[CML 001742] 【3度目のお知らせ−10・22集会にご参加を!】沖縄の代表団が新政権へ訴えに来ます!

加賀谷いそみ QZF01055 at nifty.ne.jp
2009年 10月 19日 (月) 14:57:45 JST


転載・転送歓迎

【3度目のお知らせ・沖縄の県民会議代表団が上京します。10・22集会にご
参加を!】

 米ブッシュ前政権の国防長官として「アフガン・イラク侵略戦争」を強硬に進
め、今もオバマ政権でその座にあるゲーツ国防長官が20日、来日します。それ
を前に「米国防総省高官」が語った発言が19日付各紙で紹介されていますが、
それは新基地辺野古建設をごり押しする、あからさまな対日恫喝です。国家財政
が破綻している「落日の帝国」の軍事高官がどうしてそのような居丈だけな物言
いができるのか、不思議なくらいです。
 先の衆院選では沖縄4選挙区で自民党が全敗し(比例・九州ブロックでも敗
北)、辺野古基地建設反対の「沖縄県民の総意」が示されたにもかかわらず、鳩
山首相は普天間基地の移設先に関する決断を来年半ばまで先送りし、一方で北沢
防衛相が「県内移設」を前提としているとみられる防衛省の県内候補地視察団を
訪沖させました。普天間基地即時閉鎖・返還・撤去が「基地のない平和な島」を
切望する沖縄の思いです。
 政治権力は民衆の強制力によってしか政策を変えません。東京の都心で開かれ
る10・22集会にお集まり下さい。沖縄から上京する「基地の県内移設に反対
する県民会議」が主催します。鳩山政権に「普天間撤去・移設NO!」の対米交
渉を進めるよう、強力な圧力をかけようではありませんか。 
                 発信  沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

10・22‐23、沖縄の代表団が新政権へ訴えに来ます!
============================
【名称】普天間基地の即時閉鎖と辺野古新基地建設の断念を求める緊急集会
【日時】10月22日(木)18:30〜
【会場】星稜会館ホール
http://www.seiryokai.org/kaikan.html
東京都千代田区永田町2-16-2  電話03-3581-5650
東京メトロ「永田町駅」(有楽町線・半蔵門線・南北線)
東京メトロ「国会議事堂前駅」(千代田線)
東京メトロ「赤坂見附駅」(銀座線・丸ノ内線)
【発言】
沖縄県議会議員  沖縄県選出国会議員  基地の県内移設に反対する県民会議
各党代表  平和フォーラム  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
【主催】基地の県内移設に反対する県民会議
【協力】フォーラム平和・人権・環境(電話03-5289-8222)
        辺野古への基地移設を許さない実行委員会
★チラシを印刷できます。
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/09NNB/10.22emergencymeetingbill.pdf

【呼びかけ】
 10月22日と23日の両日、沖縄県から「基地の県内移設に反対する県民会
議」の代表団が上京してきます。日本政府に対して、普天間基地の閉鎖と辺野古
への新基地建設中止を求めるためです。8月30日に行われた総選挙で、民主党
・社民党・国民新党を基軸にした新しい連立政権が誕生しました。新政権の鳩山
由紀夫・総理や、岡田克也・外務大臣は、普天間基地の辺野古移設を見直す考え
を表明しています。
 1996年に日米政府は、宜野湾市の中心部にある普天間基地の閉鎖と返還で
合意しました。しかし基地の閉鎖・返還は、基地の県内移設を前提にするもので
した。新たな基地の移設先とされた名護市・辺野古では、頭越しの合意に反対し、
辺野古の自然を守るために、地域住民をはじめ多くの県民が参加する座り込み反
対運動がはじまりました。こうした反対運動は、13年間にわたって基地建設を
阻止してきました。
 政権交代は、普天間基地の辺野古移設をとめる大きなチャンスです。しかし私
たちは、連立政権の意向や日米政府の交渉に、全てを委ねるわけにはいきません。
何よりも必要なことは、沖縄と本土を結ぶ民衆の力です。10月22日に代表団
を迎えて、星稜会館で緊急集会を開催します。新基地建設を止めるために多くの
方々に参加を呼びかけます。



CML メーリングリストの案内