[CML 001861] 11/2 (月)「アジア連帯経済フォーラム 2009 」プレスリリース&記者会見のお知らせ(転載)

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2009年 10月 30日 (金) 23:15:01 JST


紅林進と申します。
  私は11月7日(土)から、国連大学やオア山学院大学などを会場に開催される
  「アジア連帯経済フォーラム2009」のボランティアをしていますが、同フォーラム
  の実行委員会では、それに向けて11月2日(月)に、以下のとおり記者会見を
  開催しますので、取材をしていただけそうなお知り合いがいらっしゃいましたら
  ぜひご紹介ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
   
  なおご連絡は、私にではなく、アジア連帯経済フォーラム2009事務局まで
  お願いいたします。
    TEL.03-5209-3455  
  FAX.03-5209-3453  
  E-mail:afse at parc-jp.org 


*********以下、プレスリリース*******

「アジア連帯経済フォーラム2009」
プレスリリース&記者会見のお知らせ

報道関係者各位

======================================================
〜お金・仕事・暮らし みんなでささえる小さな経済〜
「アジア連帯経済フォーラム2009」 11月7日〜10日開催
http://solidarityeconomy.web.fc2.com

    ★記者会見を11月2日に行います!★

======================================================

★記者会見★
【日時】2009年11月2日(月)14:00〜15:00
【会場】アジア太平洋資料センター(PARC)2F
    http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html
【出席者】北沢洋子(国際問題評論家)
     西川 潤(早稲田大学名誉教授)
     井上礼子(特定非営利活動法人パルシック理事)他
【内容】アジア連帯経済フォーラムの経緯、プログラムなど
    来日海外ゲストの紹介
    フォーラム当日のプレスカンファレンスについて
    質疑応答

■連帯経済とは?――奪いあう経済から支えあう経済へ 
グローバリゼーションが浸透した現在、貧困と格差は世界規模で拡大しています
。
そうした中、フェアトレード、マイクロクレジット、社会的金融、地域通貨、
NGO/NPO、協同組合、地域の自助組織による福祉や医療など、利潤ではなくいの
ちを守り、信頼にもとづいて行われる経済活動の総体が「連帯経済」と呼ばれ、
世界で広がっています。新自由主義が行き詰まり、世界が変化の道を模索してい
る今こそ「連帯経済」というコンセプトを提示する意義があると考えています。

■具体的には?
連帯経済には多様な実践が含まれています。マイクロクレジットや協同組合、フ
ェ
アトレード、「地産地消」や貧困者のセーフティネットづくりや仕事づくり、福
祉NPO・・・と、その形は様々ですが、いずれも「相互扶助」「信頼」「社会的
責任」などの理念に基づいています。


■アジアと日本の連帯経済が出会い、新たなパートナーシップを築く国際フォー
ラム

日本初となるこのフォーラムでは、多くの実践者が互いの事例に学び、また、た
とえば社会的金融と社会的企業、生産者と販売団体、社会的投資家と社会的起業
家らが出会うことで、具体的な協力関係を築く場となります。そして記念講演に
は、グローバル経済に対し警鐘を鳴らしてきたインドの環境活動家ヴァンダナ・
シヴァが来日予定です。その他、アジア、EU、カナダ、オーストラリアなどから
約50名の海外ゲストが来日し、経験交流と議論を行ないます。

■新しい仕事・新しい経済を生み出すヒント

現在世代をこえて「社会的企業」への注目が高まっています。フォーラムでは、
社会的企業・社会的金融はもちろん、フェアトレードや福祉介護の分野など、自
ら仕事を作り出し、社会に貢献するビジネス事例も豊富に紹介されます。また、
オプショナルツアーとして事業の現場を訪ねるツアーも行います。

<訪問先例> 
○定年退職後の男性が集まり始めた社会貢献のための企業 
○女性のワーカーズコレクティブ事業
○市民事業同士で資金を循環させて設立した福祉事業 
○法改正運動で全国に広がった移動サービス事業 他

■政策としての連帯経済へ
日本では、民主党への政権交代が実現し、「友愛」にもとづく社会という理念が
示されました。アジア連帯経済フォーラムは、今後大きく変化する社会にむけ、
連帯経済の観点から政策提言もすすめます。その基本として、アジア地域で共有
する連帯経済コンセプトをまとめた「コンセンサス文書」がフォーラムで提起さ
れます。

★フォーラムでは11/2の記者会見に加え、報道関係者の皆様向けにプレスルーム
をご用意し、ゲストスピーカーらへの個人取材も調整いたします。報道関係者の
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

<フォーラム概要>
●日程:2009年11月7日〜10日(4日間)
●会場:国連大学、青山学院大学、東京ウィメンズプラザ
●参加費:3000円(1日目、2日目両日ともご参加いただけます)
●主催:アジア連帯経済フォーラム実行委員会

【プログラム】(予定)
※詳しくはWebをご覧下さい
http://solidarityeconomy.web.fc2.com/forum2009.html

<11月7日>
9:00-9:30 オープニング・セッション
9:30-11:00 セッション(1)「グローバルに広がる連帯経済」
 ◆EU、中南米、国際ネットワークからの報告と議論
11:15-12:45 セッション(2)「アジアにおける連帯経済―多様な実践をつなぐた
めに」
 ◆アジア各国からの報告と議論
13:45-14:30 記念講演「グローバリゼーションと連帯経済」
 ◆ヴァンダナ・シヴァ氏(エコロジスト・エコフェミニスト)※予定
14:30-16:00 セッション(3)「連帯経済を促進するための社会的金融」
 ◆各セクターからの報告と議論
16:10-17:30 セッション(4)「社会的企業の果たす役割」
18:00-19:30 レセプション
 ◆挨拶:篠原 孝 民主党衆議院議員、ほか

<11月8日(日)>
9:00-12:00 分科会(テーマ別ワークショップ)
 A.社会的金融の可能性−グローバル・ローカルでの取り組みの拡大に向けて 
 B.フェアトレードの拡大と深化
 C.「いのち」のセーフティネットを地域で創る−福祉・介護・医療の現場から
 D.食と農の循環による地域の小さな経済づくり
 E.国際連帯税―グローバル経済の規制と富の再分配
13:15-15:00 セッション(5)「連帯経済の達成をはかる指標と評価−社会的パ
フォーマンス・マネジメント(SPM)」
15:00-16:20 セッション(6)「アジア連帯経済フォーラム2009コンセンサス文
書」提起
16:20-17:00 クロージング・セッション
19:00-21:00 アジア連帯経済アライアンス会議(招待者のみ)

<11月9日(月)〜10日(火)>
9-10日 1泊2日コース
埼玉県小川町:有機農業と地域づくり〜霜里農場を訪ねる〜
9日 日帰りコース
横浜市:地域で小さな仕事をつくる〜社会的企業の現場〜
9日 日帰りコース
神奈川県厚木市:市民資金の循環とセーフティネット〜厚木に広がる市民事業〜


--------------------- Original Message Ends --------------------

   
  アジア連帯経済フォーラム2009事務局
  〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町 1-7-11 東洋ビル3F
  アジア太平洋資料センター気付 
  TEL.03-5209-3455  
  FAX.03-5209-3453  
  E-mail:afse at parc-jp.org 
  URL:http://solidarityeconomy.web.fc2.com/
   
   
 

 
---------------------------------
GyaO! - Anime, Dramas, Movies, and Music videos [FREE]


CML メーリングリストの案内