[CML 001351] ●9・15ピョンヤン宣言7周年集会の速報と鳩山新政権へのアピール

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2009年 9月 16日 (水) 09:20:26 JST


日韓ネット@渡辺です。

昨夜開かれた9・15ピョンヤン宣言7周年のつどい「過去の清算と拉致問題の解決を考える−日朝国交正常化早期
実現を!」は、東京・文京区民センターで会場いっぱいの220人の人々が集まり、成功裏にかちとることができました。

集会は、中村利也さん(戦争を許さない中野共同行動)と加藤正姫さん(日韓ネット)の司会進行で進められ、初め
に主催者挨拶を私(日韓ネット・渡辺)がおこない、蓮池透さんの講演に移りました。 


蓮池さんは、拉致問題で、日本政府が個々の局面で北朝鮮側とさまざまな約束をしながらそれを反故にし、強硬姿
勢をとることで一見拉致問題に真剣に取り組んでいるかのように見せてきたが、事態は一歩も動いていないと厳しく批
判し、制裁ではなく対話によってのみ解決の道があると指摘。過去の清算についても日本政府が真剣に取り組むこと
が拉致問題の解決にもつながると述べられました。

ノレの会の「イムジン河」の合唱をはさんで、続いて西野瑠美子さんが講演。
西野さんは、蓮池さんの講演を踏まえながら、拉致被害者と日本軍「慰安婦」被害者の問題は通底しており、今なお
未解決の問題として存在していることを指摘し、「慰安婦」問題をめぐるこの間の内外の動きをつぶさに紹介しました。

続いて、各団体からのアピールとして、新しい反安保行動をつくる実行委員会(梶野さん)、許すな!憲法改悪・市民
連絡会(高田健さん)、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(小野さん)、「日韓100年ネット」(増田都子さん)、在日
韓国民主統一連合(宋世一さん)が発言。

最後に翌日(9・16)の特別国会で成立する鳩山新連立政権に対朝鮮政策の転換を求める9・15集会アピール【下に
掲載】を会場全体の大きな拍手で確認し、新政権に提出・要求していくことを確認して、終了しました。

*******************************************************************************************
         【9・15ピョンヤン宣言7周年のつどいアピール】

         鳩山新政権に対朝鮮政策の転換を求めます

 先の総選挙でついに自民党が歴史的大敗を喫し、政権交代の運びとなりました。明日9月16日に召集される特別国会で、民主・社民・国民新の三党による鳩山連立政権が誕生します。

 私たちは、新政権が対朝鮮政策においても自公前政権にとって代わる政策転換を行うことを期待し、またそれを強く求めるものです。とりわけ、この間、安倍・福田・麻生と続いた自公政権がとってきた「制裁」一辺倒政策によって日朝関係は戦後最悪と言われる状況となり、日朝正常化問題はおろか、拉致問題の解決も一歩も前に進まなかったことはもはや誰の眼にも明らかです。しかも「制裁」は多くの在日コリアンの人権を著しく侵害してきました。このようなことは、もはや繰り返すべきではありません。

 この間、クリントン元米大統領の訪朝、故金大中元大統領への朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)弔問使節団のソウル訪問など、曲折があるにせよ米朝・南北の新たな接触も始まっています。

私たちは、新政権がピョンヤン宣言に基づき、\裁を解除し、日朝国交交渉を速やかに再開すること、■隠娃闇余に及ぶ過去の清算を真摯に行うこと、Y巴很簑蠅發修琉豐弔箸靴涜佻辰鯆未犬涜やかに解決すること−を強く求めます。また北朝鮮船舶への臨検に道を開く「貨物検査法案」や、まして先制攻撃のための「敵基地攻撃」論に強く反対するものです。



来年の2010年は、日本が朝鮮半島を植民地支配した「韓国併合」から100年目の年にあたります。

しかし、未だに韓国との間でも過去の清算が未解決であるばかりか、北朝鮮との間には国交すらない状態のまま今日に至っていること自体が異常なことです。

日本人の多くが拉致被害者・家族の方々に思いを寄せるという時、日本の侵略・植民地支配下で被害を受けた朝鮮半島の多くの人々にも思いをめぐらすことが必要だと思います。



私たちは、来年の「韓国併合」から100年の歴史の節目に向けて、日本と朝鮮半島の人びとの真の和解と平和・友好を築きたいと心から念願し、またそのための努力を続ける所存です。

新政権の発足にあたり、あらためて対朝鮮政策の転換を強く求めるものです。



                               2009年9月15日

                               9・15ピョンヤン宣言7周年のつどい参加者一同




CML メーリングリストの案内