)
資料代:800円

 来年2010年は、安保条約の改定(60年安保闘争)から50年目を迎える。この50
年間、日米安保条約はその文言は一言一句変えられていないにもかかわらず、そ
の含意するもは飛躍的に拡大してきた。同じく一言一句変えられていない平和憲
法が、ほんとんど屍のような状態に貶められたのとまったくの対照をなす。
 それでも(瀕死の)「憲法を生かそう!」という声は根強く、幅広い。しかし
他方で、(1年前に通告すればいつでも破棄できる)日米安保条約をすべての前
提とする世論が強く、(拡大強化される)「安保破棄!」の声は小さくどこかむ
なしく響きさえする──日米安保の「現場」である米軍基地を抱える地域(沖縄を
始めとして)では、その拡張・強化に反対する根強く・力強い抵抗の闘いが持続
されていにもかかわらず。
 近年、日米安保の成立や改定に際しての「秘密」も次々に明るみに出されてきた。
 「日米安保条約とは何であるのか」を改めて問い直し、「安保破棄!」への道
を模索するべく集会を持ちます。
 ぜひご参加下さい。
主催:新しい反安保行動をつくる実行委員会





CML メーリングリストの案内