[CML 001849] 上関原発阻止 地元MLから その11

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2009年 10月 30日 (金) 12:31:30 JST


ご承知のとおり、中国電力は29日未明、「上関原発建設予定地の海の埋め立て工事区域を
示すブイ9基のうち、まだ設置していなかった残りの7基を設置しました。10/7に2基を設置した
前回と同様に、9/10から阻止行動が続けられている田名埠頭とは別の場所から運んできた
ブイを、今回は作業台船7隻で夜中から夜明け前の間にいっせいに設置したものとみられま
す」(祝島島民の会blog)。

■緊急連絡 残りのブイ7基が設置されてしまいました(祝島島民の会blog 2009年10月29日)
http://blog.shimabito.net/?eid=889881

以下、この件に関しての上関原発阻止 地元MLからの転送 その11です。

現地上関原発阻止行動の責任者の祝島の山戸貞夫さんは「田名での闘争はこれからも継続
しますので、今後とも変わらぬ支援を!」というメッセージを述べておられます。


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp

………………………………………………………………………………
From: "高井公生"
Sent: Thursday, October 29, 2009 7:45 PM
Subject: 上関の現状とわたしたちの行動について

山口からの情報です。

残念ながら、7基のブイが設置されてしまいました。

今日も田名埠頭のブイは手つかずですので、前回に懲りずにまたも他所から”中古品”を調達したようです。中電のエゲツなさから、こうした事態は一応、覚悟してはいましたが、「その前に、お前ら、祝島の皆さんに対して他にやることがあるだろ!」と怒り心頭です!!!

先ほど、山戸貞夫さんと話したことをお伝えします。
「中電は、7基のブイを7台の台船を使って、今朝の夜明け前に設置したようだ。中電は夜明け後と言っているが、こちらでその時刻を確認している。台船とブイは、なんと九州、四国、中国と、あらゆるところから”動員”した模様。田名での闘争はこれからも継続しますので、今後とも変わらぬ支援を!」
もしかしたら、と少し弱気になったのですが、山戸さん自身至って元気な様子で、今回の事態を受けても「来月も引き続いて」とお願いされました。祝島のおじちゃん、おばちゃんが相変わらず元気なのが心強く、嬉しく思いました。
明日の朝刊に小さな記事が載るかと思いますが、埋め立てを許さない、田名のブイは渡さない闘いは続きます。冬に向かうこれからの海上は、そして陸上も厳しいものがあります。しかし、これは自らに降りかかった火の粉、決して対岸の火事ではありません。今後とも手を携え、中電に断念させる日まで共に頑張りましょう!どうぞよろしくお願いします。

広河隆一さん発行の「DAYS JAPAN11月号」が祝島(上関原発)特集号として発売中です。

高井  
takai- at mx6.tiki.ne.jp
………………………………………………………………………………



CML メーリングリストの案内