[CML 001222] 9.27貧困をなくし社会保障を守る「基本法」を考えるシンポジウム

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2009年 9月 3日 (木) 15:00:08 JST


[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

皆さん

雇用や失業補償、医療、介護、障害者福祉、教育などを統一的に再点検し、それらを有機的に連携させ、「社会保障基本法」を作ろうとする動きがあります。個別課題に細分化された運動の協同を模索する狙いも込められているものです。ご存知かもしれませんが、ご紹介します。

太田光征

----------------------------------------------------------------
9.27貧困をなくし社会保障を守る「基本法」を考えるシンポジウム
http://whats-social-security.com/927sympo/

●名称 貧困をなくし社会保障を守る「基本法」を考えるシンポジウム
●集会テーマ ひとりひとりの生命と尊厳を守れる社会をめざして
●日時 9月27日(日)午後1時半〜4時半
●場所 あいおい損保新宿ホール(東京・新宿)
入場無料・申込不要

ポスター(PDF)
http://whats-social-security.com/927sympo/0927poster.pdf
チラシ(PDF)
http://whats-social-security.com/927sympo/0927ticket.pdf

◆呼びかけ人=
落合恵子氏(作家・クレヨンハウス主宰者)
後藤道夫氏(都留文科大学教授)
竹下義樹氏(弁護士・つくし法律事務所、全国生活保護裁判連絡会事務局長)
本田宏氏(済生会栗橋病院副院長、NPO法人医療制度研究会副理事長)
湯浅誠氏(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長)
渡辺治氏(一橋大学教授)                       (五十音順)

呼びかけ文(PDF)
http://whats-social-security.com/927sympo/090724.pdf

◆開催呼びかけ団体・開催事務局=京都府保険医協会(理事長 関 浩)
住所:〒604-8845 京都市中京区御前松原下ル 京都府医師会館3階
電話:075-311-8888
FAX:075-321-0056
E-mail:info at hokeni.jp


◆内容=
◇第1部 シンポジウム:ズバリ!ダメ出し---現場からの告発
テーマ=なぜ政治、法律の変革をめざすのか
雇用・労働・・・河添誠氏(首都圏青年ユニオン書記長)
医療・・・本田宏氏
介護・・・竹森チヤ子氏(東京民医連加盟社会福祉法人「すこやか福祉会」理事長)
高齢者医療・・・笹森清氏(労働者福祉中央協議会会長)
生活保護・・・竹下義樹氏

◇第2部 コラボ対談
テーマ=「生き残りの選択・・・本格的福祉国家への道」
”郎い慮従はこうだ! 緊急にこれだけは、という対策案・・・湯浅誠氏
日本の貧困はなぜかくも悲惨なことになっているのか?
 それをどう変革したらよいのか?―新しい福祉国家の構想・・・後藤道夫氏(都留文科大学教授)
新しい福祉国家に向け何が必要か? 25条を生き返らせるには? 政治を変える必要
 ・・・渡辺治氏(一橋大学教授)
----------------------------------------------------------------


CML メーリングリストの案内